映画【ミステリと言う勿れ】あらすじ・ネタバレ!挿入歌「カメレオン」のタイミングに涙…

ミステリネタバレトップ

出典:映画【ミステリと言う勿れ】公式HP

2023年9月15日(金)に公開された、映画【ミステリと言う勿れ】。
主人公の大学生・久能整が、時に優しく時に鋭い魔法のようなお喋りで、いつの間にか登場人物たちが抱える様々な悩みも、事件の謎までも解いてしまうという新感覚ミステリーです。
月9枠で放送されたドラマは、2022年日本民間放送連盟賞・番組部門 テレビドラマ【優秀賞】やTVerアワード2022【特別賞】を受賞し、一大ブームを巻き起こしました。

菅田くんが演じる冷静な整のキャラがすごく好き!

ドラマ主題歌のカメレオンも流れるらしいよ!

本記事では、映画【ミステリと言う勿れ】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

映画【ミステリと言う勿れ】の概要

映画『ミステリと言う勿れ』予告【2023年9月15日(金)公開】

原作・スタッフ・主題歌

原作田村由美
監督松山博昭
主題歌King Gnu「硝子窓」
  • 原作は、累計発行部数1800万部を突破している田村由美さんの大人気漫画です。
  • 監督は、【ライアーゲーム】シリーズなど、フジテレビの多くのドラマ・映画を手掛けてきた、松山博昭さんです。
  • 主題歌は、King Gnuの「硝子窓」で、この作品ののために書き下ろされました。
    ドラマの主題歌「カメレオン」も素晴らしかったですが、ミディアムテンポでどこか切なさも感じさせる歌声が、映画をさらに盛り立てます。

登場人物

ミステリ登場

久能整(くのうととのう):菅田将暉
主人公で謎を解く大学生。
狩集汐路(かりあつまり しおじ):原菜乃華
ヒロイン。狩集家の遺産相続候補者の1人。
車坂朝晴(くるまざか あさはる):松下洸平
狩集家お付きの弁護士の孫であり、汐路の初恋の相手。
狩集理紀之助(かりあつまり りきのすけ):町田啓太
臨床検査技師。汐路、ゆらのいとこで、狩集家の遺産相続候補者の1人。
波々壁新音(ははかべ ねお):萩原利久
汐路、ゆら、理紀之助のいとこで、同じく狩集家の遺産相続候補者の1人。
赤峰ゆら(あかみね ゆら):柴咲コウ
汐路のいとこで、狩集家の遺産相続候補者の1人。
狩集ななえ(かりあつまり ななえ):鈴木保奈美
汐路の母。
狩集弥(かりあつまり わたる):滝藤賢一
汐路の父。8年前に交通事故死。
赤峰一平(あかみね いっぺい):野間口徹
ゆらの夫。
鯉沼鞠子(こいぬま まりこ):松坂慶子
汐路たちの亡くなった祖父・幸長のいとこ。
真壁軍司(まかべ ぐんじ):角野卓造
狩集家の顧問税理士。
車坂義家(くるまざか よしいえ):段田安則
狩集家の顧問弁護士。朝晴の祖父。
志波一巳(しば かずみ):でんでん
広島県警の刑事。8年前の交通事故を担当。
犬堂我路(いぬどう がろ):永山瑛太
以前の事件で知り合った謎の青年
青砥成昭(あおと なりあき):筒井道隆
大隣署の警部
池本優人(いけもと ゆうと):尾上松也
大隣署の巡査
風呂光聖子(ふろみつ せいこ):伊藤沙莉
大隣署唯一の女性巡査
君原奈津子:松嶋菜々子

https://dolly9.com/misuteri-cast/

映画【ミステリと言う勿れ】のあらすじ・ネタバレ!

ここからは、映画【ミステリと言う勿れ】のあらすじを整理していきます!
(※ネタバレ注意!)

広島での謎解き

天然パーマでおしゃべりな大学生・久能整くのうととのう菅田将暉は、美術展のために広島を訪れていた。
そこで、犬堂我路いぬどうガロ永山瑛太の知り合いだという一人の女子高生・狩集汐路かりあつまりしおじ原菜乃華と出会いバイトを持ち掛けられる。
お金と命がかかっている。力を貸してほしいと言われ、汐路に強引に押し切られついていく整は、ボディーガードと謎解きを依頼される。
それは、狩集家の莫大な遺産相続を巡るものだった。
当主である、汐路の祖父が亡くなり遺産相続の話し合いが行われた。

遺言内容

当主の孫にあたる、汐路、狩集理紀之助かりあつまりりきのすけ町田啓太波々壁新音ははかべねお萩原利久赤峰あかみねゆら(柴咲コウの4人の相続候補者たち。

汐路の母・狩集ななえ(鈴木保奈美)、ゆらの夫・赤峰一平(野間口徹)と2人の娘、汐路たちの亡くなった祖父のいとこ・鯉沼鞠子(松坂慶子)も参加した。

狩集家の顧問弁護士・車坂義家(段田安則)が遺言を読み上げる。

狩集家の顧問税理士・真壁軍司(角野卓造)が隣に座る。
「それぞれの蔵においてあるべきものをあるべき所へ過不足なくせよ
というお題に従い、遺産を手にすべく謎を解いていくことに。

4つの蔵

4つの蔵の鍵がそれぞれに渡された。
汐路は整に、先祖代々続く、この遺産相続はいわくつきで、その度に死人が出ていると説明。
汐路の父親・狩集弥かりあつまりわたる(滝藤賢一)も8年前に、他の候補者たち(他の3人の親)と自動車事故で死亡していたのだ。
それも誰かに殺されたと疑っている汐路。
翌日、蔵に行こうとする整と汐路だが、途中で上から植木鉢が落ちて汐路に当たりそうになる。
汐路の蔵には日本人形9体があった。
整が3体足りないことに気付き、ぼたん、さくら、つばきの絵が描かれた着物を着た人形がなかった。

新音の蔵には、たくさんの陶器があったが、その中には偽物もたくさんある。ゆらの蔵には、座敷牢があった。さらに、引き出しの着物の中から手帳を見つける。
そこへ何者かが来て、蔵の中にゆらが閉じ込められてしまう。
そうとは知らない整と汐路の元へ、狩集家の顧問弁護士の孫・車坂朝晴くるまざかあさはる松下洸平がやってくる。朝晴は汐路の初恋の相手でもあり、汐路は笑顔で彼に抱き着く。
勝ってきた焼き芋を半分くれた。朝ちゃんはいつも大きい方をくれるよねと笑顔の汐路。
彼も遺言の謎解きに加わった。

汐路の思い

その日の夜、一平がゆらが帰ってこないと騒ぎ、理紀之助は一平と一緒にゆらを探すと出て行った。
その後に、汐路と新音が階段を下りると2人とも滑って転がり落ちる。
階段に油が塗ってあったのだ。一平たちは、蔵の近くで鍵を見つけ、無事ゆらは保護された。
ゆらたちが帰ると、アリバイがない理紀之助に疑いの目が向けられたので、翌日みんなで理紀之助の蔵を見に行くことに。
理紀之助の蔵には、たくさんの日本刀があり、人を切った血が固まっていて鞘が抜けないものもあった。
その夜、理紀之助が鯉に餌をやっていた場所に、刀を埋める誰かの姿が。
それは汐路だった。
そこへ整が来て、今まで起きたことが、全て汐路の自作自演だったことが発覚。
汐路は、父が居眠り運転をして事故を起こしたと思いたくなかったのだ。

整への攻撃

整は、翌日東京に帰ることにするが、その夜コインランドリーに行った帰りに、車に轢かれそうになり川に落ちる。
明らかに狙われたと感じた整はスイッチが入り、何が起きているかを徹底的に調べることにした。川に落ちたので風呂を借りた後、ななえが過去の写真を整理しているところに来た整は、写真を見せてもらう。
すると、先祖の天然パーマの人だけに✕がつけられていて、早く死んでいることに気付く。
4人と朝晴を集め、このことを伝え、次狙われるのはストレートパーマをあてている理紀之助だと話し、その理由と解明するため動くことにした。各自で蔵に何かないか再度探すと、汐路の蔵で床下に緑のチケットを見つける。
それは「鬼の集」というタイトルの舞台のチケットで、父が死んだ事故の半年前に行われている。
舞台を行った劇団に行くと、その舞台の後に、脚本家が自殺したと聞かされる。
その脚本家はお金がなくなれば、蔵にあった焼き物を売ってお金にして偽物に差し替えていたと話す代表。
すぐに新音の蔵のことだと気づいた整と汐路。
しかし、その人物の親族が脚本や映像は全て持ち去ってしまったらしい。

鬼の集

朗読映像のDVDだけは残っていたのでそれを持ち帰り、相続者4人と整で見た。
昔、広島に3匹の鬼がいた。1匹の鬼は明るい巻毛に白い肌をしていが。
彼らはある時、狩田という家の人たちを殺し、若妻を手に入れ、家を乗っ取った。
しかし、夫婦の小さな娘が、使用人によって逃がされていたが、どんなに捜しても少女を見つけることはできなかった。
殺した人たちはバラバラにして敷地内に埋め、その上に4つの蔵を建てた。
1つの蔵には、座敷牢を作り若妻を閉じ込めた。
鬼たちは、逃がした少女が復讐しに戻ってくるのではないかと怯えた。
たくさん魔除けをし、自分と同じような髪色のわが子を斬り殺した。
そして3匹は、狩田の家を乗っ取ったことがバレないように、鬼の容姿(明るい巻毛、色白)に似た子は殺す、という掟を作り、それが今も続いている。

狩集家と同じ状況に驚き、さっそく蔵の下を掘ると本当に骨が出てきた。それは警察に回収された。

自殺した脚本家は、宝田完次という人物で、鞠子の弟だった。
彼女に話を聞くと、弟は酒が飲めなかったのに飲んだせいで、自分で死んでしまったのかもと話した。

足りない人形

整と汐路は、父の事故を担当した刑事・志波一巳(でんでん)に話を聞きにいく。
現場には、ぼたんの着物柄の人形や陶器などがあったと話す。
また、USBの蓋が溶けたものが残っていた。
汐路は家でさくら柄の人形を見たことがあり、これは持ち主に返すと父が言っていたことを思い出す。

整たちは、父たちは鬼に家を乗っ取られた子孫を見つけ、人形を返しに行こうとしていたと推測。
ゆらも、蔵で見つけた手帳を見せる。
それは汐路の父の字で、鬼について調べた情報が書かれていた。

USBに子孫の情報があるのではないかと探すことにした。
帰ろうと新音が立ち上がった瞬間、コーヒーがこぼれ手帳にかかる。
汐路はそれを見て、父が事故の日の朝のことを思い出した。
そしてUSBの場所が分かったと言う整だった。

真犯人は?

宮島の大鳥居の潮が引いたあとの砂の中にUSBはあった。
それを誰かが取りだし、中に書いてある住所の場所に行き、灯油をまきライターをつけようとした。
その瞬間、警察が入ってくる。

火をつけようとしたのは、なんと朝晴だった。

整たちも駆けつける。
喫茶店で、汐路が思い出した事。
父が死んだ日の朝、父が飲んでおいしいからと勧めてくれたみかんジュースをいらないとこぼしてしまった汐路。
ジュースが父の手帳にかかった。
そのジュースを持ってきたのは朝晴だったのだ。
出かけるとき、手帳がないと言っていた父だが、実は朝晴が盗んでいた。
その手帳から、みかんジュースと睡眠薬の成分が見つかっていた。

汐路の絶望

父たちを殺したのは朝晴だった。

父と新音の母は天然パーマだったため殺すつもりだったが、ゆらと理紀之助の親を殺すつもりはなかった。

朝晴は汐路ちゃんが2人で出かけるって言ったからだよ。と少し笑った。
さらに汐路から、パパが蔵に入っているとか、新音の母と話していると聞いていた朝晴。
これ以上鬼について調べさせないため2人を殺した。

自分のせいで父が死んだこと。
さらに大好きな朝晴の裏切りに絶望し、涙を流し座り込んでしまう汐路を支えながら、ゆらたちは、ぜったい違う!朝晴のせいだ!と否定した。

車坂家と真壁家は昔から鬼のしきたりを守って天然パーマの子どもたちを殺してきた。

車坂と真壁も来て、朝晴に余計なことをしゃべるなと言うが遅かった。
整が轢かれそうになったのは車坂の仕業だった。
それだけは今まで何を言っても驚かなかった朝晴が本当に知らない反応をしたから気づいた。

また宝田を自殺に見せかけて殺したのも車坂と真壁だ。

朝晴は自分の初めての仕事として、汐路の父を殺した。
無表情で自分はしきたりを守っただけで悪くないと主張しながら朝晴は連行されて行った。

親からの愛

4人と整は本当のUSBを見つけ、鬼に乗っ取られた子孫・君原奈津子(松嶋菜々子)に会いに行く。
彼女はストーンの店を営んでいた。そこには、残り2つの日本人形があった。
代々長女に受け継がれているらしい。
そして、4人それぞれに親たちが残したストーンのブレスレットが渡される。
それには、親たちの子どもへの愛が込められていた。

大隣署では…

整は事件を解決し、無事に東京へ帰った。

東京の大隣署へも、汐路の父の死が事故ではなく殺人だったと連絡が入る。
その解明の場に整がいたことを聞き、彼らしいと思う、警部・青砥成昭(筒井道隆)巡査・池本優人(尾上松也)女性巡査・風呂光聖子(伊藤沙莉)だった。
3人は、今後も我路の足取りを探し続ける。

我路は船の上にいた。
汐路からのメールには、整が撮った笑顔の汐路たちの写真があった。

挿入歌「カメレオン」のタイミングに涙…

朝イチで観てきましたが、やっぱり面白いです!
飽きさせない展開、分かりやすい話と最後に怒涛の伏線回収、絶妙なシーンでドラマの主題歌「カメレオン」が流れた時は、絶妙で震える感覚で泣きました。
最後、絶望し泣いた後の汐路に整が声をかけたところで「カメレオン」が流れました。
「ミステリと言う勿れ」はやっぱりコレ!と思いました。

私と同じように感じた方も多かったようです。

笑えるし、謎解きあるし、泣けるし、全てが詰まった映画です!
ぜひ映画館に観に行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました