ハリウッド映画が軒並み公開再延期に!ムーランやMCUスパイダーマンなど!

ムーラン2

出典元:https://www.disney.co.jp/movie/mulan.html

2020年07月24日にハリウッド映画の主要となる話題作が再び延期となることが発表されました。
ディズニーを始めとする主要映画スタジオが軒並み再延期となる発表をおこなったことで、新型コロナウイルスの猛威は依然消えることなく大きな影響力を持っていることが発覚しています。
その公開延期となった作品を詳しく紹介します!

ADVERTISEMENT

再び延期に!話題作がずらり!

新型コロナウイルスの消息の目処が立たないことを原因とし、2020年7月24日に劇場公開が控えていた作品が再延期となることが発表されました。
しかし、これはアメリカの公開日であって、これが日本にも影響が出るのか…
その詳細などは、まだ発表されていません。
現在、新たな流れとして先にアジア圏で公開を迎え、その後にアメリカ公開を迎えると言う新たな流れが出来つつあることからも、もしかすると先に日本公開を迎える可能性もあるため、まだ日本での公開も合わせて延期になるかはわかりません。
しかし連日都市圏では、新型コロナウイルスの感染者数が軒並み増え続けていることからも、再び緊急事態宣言が出される懸念もあることから、日本でも同様に公開延期になるのが定石といったところでしょう。
では、今回発表になり、再延期となった作品タイトルをざっと紹介します。

  • ムーラン
  • クワイエット・プレイス Part.2
  • トップガン:マーヴェリック
  • MCU版スパイダーマン3作目
  • スター・ウォーズ劇場版新シリーズ
  • アバター続編

それでは以下より、個別に詳しい情報を解説していきます。

ムーラン

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

公開日は、無期限延期に

2020年3月27日に公開予定だったムーランは、最初のロックダウンの影響を受けて、公開延期へ。
7月24日へ延期と発表されるも、改めて6月に再延期となり、8月21日の公開へと再々延期となっていました。
しかしそれも再び、公開が延期となり、現在ムーランは無期限公開延期というアナウンスがディズニーより出されてしまう結果に。
ちなみに、日本の公開予定は9月4日。
このニュースも出たばかりなので、日本の公開予定はまだ延期にはなっていない模様。
しかしながら、おそらく日本でも公開延期となることがもう間も無く発表されるだろうとみられています。

クワイエット・プレイス Part.2

公開は、2021年4月23日へ

2018年に、エミリー・ブラント夫妻によって大ヒットとなったホラー映画『クワイエット・プレイス』の続編となる本作も、公開が延期となることが発表されました。
配給はパラマウント・ピクチャーズ。
本来ならば、3月に公開予定だったのが、新型コロナウイルスの影響で9月4日へと延期になっていました。
ちなみに日本公開は5月公開から、延期となった際に近日公開のままとなっており、状況次第という動きとなっています。
アメリカと同じ様に公開スケジュールを組むならば、日本も来年の初夏あたりの公開へとずれ込む可能性も大いにあり。
アメリカでは、2021年4月23日へと公開延期が発表されています。

トップガン:マーヴェリック

2021年7月2日へ

トム・クルーズ主演で、およそ30年ぶりの続編となるトップガン。
アメリカの公開日が、2020年6月26日に設定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で2020年12月23日に再設定されていた作品です。
しかしこれも、再々延期となることがこの度決定を迎え、その公開日を2021年7月2日となることを発表しています。
事実上、当初の公開から1年先延ばしになる結果に。
トム・クルーズは、ミッション:インポッシブルシリーズ2作と、その次に『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の撮影とスケジュールがキチキチで、多忙を極めているため、この公開延期がこの後の作品にどの様な影響を与えるのかも心配なところ。
稀代の人気俳優であるがため、大型作品を抱える悩ましい問題が山積みの様です。

MCU版スパイダーマン3作目

スパイダーマン劇中画像2
出典元:https://www.facebook.com/SpiderManJapan/photos/a.292246414183702/2814009122007406/?type=3&theater

2021年12月17日へと公開延期が決定!

MCU版スパイダーマンの3作目も公開が延期となることが発表されています。
トム・ホランドが務める本シリーズは、2作目では衝撃的な展開を迎え、3作目への期待が大きくなっていただけに、残念がる人も多いのではないでしょうか?
しかし、このスパイダーマンは、実質1ヶ月だけと、まだ大きく後にずれ込むわけではありません。
このスパイダーマンの公開延期に関しては、ディズニーの公開スケジュールのよるものが大きく影響しており、アメリカ国内におけるものと強調。
なのでその他の海外では、この様な展開になることはないだろうとも発していることから、日本ではどの様なスケジュールになるのかはまだ未定。
しかしこのスパイダーマンはMCUの枠内であることから、大きな相違はみられないだろうともされているので、さらなる続報を期待したいところ。

スター・ウォーズ劇場版新シリーズ

クローンの攻撃ビジュアル
出典元:https://www.disney.co.jp/studio/digital/starwars.html

新三部作のスケジュールが変更へ!

スター・ウォーズのこれまでの物語である、スカイウォーカー・サーガが完結し、新たな物語が紡がれていくことがかねてより発表になっていたスター・ウォーズ。
その新作映画を2022年12月12日、2024年12月20日、2026年12月18日と2年に1回の年末にスケジュールを組んでいました。
そのスケジュールを今回、1年先送りにすることを発表。
偶数年だった公開日を翌年から1年おきとなる、奇数年に置き換えることになっています。
2023年12月22日
2025年12月19日2027年12月17日。
というスケジューになっており、公開年が変わる結果に。

アバター

1年の先送りで公開へ!

アバターは、2009年に公開されたSF映画。
その続編となる新たなシリーズを製作しており、続編となる2作目から5作目までの製作が決定していました。
当初の公開スケジュールは、2021年から2027年の奇数年の公開を予定。
しかし今回、その予定を1年先送りとなる形に修正。
2022年12月16日、2024年12月20日、2026年12月18日、2028年12月22日。
今度は偶数年に公開を迎える様になり、スター・ウォーズの新シリーズと逆のケースになることが明らかにされました。
アバターの監督であるジェームズ・キャメロンは、撮影再開は出来ているものの、それはニュージーランドでのこと。
編集作業など、アメリカでの作業が進まないため、予定通りにはいかないとのこと。

公開延期・まとめ

今回、これだけのビッグタイトルが公開延期になったことで、今後数日以内にさらなる作品が公開延期を迎えていくだろうことが予想される映画業界。
事実上、再び危機的状況を迎えようとしている中で、今度はどんな流れが生まれるのだろうか…
日本では、リモートで映画を作ってみたりなどの新たな流れが生まれた中、そのムーブメントはもしかしたら、世界へと飛び火する可能性もあるのかもしれません。
そして、劇場公開を取りやめ、配信スルーにせざるを得ない作品も増えていくのかも。
それは観客としては嬉しい限りですが、やはり劇場で観たかったなどの寂しさも残るかもしれませんね。
まだまだ、新型コロナウイルスの猛威が終わらないですが、負けない様にみんなで支え合っていける世の中にしていきたいところです!

タイトルとURLをコピーしました