映画【ある男】あらすじ・ネタバレ!窪田正孝の演技に絶賛の声多数!

ある男ネタバレ

出典:映画【ある男】公式HP

2022年11月18日(金)に公開された、映画【ある男】。
公開前から、釜山国際映画祭や代台北金馬映画祭などで上映され、世界が認め、感動する作品となりました。妻夫木さんは、釜山では拍手が2回起こり、嬉しかったとおっしゃっていました。

亡くなった夫が別人だったなんて信じたくないよね…

窪田くんの演技がすごかったらしいよ!

本記事では、映画【ある男】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【ある男】の概要

原作・スタッフ

原作平野啓一郎
監督・編集石川慶
脚本向井康介
  • 原作は芥川賞作家・平野啓一郎さんの小説で、妻が、亡くなった夫は別人だったことを知るところ始まるヒューマンミステリーです。
  • 監督・編集は、【蜜蜂と遠雷】でアカデミー賞作品賞を受賞した、世界が注目する鬼才と言われる、石川慶さんです。
  • 脚本は、過去に【陽だまりの彼女】などの恋愛映画の脚本も書いた、向井康介さんが担当します。

登場人物

ある男登場人物

出典:映画【ある男】公式HP

  • かつての依頼者である里枝から相談を受ける弁護士・城戸章良:妻夫木聡
  • 亡くなった夫「大祐」の身辺調査を城戸に依頼・谷口里枝:安藤サクラ
  • 里枝の再婚相手で事故死する・谷口大祐(ある男X):窪田正孝
  • 本物の谷口大祐の元彼女・後藤美涼:清野菜名
  • 本物の谷口大祐の兄・谷口恭一:眞島秀和
  • 城戸の同僚・中北:小籔千豊
  • 里枝の息子・谷口悠人:坂元愛登
  • 里枝の母・武本初江:山口美也子
  • 大祐が勤務していた会社の社長・伊東:きたろう
  • 大祐の過去を知る・柳沢:カトウシンスケ
  • 大祐の過去を知る・茜:河合優実
  • 大祐の過去を知る・小菅:でんでん
  • 谷口大祐(本物):仲野太賀
  • 城戸の妻・城戸香織:真木よう子
  • 戸籍交換ブローカー・小見浦憲男:柄本明
映画【ある男】キャストと相関図!妻夫木聡と窪田正孝がプライベートで仲がいい理由とは?
出典:映画【ある男】公式HP 2022年11月18日(金)に映画【ある男】が公開されます。 主演は妻夫木聡さんで、「ある男」を追う弁護士・城戸を演じます。 城戸に亡き夫の身元調査を依頼する妻・里枝を安藤サクラさん、里枝の夫で、「大...

映画【ある男】のネタバレ!

ここからは映画【ある男】のあらすじを整理していきます!
(※ネタバレ注意!)

里枝と大祐

里枝(安藤サクラ)は涙を流しながら、文房具店の店番をする。
雨の日、そこへ谷口大祐(窪田正孝)が画材を買いに来る。
雷で停電し、ブレーカーを上げてくれた。
それから何回か来て、大祐は自分の描いた絵を見せてくれた。
街の風景画や、子供たちが遊んでいる絵だった。その子供の中に、里枝の息子・悠人もいた。
うなぎ屋に食事に行き、2歳の時に悠人の弟を亡くしていることを涙ながらに話す里枝。
大祐はそっと彼女の手を握った。
それから4年後、里枝と大祐は結婚し、花という4歳の娘もいる。
里枝と里枝の母・武本初江(山口美也子)も含め、5人で幸せに暮らしている。
しかし、大祐は林業をしていて、たまたまそこに悠人も一緒についていった日に、倒れた木の下敷きになって大祐は死んでしまう。

大祐ではない?

1回忌の法事に、谷口大祐の兄・谷口恭一(眞島秀和)が来る。
すると、仏壇の写真を見て、これは大祐ではないです。と言う恭一。
驚いた里枝は、前の夫の離婚調停で世話になった弁護士・城戸章良(妻夫木聡)に大祐の調査を依頼する。

里枝は城戸の勧めで、苗字を旧姓の武本に戻す。
しかし、父が好きだった悠人は谷口から姓を変えたくないと泣いた。
里枝はお父さんのこと大好きだったもんねと言い、2人は一緒に泣いた。

城戸の妻・香織(真木よう子)との間には4歳の息子・颯太がいた。
香織は2人目が欲しいとあきらめておらず、大きい家に引っ越したいと言ったた、城戸は今の家で十分だと断る。

「X」の調査開始

大祐を「X」と呼び、調べ始める城戸。
まずは、実家の伊香保温泉を訪ね、恭一に話を聞く。
彼は、自分のことばかりで、嫌な態度だった。
その後、谷口大祐の元彼女・後藤美涼(清野菜名)に話を聞く。
Xの写真を見せると、確かにこれは大祐じゃないという彼女。
大祐の偽Facebookアカウントを作り、彼を探すことにした。

同僚・中北(小籔千豊)に事件の詳細を説明しながら、大祐の人生をたどっていく城戸。
6年前に中北が担当した事件で戸籍を入れ替えたものがあり、その時戸籍交換をあっせんしていたブローカー・小見浦憲男(柄本明)だと分かる。
刑務所にいる小見浦に会いに行くが、バカにしたような態度を取るが、谷口大祐が伊香保温泉の次男だということは知っていた。
その後、谷口大祐の名前と、曾根崎義彦という名前が書かれたはがきが小見浦から届く。

ある日、城戸は死刑囚の絵画展を見に行く。
そこには、以前に見た、Xと同じ顔の絵があった。近くに写真があり、「小林謙吉」と名前があり、その写真は、Xとそっくりだった。
調べてみると小林には息子がいて、「原誠」という名前だった。
また、ボクシングでいい成績も残している。
誠がいたボクシングジムに行くと、会長の小菅(でんでん)柳沢(カトウシンスケ)が誠について語ってくれた。
せっかくいいところまで行ったのに誠は突然いなくなってしまう。
ちょうど父親の死刑が執行されたころだ。
誠は自分の顔を見るたび、父にそっくりな自分が嫌で飛び降り自殺まで図る。
柳沢は、誠がいなくなったあと、会長はうつになった。
誠は自殺じゃないことを確認し、里枝たち家族の写真をみて幸せそうでよかったと言った。

真実とは?

美涼のFacebookに、曾根崎という名前で、なりすましをやめるように警告文が届く。
Xはまず伊勢崎という男と戸籍を交換し、その後大祐と交換していた。
小見浦は嘘をついていなかった。
美涼と城戸は名古屋に向かう。
喫茶店で待つ本物の大祐(仲野太賀)の元に美涼が行き、涙を流し再会した。
外を見るともう城戸はいなかった。

城戸は報告書をまとめ、里枝に渡した。
彼と結婚し、娘が産まれ、3年9か月幸せだったことは事実だから過去については調べなくてもよかったかもしれないと里枝は言った。
悠人もそれを読み、お父さんは自分のお父さんにしてほしかったことを僕にしてくれたと言う。
里枝は、お父さんは悠人が好きだったからだよと答えた。

別人になるということ

城戸は飲み会で帰りが遅くなった香織にXの件は落ち着いたことを伝え、翌日家族で外食に出かける。
食事が来るのを待つ間、颯太は香織の携帯でゲームをやりたがり、香織はトイレに立った。
颯太が変な画面になったと言うので携帯を見ると、男から、昨日は楽しかった。というメッセージが来た。
それを見なかったことにして、そのまま城戸は過ごした。

あるバーで、自分の生い立ちを語る城戸。
それは原誠がなりすました、谷口大祐のものだった。

窪田正孝の演技に絶賛の声多数!

&

映画【ある男】みてきました!
たくさんの方がツイートしていますが、窪田くんの苦悩する演技、朝ドラ『エール』でも見ていましたが、それ以上にすごかったです。
鏡を見ると、父親を思い出して冷静でいられなくなったり、父の死刑を知って苦しみもがくシーンは見ていて辛くなるくらい引き込まれました。
窪田くんが演じる、原誠は、原作を超えていたと思います。
原作では映画にはなかった、各キャラクターのいろんな感情も描かれていますので、ぜひ読んでみてください!

【ある男】原作ネタバレ!亡くした夫の正体とは?
出典:映画【ある男】公式HP 映画【ある男】が2022年11月18日(金)に公開されます。 愛したはずの夫が全くの別人だった… その事実から始まる、「愛」と「過去」をめぐる珠玉の感動ヒューマンミステリーです。 「ある...
タイトルとURLをコピーしました