映画【Gメン】あらすじ・ネタバレ!岸優太と恒松祐里のラストシーンはアドリブ?

本ページはプロモーションが含まれています

Gメンネタバレトップ

出典:映画【Gメン】公式HP

2023年8月25日(金)に公開された、映画【Gメン】。
8月でジャニーズ事務所を退所することで話題の、みんなに愛される天然キャラの岸優太さんが主演を務め、友情、喧嘩、恋など、男子高校生特有の青春がすべて詰まった爽快ドラマです。

みんなキャラ濃すぎ絶対面白そう!

ラストシーンが普通と違って面白いみたい!

本記事では、映画【Gメン】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

映画【Gメン】の概要

原作・スタッフ・主題歌

原作小沢としお
監督瑠東東一郎
主題歌ザ・クロマニヨンズ「ランラン」
  • 原作は、原作は「ナンバMG5」のドラマ化も記憶に新しい、小沢としおさんのヤンキー青春コミックです。
  • 監督は、【バイオレンスアクション】やコメディ作品を多く手掛けてきた、瑠東東一郎さんです。
  • 主題歌は、ザ・クロマニヨンズの「ランラン」で、男らしいロックでパンクな曲が、作品をより盛り上げます。

登場人物

門松勝太(岸優太)
主人公で1年G組に転校

瀬名拓美
(竜星涼)
「武華のプリンス」の異名をとる美男子

梅田真大
(森本慎太郎)
サングラスをし髭を生やした昭和顔で昭和気質な性格

肝田茂樹
(矢本悠馬)
オタクだが社交的

薙竜二
(りんたろー。)
クラス一の武闘派

雨宮瞳
(吉岡里帆)
G組担任の若い女性教師


渡辺
(星田英利)
学年主任

友則
(落合モトキ)
瞳の元カレでDV男

八代勇一
(吉村界人)
3年でアタマを張っていると言われている

伊達薫
(高良健吾)
2年G組。空手の達人で校内でも知られるゲイ

八神紅一(田中圭)
3年G組。Gメン代表。リーゼントヘアーのホスト然としたイケメンで腕っぷしも強い

桜井稜
(大東駿介)
GメンのOB

加藤侠介(尾上松也)
半グレ集団・ 天王会の頭

松永
(後藤剛範)
3年で天王会のメンバー。大吾をしつこく勧誘する

上城レイナ
(恒松祐里)
レディースチーム・多摩黒天使総長。勝太に好意を抱くようになる

チーコ
(小野花梨)黒天使メンバー。男女関係にだらしない

映画【Gメン】キャストと相関図!吉岡里帆が岸優太ファンの炎上を心配!その理由とは?
出典:映画【Gメン】公式HP 映画【Gメン】が2023年8月25日(金)に公開されます。 主演は元「King & Prince」の岸優太さんで、武華高校の1年G組に転校してきた、ポジティブで優しく見た目から想像できないほど喧嘩が強い高校生・...

映画【Gメン】のあらすじ・ネタバレ!

Gメンあらすじネタバレ

ここからは、映画【Gメン】のあらすじを整理していきます!
(※ネタバレ注意!)

想定外のG組

“彼女出来る率120%”のモテモテ男子校=武華に転校してきた門松勝太(岸優太)
しかし!学年主任の渡辺(星田英利)に案内されやってきたのはヤンキーとオタクしかいない校内最底辺クラス=G組だった。

昭和顔で昭和気質な性格の梅田真大(森本慎太郎)、オタクだがハイテンションで社交的な肝田茂樹(矢本悠馬)、戦争じゃー!が口癖で、パリピな薙竜二(りんたろー。)など。
超問題児だらけのクラスメイトたちと彼女を作るという目的ひとつで一致団結する。

ある日、「武華のプリンス」の異名をとる女子たちをはべらせた、モテモテの美男子・瀬名拓美(竜星涼)と出会い、彼もG組に転入してくる。
彼を恋愛の先生と呼び慕う勝太。

DV元彼を退治

G組担任の若い女性教師・雨宮瞳(吉岡里帆)は、生徒の態度により豹変し、暴言を吐く。ある日、瞳の元カレの友則(落合モトキ)が来て、彼がDV男だと知り、助ける瀬名と勝太。
友則が待っている家に帰れなくなった瞳は、瀬名に泊めてもらい、毎日送ってもらう。
友則はヤンキーを連れて瞳を襲おうとするも、瀬名と勝太がまたも助ける。瞳は安全を取り戻し、瀬名は瞳に告白するが、先生じゃなくなったら考えると答える瞳だった。

レイナとの距離

勝太は、3年の頭と言われている、八代勇一(吉村界人)からレディースチーム・多摩黒天使総長の上城レイナ(恒松祐里)を守り、距離が近づく勝太とレイナ。

2年G組で空手の達人の
伊達薫(高良健吾)とも拳を交え仲良くなり、ゲイである伊達から好きと告白されるがうまく交わす勝太。

ある日レイナからデートに誘われ、喜ぶ勝太だが、いつもと格好も雰囲気も違うレイナに戸惑う。
ラブホテルに誘われるが断ってしまう勝太。

勝太たちの行きつけの店でバイトする、3年G組の八神紅一(田中圭)からは何かあったらいつでも頼れと言われる。

天王会の報復

ある日、半グレ集団・天王会の松永(後藤剛範)からバックについてやるとしつこく言われているレイナを助けた勝太。
しかし、天王会の頭の加藤侠介(尾上松也)はそれを聞き、激怒。
勝太を呼び出すため、竜二を痛めつけたうえに、レイナを拉致する。

殴りこみに行こうとする勝太を止める瀬名達だが、勝太はお前らとは仲間じゃないと言って1人で天王会に乗り込む。

肝田は黒天使メンバーのチーコ(小野花梨)とプロレス話で盛り上がり、ホテルまで行くが、そこへレイナが天王会にさらわれたと聞き、チーコは飛び出していく。

Gメンとは?

天王会に着いた勝太は、1人で闘うがだんだん殴られ、弱り始める。
そこへ、瀬名達がやって来て助けてくれて、ついに加藤とレイナがいる場所までたどり着く。

しかし、レイナにナイフをあてられ、ピンチになったその時、伊達と八神が車で乗り込む。
2人は加藤と過去に因縁があったようで、2人の活躍で加藤たちを倒した。
勝太はそこで2人がGメンであることを知る。
とどめを刺すよう八神はバットを勝太に渡すが、これをしたら俺たちまでこいつらと同じになると断った。
それは、GメンのOBの桜井稜(大東駿介)の言葉でもあった。

勝太はレイナのところへ行き彼女を抱きしめた。

帰り道、みんなに仲間じゃないと言ったことを謝る勝太。
5人の絆は深まり夕日に向かって走った。

改めて、待ち合わせした勝太とレイナ。
レイナはピンクの特攻服で現れいつもの2人に戻っていた。

岸優太と恒松祐里のラストシーンはアドリブ?

朝イチで観てきました!
岸くんのアクションシーンが、いつもの天然イメージとのギャップですごくかっこよかったです!
チーコ演じる、小野花梨さんのハイテンションがこれもギャップで面白かったので、ぜひ注目して見て欲しいです(笑)

ラストシーンは、勝太とレイナが話しながらそのままエンドロールになります。

このシーンはずっと話さなきゃいけなくて恒松さんは大変だったそうです。
何を話しているかは分からないのですが、最後の方で指でお互いにハートを作ります。
これは、岸くんのアドリブだったそうで、恒松さんは助けられたとコメントしていました。

ぜひエンドロールまで皆さん注目して見に行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました