映画【ラーゲリより愛を込めて】キャストと相関図!二宮和也がドキッとした監督の言葉とは?

ラーゲリキャストトップ

出典:映画【ラーゲリより愛を込めて】公式HP

2022年12月9日(金)に映画【ラーゲリより愛を込めて】が公開されます。
主演は嵐の二宮和也さんで、シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留された山本幡男を演じます。帰りを信じて待つ、妻・モジミは北川景子さん。
また、松坂桃李さん、中島健人さん、桐谷健太さん、安田顕さんら、豪華な俳優陣が脇を固めます。

ニノ、浅田家に続き、また絶対泣ける映画だね!

ニノが瀬々監督の言葉でドキッとしたことがあるらしいよ!

本記事では、映画【ラーゲリより愛を込めて】のキャストと相関図について書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【ラーゲリより愛を込めて】について

原作・スタッフ

原作辺見じゅん
監督瀬々敬久
脚本林民夫
  • 原作は、辺見じゅんさんのノンフィクション『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』で、ラーゲリに身を置き、仲間想いの行動とその力強い信念で多くの抑留者たちの心に希望の火を灯した山本幡男さんの実話です。
  • 監督は、【護られなかった者たちへ】など多数の泣ける作品を手掛けてきた、瀬々敬久さんです。
  • 脚本は、【護られなかった者たちへ】など、瀬々監督とタッグを組んできた、林民夫さんが担当します。

あらすじ

ラーゲリあらすじ

出典:映画【ラーゲリより愛を込めて】公式HP

第二次大戦後の1945年。
そこは零下40度の厳冬の世界・シベリア…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。
死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」絶望する抑留者たちに、彼は訴え続けた――

身に覚えのないスパイ容疑でラーゲリに収容された山本は、日本にいる妻・モジミや4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じ、耐えた。劣悪な環境下では、誰もが心を閉ざしていた。
戦争で心に傷を負い傍観者と決め込む松田。
旧日本軍の階級を振りかざす軍曹の相沢。
クロという子犬をかわいがる純朴な青年・新谷。
過酷な状況で変わり果ててしまった同郷の先輩・原。
山本は分け隔てなく皆を励まし続けた。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた抑留者たちの心を次第に溶かしていく。

終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲をくぐり抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。たった一人で子どもたちを育てている妻を想い、山本は涙を流さずにはいられなかった。誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には、彼の体は病魔に侵されていた…。

松田は、危険を顧みず山本を病院に連れて行って欲しいと決死の覚悟でストライキを始める。
その輪はラーゲリ全体に広がり、ついに山本は病院で診断を受けることになった。
しかし、そこで告げられたのは、余命3ヶ月―
山本により生きる希望を取り戻した仲間たちに反して、山本の症状は重くなるばかりだった。それでも妻との再会を決してあきらめない山本だったが、彼を慕うラーゲリの仲間たちは、苦心の末、遺書を書くように進言する。

山本はその言葉を真摯に受け止め、震える手で家族への想いを込めた遺書を書き上げる。
仲間に託されたその遺書は、帰国の時まで大切に保管されるはずだった…。ところが、ラーゲリ内では、文字を残すことはスパイ行為とみなされ、山本の遺書は無残にも没収されてしまう。
山本の想いはこのままシベリアに閉ざされてしまうのか!?
死が迫る山本の願いをかなえようと、仲間たちは驚くべき行動に出る――

戦後のラーゲリで人々が起こした奇跡―― これは感動の実話である。

映画【ラーゲリより愛を込めて】のキャストは?

山本幡男:二宮和也

二宮和也さんは、アカデミー賞受賞するなど、演技には定評がありますね。
映画【浅田家】や【TANG】でも、彼の演技に感動し、涙しました。
個人的にはバラエティでの先輩や年上の人がボケた時にちゃんと突っ込むところが好きです(笑)
この映画では、ラーゲリに収容されるも、日本に残した妻・モジミとの再会のため、帰国を信じ、
周囲の捕虜たちを励まし続けるという役どころです。
去年の今頃のニノは、ひげを生やして、ガリガリに痩せて撮影で地方に行ったりしてたなぁ。と思い出しました。
またニノの涙に泣かされると思いますが、演技楽しみです。

山本モジミ:北川景子

北川景子さんは、出産され母になった今も、映画・ドラマで大活躍されていますね。
映画【約束のネバーランド】では、孤児院の優しいママの顔と、怖い顔も演じ分けていて、苦悩の演技も素晴らしかったです。
この映画では、二宮さん演じる山本幡男が帰ってくるのを待ち続ける妻を演じます。
壮絶なところ、優しい母の顔、貫禄も出てきているように感じます。
健気さに涙しそうでこちらも期待しています。

松田研三:松坂桃李

松坂桃李さんは、映画での活躍が多く、アカデミー賞も受賞されています。
映画【流浪の月】では、誘拐犯と間違えられ逮捕される、また成長が止まってしまう病気の青年という難しい役を見事に演じ切りました。
この映画では、目の前で友人を亡くし自らを「卑怯者」と思い悩む、ラーゲリに収容された捕虜を演じます。
予告での松坂さんのナレーションの声も素敵で、この秋は夫婦で映画に大活躍です。
パパにもなり、演技の幅がさらに広がりそうで楽しみです。

新谷健雄:中島健人

中島健人さんは、今年映画に2本出演され、俳優としてどんどん成長しています。
【桜のような僕の恋人】では、好きになった人を亡くした後の、気を失いそうになるくらい壮絶な演技が素晴らしかったです。
この映画では、漁の最中に捕虜となった、生まれつき足が不自由な優しい青年を演じます。
予告での彼の笑顔がラーゲリのみんなを癒しているのかな?と思う、新しい境地の演技だったのではないかと思います。中居さんが、金スマスペシャルでニノと電話で話している時に、中島さんの演技もすごく褒めていました。
ケンティの新しい一面楽しみです。

相沢光男:桐谷健太

桐谷健太さんは、俳優だけでなく、歌手としても活躍されています。
バラエティに出れば、面白い兄ちゃんと言う感じでとても好きです(笑)
ドラマ『インビジブル』では、警察の上層部でありながら、実は犯人だったという狂気の役もこなしていました。
この映画では、ラーゲリに収容された捕虜で、軍人時代の「軍曹」という自らの階級にこだわっており、一等兵であった幡男を敵対視しているという役どころです。
厳しい一面もあるけで、予告では死のうとしている場面もあり、辛い演技だと思いますが、この役にピッタリだと思います。

原幸彦:安田顕

安田顕さんは、大泉さんらが所属する劇団「TEAM NACS」の一員で、多数の作品にいろんなキャラクターで出演するバイプレイヤーです。
放送中のドラマ『PICU』では、北海道に小児集中治療室を作る医者を好演しています。
いつも冷静で優しい植野先生は、今までのイメージとギャップありますが、私はすごく好きです。
この映画では、幡男にロシア文学の素晴らしさを教え、大きな影響を与えた同郷の先輩という役どころです。幡男に病気の治療をさせたり、遺書を書くよう勧めたり、幡男の頼れる先輩なのかもしれませんが、安田さんにとても合っている役だと思います。

その他のキャストは?

  • 山本幡男の長男・山本顕一(壮年期):寺尾聰
  • 奥野瑛太
  • 金井勇太
  • 中島歩
  • 田辺桃子
  • 佐久本宝
  • 山時聡真
  • 奥智哉
  • 渡辺真起子
  • 三浦誠己
  • 山中崇
  • 朝加真由美
  • 酒向芳
  • 市毛良枝

映画【ラーゲリより愛を込めて】の相関図!

ラーゲリ相関図

配役がとても的確で、キャストそれぞれが役に合っていますね!
二宮さんと寺尾さんは、以前親子役で共演していますが、今度は寺尾さんが息子の役ということで、感慨深いです。

二宮和也がドキッとした監督の言葉とは?

フジテレビの「ボクらの時代」に、二宮和也さん、松坂桃李さん、安田顕さんが出演しました。

二宮さんから、今回の映画で撮影中に瀬々監督の「OK」の声が小さいと本当に大丈夫かな?と不安になるという話がありました。それには松坂さんもすごく共感していました。
また、演技が納得いかず、「もう一回お願いします」という勇気がないともコメント。
撮りなおしてもし初めのカットを使われてたら、死にたくなります(笑)と二宮さんが言っていました。
さすがはニノ。盛り上げ上手でした(笑)
そんな3人が出演する映画、辛いし泣ける話ではあると思いますが、ぜひ映画館に行きましょう!

映画のあらすじ・ネタバレはこちらから

映画【ラーゲリより愛を込めて】あらすじ・ネタバレ!「悲しい」でも中島健人の笑顔に救われる!
出典:映画【ラーゲリより愛を込めて】公式HP 2022年12月9日(金)に公開された、映画【ラーゲリより愛を込めて】。 公開前から、「予告だけで泣ける」そして試写会に参加した人も、「涙なしでは見られない」という感想が多く、話題になっ...
タイトルとURLをコピーしました