映画【パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト】あらすじ解説!

パイレーツ・オブ・カリビアン10

出典元:IMDb

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年に公開した、ジョニー・デップ主演の海洋アドベンチャー大ヒットシリーズの2作目にあたる作品。
3作目となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』に続く前編となっている本作のあらすじを徹底解説!

ADVERTISEMENT

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』について

パイレーツ・オブ・カリビアン11
出典元:IMDb

2006年に公開した、ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズの2作目である映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。
前回に登場した主要キャラクターはそのまま続投し、主人公のジャック・スパロウに訪れる試練の様を描いた2作目
1作目では、主人公キャラクターはオーレンド・ブルーム演じるウィル・ターナーがヒーロー的役割で構成されていましたが本作では、より、ジョニー・デップのジャック・スパロウに焦点を当てたストーリーになる。
その証拠に前半は、ウィル・ターナーと、後半ではヒロインであるキーラ・ナイトレイのエリザベスと冒険をする構成になっています。
前作で謎に包まれていた、ウィルの父親ビルが登場し、親子の絆もサブストーリーとして扱われていて見どころがたくさんある海洋アドベンチャー。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の作品情報

原題:Pirates of the Caribbean:Dead Man’s Chest
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:テッド・エリオット、テリー・ロッシオ
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ステラン・スカルスガルド、ビル・ナイ、ジャック・ダヴェンポート
公開:2006年7月22日
時間:150分
製作:アメリカ合衆国

前作

映画【パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち】あらすじを徹底解説!
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』を徹底レビュー! ジョニー・デップ主演の海洋アドベンチャーで、公開は2003年。 2020年時点で、全5作品作られているシリーズの1作目となる。 ディズニーランドのお馴染み...

次作

映画【パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド】あらすじと見どころ徹底解説!
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』は、2007年に世界同時公開を迎えたシリーズ3作目にあたる作品。 当初の計画だと、このワールドエンドで大団円を迎えるため、キャストからストーリーも含め豪華で大迫力となる見どころ...

シリーズまとめ

【パイレーツ・オブ・カリビアン】シリーズ全作品網羅!観る順番を徹底解説!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、2020年現在で全5作品製作されているジョニー・デップ主演の海洋アドベンチャー作品です。 ディズニーランドのアトラクション、「カリブの海賊」から着想を得られて作られた映画シリーズ。 主...

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のあらすじ解説!

パイレーツ・オブ・カリビアン8
出典元:https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0840.html

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のあらすじを解説していきます。
本作における物語の鍵は、ジャック・スパロウとその相棒ともいうべき船、ブラック・パール号です。
本作は、この2つの起源ともいうべき物語が見どころ。

公式のあらすじ

海賊(ジャック)を、つかまえろ。 ジャックが13年前に自らの魂と引き換えに、深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズと交わした〈血の契約〉の期間が終わりに近づいていた。デイヴィ・ジョーンズの幽霊船で永遠の労役に服すという地獄から逃れるため、ジャックは〈死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)〉を追いはじめる。また結婚式の直前に、ジャックの逃亡を助けた罪で捕えられたウィルとエリザベスも、抗うことのできない運命に操られこの冒険に巻き込まれていく。その時、カリブの海に封印された恐るべき秘密が甦ろうとしていた―。

引用元:https://www.disney.co.jp/studio/liveaction/0840.html

ジャック・スパロウの行方

エリザベスとウィルは、結婚をするところで、まさかの投獄されてしまう。
エリザベスは、過去に海賊を逃した罪を問われていた。
ウィルは関係ないと罪を自分で被り、ウィルはエリザベスの罪を放免する唯一の条件として提示されたジャック・スパロウの持つコンパスを手に入れるべく、ジャックの行方を追いかける事にする。
まずは、トルトゥーガにいくウィル。
そしてようやく、ジャックがいるという島につくも、原住民に囚われてしまうのだった。

原住民の首領?

パイレーツ・オブ・カリビアン16
出典元:IMDb

ジャックは、その島の原住民たちの狩猟らしき立場になっていた。
ウィルは囚われると、そこで、ジャックたちの船員たちと再会。
そこで、真相を聞かされる。
ジャックは首領ではなく、神と崇められており、その神を解き放つために生贄に捧げられるのだと…
如何にもこうにも、ここから逃げ出さなくてはジャック一味とウィルは、皆殺しにあうのだった…
そして、辛うじて逃げ出す事に成功するジャック一味。
そこで、今回の目的があらわになるのだった。

デイヴィ・ジョーンズとの約束

ジャックは13年前。
デイヴィ・ジョーンズと契約を交わしていた。
ブラック・パール号の船長に13年間務めた後は、デイヴィ・ジョーンズの船員になる事。
その13年めがやってきていたのだった。
その約束が果たされない場合は、怪物に海の藻屑へとなってしまう。
デイヴィ・ジョーンズとは、フライング・ダッチマン号の船長で、悪魔の契約によって心臓を抜かれており、海の怪物と呼ばれる存在なのだ。

エリザベスも旅立ちへ

パイレーツ・オブ・カリビアン15
出典元:IMDb

父親の助けもあり、エリザベスも海へと旅立つ。
頭を捻りトルトゥーガへと向かう。
そこで、ジャックが船員募集をしていた。
エリザベスはそこでジャックと、再会するのだった…

ジャックの思惑

デイヴィ・ジョーンズの新たな契約により、100人の魂を捧げなくてはならなくなり、トルトゥーガで船員集めをしていたジャック・スパロウ。
しかし、思う様にはいかない。
ジャックが持つ「北を指さないコンパス」は、持つ者の欲する答えの場所を指すコンパスだ。
自身の命がかかっているにも、ジャックが持っていてはやりたくない事をやらねばならないだけなので、コンパスの針は定まらないのだ。
そこで、ジャックはエリザベスのジャックへの想いを利用して、デイヴィ・ジョーンズを出し抜こうと考えていた。
ウィルに、〈死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)〉を開ける鍵を手に入れさせ、エリザベスに箱のありかを探させようとしたのだ。

最終決戦!

パイレーツ・オブ・カリビアン9
出典元:IMDb

ついに〈死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)〉を手に入れたジャック・スパロウ。
〈死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)〉とは、デイヴィ・ジョーンズの心臓が収められた箱。
血の契約の遂行をこの箱を手に入れて、回避しようとしていたのだ。
しかしこの箱を狙うのは、ジャックだけではない。
ブラック・パール号の船員として働いていた元提督は、再び自身の地位を取り戻すため、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手土産にしようとする。
一方、父のビルの身を解放させるために、心臓を手に入れることを画策するウィル。
そして、ジャックとデイヴィ・ジョーンズの四つどもえの戦いが始まるのだった!

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の見どころ

ここからは、このストーリーの最大の見どころとなる部分を紹介していきます!
基本的に筆者のマニアックな見方を紹介していきますので、大筋となるストーリーの見どころは上記のあらすじ解説にて、ご確認を!
筆者が、熱くなるポイントを順不動で解説します!
なので、過ごすのでしたに沿っていませんので、悪しからず!

水車バトル!

パイレーツ・オブ・カリビアン14
出典元:IMDb

やはり本作において、最大の見どころとなる部分は、クライマックスの水車でのバトルと言えるでしょう!
提督とウィルが水車の上で剣でやりあっている中で、ジャックが鍵を取るためにひとり奮闘する。
ジャック・スパロウのキャラクターと、この映画における立ち位置がしっかりと反映されている、象徴的なクライマックスです!
そして、グルグルと回る水車により、緊張感のあるクライマックスバトルが、とてもコミカルにディズニーらしいエンターテイメントが出来上がっています。
映画特有の緊張感あるバトルは、この後に登場するクラーケンで、演出しているのも見事な構成です!

デイヴィ・ジョーンズ

パイレーツ・オブ・カリビアン13
出典元:IMDb

これはストーリー的な見どころとは少し違いますが、デイヴィ・ジョーンズをはじめとするフライング・ダッチマン号の船員たち。
海の生物と融合している怪物の見た目をしていますが、よく目を凝らして見てみると…
船長であるデイヴィ・ジョーンズはタコで、てはエビ系のハサミ。
その他の船員も、ハンマーヘッドシャークだったり結構細かく海の生物になっています。
これらを、どの生物と融合しているのか発見していくのも、ゲームでいうやり込み要素的な感覚で、面白い発見ができるのではないでしょうか?
そしてデイヴィ・ジョーンズのタコの触手の動きが、とても奇妙で面白いのも見どころです!

ビルとウィル

やはり本作における注目のポイントは、ビルとウィルの親子の絆。
前作では、名前だけ登場していたビル・ターナー。
結局、そのあだ名の謎、”靴ひものビル”の謎である、靴ひもの由来は見つけることができませんでしたが、かつての公開などを描き、ウィル・ターナーのキャラクターを深掘りする要因となっていました。
そして、この設定がこの後に続くシリーズでも重要なポイントとなるので、本作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は重要な作品と位置付けることもできるでしょう!

映画【パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト】あらすじ解説・まとめ

以上、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』を解説してきました。
やはり、この作品はデイヴィ・ジョーンズの存在が白眉とも言えるもの。
圧倒的な、異形感は悪役としても唯一無二ともいえるものでしょう。
しかしそれ以上に、ジャック・スパロウのなんだかんだヒーローだよね!
という勇姿も見どころです!
現在、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』はDisney+で視聴可能。
その他、全作品配信されているので、改めて鑑賞して見てはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました