映画【マッチング】あらすじとキャスト紹介|最後まで目が離せないサスペンス・スリラー

本ページはプロモーションが含まれています

映画【マッチング】のHPトップ画像 記事内画像

マッチングアプリを題材にしたサスペンス・スリラー、映画「マッチング」が2024年2月23日(金・祝日)に公開。

「ミッドナイトスワン」を手掛けた内田英治監督による完全オリジナル作品で、土屋太鳳さんとSnow Manの佐久間大介さん金子ノブアキさんが出演します。

今回は映画「マッチング」のあらすじキャストなどの詳細を紹介します

あらすじ


ウェディングプランナーとしての仕事が充実している一方で、恋愛には奥手な輪花(土屋太鳳)が同僚の勧めでマッチングアプリに登録するが、それがきっかけで彼女の生活は一変する

マッチング相手の吐夢(佐久間大介)との待ち合わせに臨むと、現れたのはプロフィールとは異なり、暗い雰囲気をまとった男性だった。
吐夢との出会いを境に、輪花のスマートフォンは絶え間ない通知の音に包まれる。

「次いつ会えますか?」
「次いつ会えますか?」
「次いつ会えますか?」


恐怖に襲われた輪花は、取引先でマッチングアプリを運営するプログラマー、影山(金子ノブアキ)に助けを求めた。

同じ頃、マッチングアプリを通じて結ばれた夫婦が次々と惨殺される悲劇が発生する。
輪花を取り巻く人物たちの“本当の顔”が次々と明らかにされ、事件の魔の手が彼女に迫っていく

キャスト

土屋 太鳳(役:唯島 輪花)


恋愛には奥手ながらも、同僚の勧めでマッチングアプリを始めることになる主人公・唯島輪花を演じるのは、土屋太鳳さんです。

これまで映画やドラマなど、数多くの作品でメインキャストとして活躍してきた土屋さん。
前向きでかわいらしい役柄から、アクションやサスペンスなど様々なジャンルに挑戦されています。

本作では、マッチングアプリで出会った永山にストーカーされるという難しい役どころを演じます。
予告編では輪花が恐怖におののくシーンが印象的で、どのように追い詰められる様子が描かれるのか、その展開に期待を込めて楽しみにしています。

佐久間 大介(役:永山 吐夢)


輪花の周りで不穏な動きをみせる謎の人物・永山吐夢を演じるのは、Snow Manの佐久間大介さんです。

Snow Manのメンバー全員で主演を務めた映画「おそ松さん」(2022)以来の映画出演となる佐久間さん。
本作ではトレードマークのピンク色の髪と明るい笑顔を封印し、真逆のキャラクターを演じます。

“狂気のストーカー”をどのように演じ、輪花をどのような手段で追い詰めるのか、注目したいところです。

金子 ノブアキ(役:影山 剛)


輪花に思いを寄せる影山剛を演じるのは、ミュージシャン・役者として活躍している金子ノブアキさんです。

近年の作品では朝ドラや大河ドラマ、NETFLIXのドラマシリーズ「今際の国のアリス」などに出演する傍ら、舞台の音楽監督を務めるなど、音楽の分野でも活躍しています。

輪花から相談され、支えようとする影山がどのように対応するのか、気になるところです。

その他キャスト

  • 真飛聖
  • 後藤剛範
  • 片山萌美
  • 片岡礼子
  • 杉本哲太
  • 斉藤由貴

最後まで目が離せない

予告編での「私だって愛してた」という輪花の意味深な台詞がありましたが、彼女の過去に何があったのかが気になります。

もしかするとそのことがきっかけで、恋愛に消極的になってしまったのかもしれません。

また、吐夢が「恋愛が苦手なんです。だからいつもこじれる」と話す場面もあり、彼が過去にどんなトラブルを引き起こしたのかにも興味が湧きます。

さらに、夫婦が次々と惨殺される事件がどのように物語に繋がってくるのかも、ますます興味深い展開となっています。

物語の中に登場するキャラクターたちは皆、何かしらの秘密を抱えているような雰囲気が漂っておりラスト1秒まで油断できません

まとめ

今回は2024年2月23日(金・祝日)に公開される映画「マッチング」のあらすじとキャストについて紹介しました。

映画「マッチング」の原作小説が2024年1月23日に発売されるため、物語の裏側や登場人物たちの深層に迫り、より一層「マッチング」の世界を楽しむことができるかもしれません。

是非、両方のメディアを通して「マッチング」の魅力を堪能してみてください。

映画概要

監督・脚本内田英治
原作内田英治「マッチング」(角川ホラー文庫刊)
音楽小林洋平
主題歌Aimer「800」

関連リンク

記事内画像出典:映画「マッチング」公式HP

タイトルとURLをコピーしました