『ハスラーズ』ジェニファー・ロペスら豪華女優陣が犯罪実録を通して問う女性の生き方

『ハスラーズ』 アナベル、ラモーナ、メルセデス、デスティニー

© 2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジェニファー・ロペス人気女性アーティストたちが映画で共演!世界中の経済を大混乱させた2008年のリーマン・ショックで運命を大きく変えられたニューヨークのストリッパーたちが、色と欲に目のくらんだ男たちに一泡吹かせた実話に基づいた『ハスラーズ』。『オーシャンズ』シリーズのような娯楽犯罪映画と、シリアスな女性ドラマを両立させたこの映画についてご紹介します!

ADVERTISEMENT

『ハスラーズ』のあらすじ(ネタバレなし)

『ハスラーズ』 ラモーナとデスティニー

© 2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ニューヨークで暮らすデスティニー(コンスタンス・ウー)は幼い頃に母親に捨てられ、祖母に育てられました。今はその祖母を養いながら生活するために、ストリップクラブでダンサーとして働き始めます。クラブのNo.1ダンサーのラモーナ(ジェニファー・ロペス)と仲良くなったデスティニーは、彼女と姉妹のように固い絆で結ばれます。デスティニーはラモーナやダンサー仲間のダイヤモンド(カーディ・B)からのレクチャーを受けて、人気ダンサーとして頭角を現していきます。毎晩、ウォール街で荒稼ぎする金融マンたちが数多く来店し大金を落としていくので収入が増え、恋人もできたデスティニーの生活は幸福でいっぱいでした。
ところが、そんな彼女たちの生活はリーマン・ショックによって一変してしまいます。ラモーナに続いてシングルマザーになったデスティニーをはじめ、みんなそれぞれの理由でお金が必要だったため、彼女たちの生活は次第に荒んでいきます。しかし、リーマン・ショックの原因を作った金融マンたちは、以前と変わらず裕福な生活を送り浪費を続けています。この実情に納得がいかないラモーナは、ある計画を仲間たちに提案します。それは、“カモ”の男を泥酔させて、その間に男のクレジットカードを不正使用して大金を巻き上げるというものでした。デスティニーは犯罪に走ることをためらいますが、生活のために仕方なく計画に加わることにします。
計画は大成功し、その上、被害に遭った男たちが世間体から警察に届け出なかったため、捜査される心配もありません。彼女たちはどんどん犯行を重ね、やり方もエスカレートさせていきますが…。

女優、歌手、ダンサー…人気・実力を兼ね備えた豪華女性キャスト!

『ハスラーズ』 ラモーナとデスティニー

© 2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画で最も注目されるのは、やはり豪華な女性出演者たちの顔触れでしょう。多彩なジャンルから人気アーティストたちが参加しています。
中でも最も知名度が高いのが、ラモーナ役のジェニファー・ロペス。女優と歌手の両方で大活躍していますが、「ベテランダンサー」という設定のこの映画の撮影にあたって、数ヶ月にわたってポールダンスを特訓、実際の撮影でもほとんど吹き替え無しでダンスシーンをこなしたそうです。しかも、この後詳しく触れますがシリアスな演技もきっちりこなし、その好演が高く評価されました。それだけに、アカデミー賞に引っかかりもしなかったのはとても残念です。
実質的な主役であるデスティニー役のコンスタンス・ウーは台湾系アメリカ人の女優さんで、2017年には「世界の最も影響を与えた100人」の一人に選ばれた人です。波乱に富んだ生活を送ったヒロインとして、そして物語の語り手として、この映画の要の役割をしっかり果たしています。
ダイアモンドに扮したカーディ・Bストリッパーからヒップホップミュージシャンへと転身したという異色の経歴の持ち主です。この映画には確かに理想的なキャスティングですが、もちろん優れた表現力を買われたからであろうことは間違いないでしょう。
今年のグラミー賞で8部門にノミネート、3部門で受賞し話題を集めたポップ・シンガーのリゾが出演しているのも見逃せない。ミュージシャンとしてプロモーション来日が予定されている彼女をこの映画でチェックしておくのもいいのでは?
他にも人気歌手のキキ・パーマー、ミュージシャンのMVなどのダンサーとして活躍し映画版『キャッツ』にも出演しているメット・トーレイといった人気アーティストたちが、ダンサー役で好演しています。
そして、犯行グループではありませんが、デスティニーにインタビューするジャーナリスト役で実力派女優のジュリア・スタイルズも出演しています。マット・デイモンの『ボーン』シリーズなどに出演していますが、彼女の知的な雰囲気はまさに役にピッタリです。
女性にも人気があるメンバーを揃えたこのキャスティングに加えて、全編にたびたび流れる当時のヒット曲や、それらに乗せて披露されるヒロインたちのポールダンスの映像はかなりスタイリッシュです。これらのおかげで、この映画はストリッパーという職業を扱ってはいるものの女性にも十分にアピールするものになっています。

『ハスラーズ』 メルセデスとアナベル

© 2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

豪華キャスト扮する魅力的な女性たちがチームを組んで、いけ好かない男たちから大金を巻き上げる…。ストーリーやキャスティングに関しては、『オーシャンズ』シリーズのような痛快な犯罪映画の一種と言えます。
ダンサーたちの職場での様子にはドロドロしたところがなく、「同志的」な結びつきで日々の仕事をこなしている姿はサバサバしていて観やすいのです。ラモーナたちのグループが見事なチームワークで犯行に及ぶ展開にも説得力が出て来ます。ヒロインたちが鼻の下を伸ばした男たちに一泡吹かせる展開、デスティニーたちが「ちょうどいい強さ」の“一服”を悪戦苦闘しながら自分たちで作るシーンなど、ユーモラスな部分も多数あります。
しかし一方で、ヒロインたちがそれぞれに抱えている現代社会ならではの問題をきちんと描く、リアルでシリアスな部分もしっかり存在しています。その点では一種の社会派映画とも言えるでしょう。
さらに、彼女たちは、子供を女手一つで育てるための生活費や、犯罪に走ってしまった恋人の裁判費用など、女性ならでは理由と目的で犯行に及びます。また、彼女たちの結びつきもどこか「姉妹」風ですし、映画のクライマックスではデスティニーとラモーナの「女の友情」をじっくりと描いています。このあたりは立派な「女性映画」と言えます。

娯楽系犯罪映画というケースの中に、社会派映画と女性映画がすっぽり収まっている。この映画を例えるならば、まさにそんな感じです。シリアスな要素を持たせつつ、立派なエンターテインメント作品に仕上がっている、ホネのある娯楽作品です。

映画『ハスラーズ』オフィシャルサイト | 5月1日先行デジタル配信開始!
全米初登場No.1&興収100億円突破!ウォール街を震撼させた驚愕の実話を描く、クライム・エンターテインメント!刺激的な毎日、贅沢な暮らし、煌びやかな世界の果てに、彼女たちが見た景色とはー。5月1日先行デジタル配信開始!

タイトルとURLをコピーしました