映画【アナコンダ2】のネタバレ!“カタル指数”高めのヘビヘビパニックがNetflixに上陸!

アナコンダ2ポスター

出典:IMDb

映画『アナコンダ』シリーズといえば、パニックB級映画の人気シリーズ。特に1997年公開の第一作目『アナコンダ』は、当時日本でも大ヒットました。

巨大生物大好きな筆者、もちろんアナコンダシリーズは4作とも網羅していますが、その中でも一番好きなのが『アナコンダ2』なのです……!映画『アナコンダ2』がまもなくNetflixにて配信されるということで、狂喜乱舞!初作ではなくあえて2作目をピックアップしてくれるあたり、まるでNetflixと心が通じているかのような気持ちになります……!

本記事では、映画『アナコンダ2』のあらすじをネタバレ付きでご紹介していきます!内容は至ってシンプルなパニックホラーものなのですが、だからこそシナリオ勝負というか「出汁の旨さ」みたいな巧みを感じられる良作です!

ADVERTISEMENT

映画『アナコンダ2』がNetflixで配信決定!

こちらが映画『アナコンダ2』の予告動画。「アナコンダ出てこんのかい!」と言いたくなるトレーラーですが、概ねその通り。2ではね、アナコンダなかなか出てこないんですよ。ハリウッド版ゴジラ『GODZILLA(2014)』で、終盤までしっぽや背ビレばかりチラ見せさせて、散々焦らされたのは記憶に新しいところですが、まさに今作もそんな感じ。作中の水辺なんかでチラチラとアナコンダを見せる演出がなんとも巧みです。そして、終盤の「ヨッ、待ってました〜!」。巨大生物モノはこれが楽しいんですよ……!筆者今、満面の笑みでこれを書いています。

ちなみに興行収入は1作目の『アナコンダ』が抜群。しかも1作目の方がキャストも豪華なんですね。しかし、レビューサイトの満足度を見ると実は『アナコンダ2』の方が高得点。1作目の鬱蒼とした雰囲気から一転、2は妙にカラッとした雰囲気です。キャストの台詞やアナコンダのアクションも終始コミカルで、「幸せな気分になれるパニックホラー」として推したくなります。

映画『アナコンダ2』のキャストを紹介!

アナコンダ2の調査隊達

出典:IMDb

無名、と言っては怒られそうですが、今でいうバイプレイヤーたちを集めたキャスティングの『アナコンダ2』。前述したように、なかなかアナコンダは登場しません。そのためしばらくはヒューマンドラマが主軸になるのですが、キャラがかなり濃いおかげで退屈の心配がないのが嬉しいところ。

さらにパニック映画の王道である「食べられちゃうシーン」ですが、キャラが立っているお陰で「ああ!クソォ!」「惜しい人物を亡くした……!」こんな感じにのめり込めます。これがもし、キャラクターに魅力がなかったらどうでしょう。感情の移入先がなくって「アナコンダ、なかなかお腹いっぱいにならなくて可哀想だな」と、危うく訳のわからないものの見方をしてしまうところです。

とにかくキャラの濃さ、今作の楽しいポイントです。

酒場で出会った船貸し・ビル/ジョニー・メスナー

ジョニーメスナー

出典:IMDb

途中から登場し、物語のキーマンとなる「ビル」を演じるのが、ジョニー・メスナー。報酬次第、自前のボロ船で危険な島に客を渡すという、かなりグレーな商売に手を染めているビル。彼の本質が善なのか悪なのかで本作の結末が左右されます……!

いつだったかレビューサイトで、「シュワちゃんをイケメンにした感じ」と評されているのを見かけましたが、納得。シュワちゃんに蜂蜜かけたような、ちょうどいいイケメンです。本作の展開でたまらなくイラついたら、彼の胸筋を見て心を落ち着けるのが良いでしょう。

戦うヒロイン、科学者・サム/ケイディー・ストリックランド

ケイディー・ストリックランド

出典:IMDb

今作のヒロインである科学者。冒険のきっかけになった「ある植物」の特性を発見した人物です。名誉のために仲間を犠牲にして先を進もうとしたりと、パニックホラーによくいる「傍若無人系ヒロイン」

サムを演じるのは、ケイディー・ストリックランド。経歴を見ると本作が代表作のようですが、映画『17歳のカルテ』『シックス・センス』などの有名作に端役として出演していたりします。近年ではドラマ『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』にレギュラー出演するなど、主にドラマをメインに活躍しています。

サムの上司、科学者ジャック/マシュー・マースデン

マシュー・マースデン

出典:IMDb

ヒロイン・サムの師匠的ポジションの研究者、ジャック。演じるのはイギリス出身のミュージシャン、マシュー・マースデンです。『バイオハザード』『ランボー、最後の戦場』など、俳優業も結構ガッツリしています。悪役もこなせる演技力を持っています。

教え子であるサムに自分本位に迫ってみたりと、基本的に抑えの効かない奴。パニックホラーによくいる、任務遂行に取り憑かれているタイプのキャラクターです。『アナコンダ2』での一連のパニック、結構全部こいつのせいです。

傍観に徹する医者・ベン/ニコラス・ゴンザレス

ニコラス・ゴンザレス

出典:IMDb

国境なき医師団に所属する医者で、ジャックの後輩であることから今作の調査隊に組み込まれた、いわゆる「部外者」。例の「植物」にも特に思い入れはなく、とにかく緊張感がない奴です。あまりにやることがなさすぎて、危険な島に上陸してからもヒロイン・サムに色目を使いまくるベン。B級映画においてこういうキャラクターって、だいたい……。

演じるのは、ニコラス・ゴンザレス。ドラマ『ザット’70sショー』にちょっと出演していましたね!若きアシュトン・カッチャー、ミラ・クニス夫妻もレギュラーで拝めるので、おすすめのドラマですよ……!脱線!

他にも、おちゃめ黒人高飛車系サブヒロインなど、濃厚なキャラクターが揃っています。

映画『アナコンダ2』のあらすじをネタバレ!

デカイアナコンダ

出典:IMDb

さて、登場人物をおさらいした後は、いよいよ映画アナコンダ2』のあらすじをネタバレしていきましょう……!今作のキーワードになるのが「不死の蘭」。この物騒な植物をめぐる人間同士の醜い争い。その間を泳ぐ感じで、お腹ペコペコのアナコンダちゃんが登場するのです。

NYの細胞研究所で世紀の大発見!

舞台は、ニューヨークにある細胞研究所。女性研究員のサムは、ここでとんでもない大発見をします。インドネシア・ボルネオ島のジャングル奥地にしか生えていない蘭「ブラッド・オーキッド」。この「不死の蘭」から抽出したエキスには、なんと細胞の寿命を延ばす効果があると!サンプルが手に入れば、人類の究極のテーマともいえる不老不死が実現するかもしれません。

ボルネオ島の「不死の蘭」が開花するのは7年に一度。しかもシーズン的に、あと数日で花が散ってしまう……!研究所は急遽、島に向かう調査隊を編成します。

「イカれた仲間を紹介するぜ!!」

ボルネオ島に向かう調査隊メンバーは、サムの上司である科学者「ジャック」、ジャックの後輩であるお気楽医師「ベン」、NYの研究所の出資者である「ゴードン」。さらに、NY研究所の取引先の女研究員「ゲイル(めちゃめちゃ態度が悪い)」、メカに強いおもしろ黒人「コール」。もちろん、第一発見者である「サム」もジャックの助手として同行することになりました。

島の住民が頑なに船貸しを渋るが……。

早速ボルネオ島に到着した調査隊。不死の蘭が自生しているジャングル奥地を目指します。しかし、インドネシアは雨季の真っ只中。川の水量は増し、地元民すら船を出すことを拒みます。

そこに、法外な報酬と引き換えに客をボルネオ島に渡す男がいるという情報が。彼が入り浸っているという噂の酒場に向かう調査隊。そこで、怪しいマッチョ船貸し「ビル」と交渉し、船を出してもらうことになりました。契約金はなんと5万ドル。いや、でも不老不死ビジネスを思えば、安いものか……。

調査隊はビルと共に、ボロ船「ブラディマリー号」でジャングルの奥地に向かいます。もう船の名前がすでに胡散臭いですね。酒浸りの貸した船が、酒の名前って。ここで船貸しビルの「助手」や、なぜかビルのペットの「おサルさん」も加わって、画面がとても楽しくなります。

降雨で水位上昇!これ以上進むのはキケン!

仲間が増えて心強くなっても当然、雨季であることは変わらず。川の水位はどんどん上昇、ビルは危険を感じ調査を止めることを勧めます。しかし、絶対手ぶらでは帰りたくないジャック。大金でビルを説き伏せ、強引に船を進めさせます。ボロ船はついに大破、調査隊は泳いで川岸にたどり着きます。おいおい、帰りどうすんだよ……。

帰りの船を調達するため、ビルは友人に電話をします。ところが、船の届く指定の場所はジャングルの向こう側。つまり船に乗って帰るためには、険しいジャングルを通らなければならないのです……!着の身着のまま泳ぎ着いた一向にとって、サバイバルは至難。仕方ないですよねえ、行くしかないです。……ジャック!!

ついにアナコンダちゃん登場!

船を求めて、道なき道を進む調査隊。そこで、終始フラフラしていたお気楽医師・ベンが早速、巨大ヘビ「アナコンダ」に丸呑みされます。

な、なんだあのデカイヘビはー!!」そもそもヘビは、死ぬまで成長し続けるという性質があるそう。「不死の蘭」を食べて不死になったアナコンダが、ものすごく長生きしながら巨大に成長してしまったというわけです!

しかも、ちょうど彼らは繁殖期。いつもなら縄張りでじっとしているはずのアナコンダたちは、キャッキャウフフと繁殖に勤しんでいるのです。つまり、メスは活発、オスは獰猛。全く最悪な時に来てしまいましたね……。

ジャック?お前、何やってんだ……?

島の事情を理解した調査隊。蘭を採取するか安全を優先するかが議論されます。……おい?ジャック、話聞いてるか?その時ジャックは、噛まれると2日間動けなくなる猛毒を持つ毒グモを見つけ、こっそりと採取しているのでした。本当、ろくなことしませんね。

映画『アナコンダ2』の結末は……!

怒るアナコンダ

出典:IMDb

一方、帰りの船を出向させていたビルの友人もアナコンダに襲われてしまいます。たどり着いた岸で調査隊が見つけたのは、無残な船の残骸と、携帯電話。さらに、周辺の村までもアナコンダに襲われて壊滅!自力でなんとかするしかないと悟った調査隊は、脱出用の船を作りはじめます。

そんななか出資者ゴードン、ジャックが放った毒グモに噛まれて全身麻痺を起こし、アナコンダに飲み込まれてしまいます。一行の気を逸らしたジャックは、船を強奪。一人で蘭の採取に向かいます。どうしようもない奴です。しかし不死の蘭畑にいたのは、巨大化したアナコンダの大群。ジャックは追いついてきた一行を銃で脅し、女性研究員サムに無理やり蘭を採取させようとします。

ところがその時、自分が捕まえた毒グモに噛まれて硬直するジャック。アナコンダの巣窟に落ちていきます。イエーイ!

わかりやすくスカッとした面持ちの一行。仕上げしとくか!という感じで、彼らは1匹のアナコンダに灯油の入った缶を食わせ、灯油缶を撃つことで爆発させます。この大爆発で巣窟が埋まり、アナコンダは全滅。一行はノリノリで脱出します。みんなが気になるぺットのおサルさんも無事。ありがとう、アナコンダもわたしたちも、お腹いっぱい。

タイトルとURLをコピーしました