映画【最後まで行く】あらすじ・ネタバレ!岡田准一と綾野剛が笑ってしまうシーンとは?

本ページはプロモーションが含まれています

最後まで行くネタバレトップ

出典:映画【最後まで行く】公式HP

2023年5月19日(金)に公開された、映画【最後まで行く】。
岡田准一さんと、彼を尊敬する綾野剛さんが「SP」以来、13年ぶりの共演を果たし話題となっています。
人を撥ねてしまった刑事が、そこから不幸に巻き込まれていくという、手に汗握るサスペンス・エンタテイメントです。

スリルもあるけど面白いって!楽しみ!

岡田君も綾野君も笑えるシーンあったみたいだよ!

本記事では、映画【最後まで行く】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

映画【最後まで行く】の概要

原作・監督・脚本

原作2014年に公開の韓国映画
監督藤井道人
脚本平田研也・藤井道人
  • 原作は、2014年に公開された同名韓国映画です。韓国で大ヒットを記録し、すでに世界各国でリメイクされています。満を持して日本でのリメイクとなりました。
  • 監督は、【ヤクザと家族 The Family】や【余命10年】など、ヒューマンドラマのメガホンを取ってきた藤井道人さんです。
  • 脚本は、アニメ【つみきのいえ】でアメリカのアカデミー賞を受賞した、平田研也さんと藤井監督が担当しました。

登場人物

  • 工藤祐司(岡田准一)・ある人物を撥ねてから状況が一変してしまう刑事
  • 矢崎(綾野剛)・祐司を追う監察官
  • 工藤美沙子(広末涼子)・現在別居中の祐司の妻
  • 尾田創(磯村勇斗)・祐司に撥ねられた男
  • 久我山太地(駿河太郎)・祐司の同僚
  • 梶征士(山中崇)・交通課警察官
  • 松田優生(黒羽麻璃央)・祐司の同僚
  • 川上昌平(駒木根隆介)・祐司の同僚
  • 植松由紀子(山田真歩)・矢崎の婚約者
  • 岸谷真由子(清水くるみ)・創の仲間
  • 淡島幹雄(杉本哲太)・刑事課長で祐司の上司
  • 仙葉泰(柄本明)・ヤクザ「仙葉組」の組長
映画【最後まで行く】キャストと相関図!岡田准一と綾野剛が大阪でコラボ!その裏話とは?
出典:映画【最後まで行く】公式HP 映画【最後まで行く】が2023年5月19日(金)に公開されます。 主演は岡田准一さんで、人を殺してしまう刑事・工藤を演じます。工藤と対決するエリート捜査官・矢崎役は綾野剛さんです。 また、工藤の妻に広末涼...

映画【最後まで行く】のあらすじ・ネタバレ!

最後まで行くネタバレ

ここからは、映画【最後まで行く】のあらすじを整理していきます!
(※ネタバレ注意!)

裏金疑惑

年の瀬も押し迫る12月29日の夜。
刑事・工藤(岡田准一)は危篤の母のもとに向かうため、雨の中で車を飛ばす。
そこへ、工藤のスマホには署長から着信が。
「ウチの署で裏金が作られているっていう告発が週刊誌に入ったが、もしかしてお前関わってるんじゃないか?」という淡島(杉本哲太)の詮索に「ヤバい」と血の気が引く工藤。
しかし、何とかその場をやり過ごしたものの、心の中は焦りで一杯になっていた
工藤は、ヤクザ「仙葉組」の組長・仙葉泰(柄本明)から金を受け取り悪事を見逃していたからだ。

人を撥ねた刑事

そんな中、妻・美沙子(広末涼子)から着信が入り、母が亡くなったことを知らされた工藤は言葉を失うが、その時、彼の乗る車は目の前に現れた一人の男を撥ね飛ばしてしまう。
すでに彼が絶命していることが判ると、狼狽しながらもその遺体を車のトランクに入れ立ち去った。

その途中、検問に引っかかり、交通課の警察官・梶征士(山中崇)たちに怪しまれトランクを開けられそうに。
そこへ、県警本部の監察官・矢崎(綾野剛)が現れ、裏金の事で今から署に行くので話したいと言われ、何とかその場をごまかし署に辿り着いた工藤。
そして、署長に裏金との関与を必死に否定し、その場を後にする。

その後、矢崎が署にやってきて、過去10年間の帳簿を明日見せるようにと伝え、また、工藤と直接話したいから待つと言いだし、困る同僚たち。

死体をどうする?

しかし、工藤は母の元へ行っていた。
そこには怒る美沙子と娘がいた。美沙子とは別居中で離婚届を突き付けられている。
人をひき殺したという事実に、どこかうわの空な工藤へ美沙子はさらに怒る。

病院から葬儀社を紹介されそちらへ母の遺体は一晩安置されることに。
ホールへ向かうと、安置所に通気口があるのを見つける。
自分は一晩母と一緒にいると美沙子たちに話し、車で撥ねた男の遺体を棺桶に入れ、母とともに斎条で焼こうと試みる。

一方、署では矢崎に淡島が工藤は今日は来ないことを伝える。

脅迫メール

翌日、車のフロントガラスの傷という事故の証拠をなくすため修理に出し、台車で葬儀場に来る工藤。

その時、工藤のスマホに一通のメッセージが入る。
「お前は人を殺した。知っているぞ」というその内容に、腰を抜かすほど驚く工藤。
その後メッセージは「死体をどこへやった?言え」と続く。
まさかあの晩、誰かに見られていたのか…?
そのメッセージの送り主は、矢崎だった。
直後に電話がかかり、矢崎から死体をどこへやったか聞かれ、どこにも埋めてない。バーカ!と答える工藤。
そこへ矢崎が現れ工藤を何度も殴り、矢崎が車に乗せていた娘を誘拐してまった。
帰してほしければ17時に死体を貯水池に持ってこいとメールが来る。

矢崎もまた、ある男が死んでいたことが判明し動揺していた。
そしてその男こそが、工藤が車で撥ねた人物だったのだ。
さらにその裏には、矢崎が決して周囲に知られてはいけない秘密が隠されていた。

矢崎の焦り

12月28日
矢崎は、婚約者・植松由紀子(山田真歩)の父から、洞窟の金庫にある金を持ってくるよう言われていた。
その金は汚いことをして政治家から大量に集めた金だ。
金庫を開けるためには、鍵と矢崎の指紋が必要だ。
しかし、尾田創(磯村勇斗)が鍵を持ち逃げした事を知り、血眼で尾田を探す。

12月29日
由紀子との結婚式。
そこでも義父から金を年内に持ってこいと脅される。このままでは金も出世もなくなってしまう。

結婚式の合間にスタッフが来て、記念に夫婦の手形をとりたいと言い、手を差し出す矢崎。
しかし、そのスタッフは尾田の仲間・岸谷真由子(清水くるみ)だった。
そして、尾田のアジトで金庫の指紋認証が矢崎から尾田に変えられてしまう。

焦った矢崎は、仙葉に頼み尾田のアジトを見つけ、尾田を撃ち殺し鍵を奪おうとした。
しかし、逃げる尾田を銃で撃った直後に、尾田は工藤に撥ねられて連れていかれてしまった。
鍵と尾田の指紋が必要なので車を追いかけ、検問があって工藤を助けたのだ。

娘の誘拐

そして31日。
矢崎は葬儀の前に工藤の娘を誘拐した。

工藤は娘を取り返すため、母と尾田が火葬されそうになるのを止める。
そこへ、車で尾田を撥ねたのが工藤と気づいた同僚の久我山(駿河太郎)が来る。
事情は後で説明すると話し、久我山に手伝ってもらい、死体を車に運びだした。

中を開けると、すでに銃で撃たれている尾田の死体があった。
さらに、ポケットから金庫の鍵が見つかる。
尾田から真由子のスマホに電話をし、工藤が尾田のマネをして生きていると思わせアジトで待ち合わせする。

アジトに着き、車で久我山と話していると、矢崎から電話があり指示通り車から離れると、車に鉄の大きなドラム缶が落ち久我山は車ごとつぶれてしまった。

うろたえつつ、アジトへ向かうと真由子から金庫は尾田の指紋がないと開けられないと教えられ、なぜ矢崎が死体を必要としているのか知る工藤。

工藤は指紋が矢崎に渡らないよう、その場で尾田の指を切った。

待ち合わせの場所へ行く前に、仙葉のところへ行き、武器をもらう工藤。
4分間で爆発する爆弾をもらった。

工藤は死体を持っていき、ついに矢崎と対峙する。
娘を取り戻し車に乗せ、爆弾を入れた死体を矢崎に引き渡し、爆破させる。
車は池に沈んで行った。

娘を美沙子のもとへ帰し、幸せにできなくてごめんと謝る工藤。
美沙子は2人でこの町を出ていくと話した。

金庫へ

妻と娘と別れた工藤は金を手に入れるため金庫へ向かう。
鍵と尾田の指で指紋認証し金庫を開けた。
中には大量の札束が並んでいる。

とても驚き中に入り、金を詰めようとしたその時、矢崎が現れる。生きていたのだ。
銃撃戦になり、工藤は腹を撃たれる。
外に逃げる工藤と追う矢崎。
2人で墓地の上から転げ落ちた。

先に目が覚めた工藤は、仙葉からスタンガンを当てられる。
仙葉は金を全部持って行った。
彼が車に乗り込むと、横には真由子がいた。
2人は初めからグルで尾田と矢崎を利用し大金を手に入れようとしていたのだ。

最後まで行く

朝になり、先に目が覚めた工藤は、車を走らせ逃げる。
もう年が明けていた。

顔やお腹も血だらけだが美沙子に電話をかけ、今年はいいことがありそうだからもう一度やり直そう。と伝えると、2人から早く帰ってきてと言われる工藤。

電話を切った直後、後ろから車に追突された。
なんと顔がパンパンに腫れた矢崎が追いかけてきた。
2台の車はお互いぶつかりながら橋の上を走り続けた。

実は尾田が殺される前に仙葉が地獄から出たくないか?と彼に声をかけていた。
全てはここから始まっていたのだ。

岡田准一と綾野剛が笑ってしまうシーンとは?

完成披露試写会で、キャストの皆さんが笑ったシーンがあると言っていました。
まず、広末さんと綾野さんが思い出し笑いしていたシーンです。

尾田の携帯で真由子に電話をかけ、生きてたの?大丈夫だったの?と何をきかれても、猿みたいに「おっ、おっ、おっ」と返事するだけで電話を終わらせたとこ、笑っちゃいました。

ほんと工藤って性格悪くてバカだけどなんか憎めないと思ってしまいます。
岡田さんが【木更津キャッツアイ】を思い出すのも分かります。

一方、岡田さんは綾野くんのあのシーンが笑えるけど言えない…と語っていました。

  • 義父から足を踏まれて、ふにやふにゃになって崩れ落ちるところ。
  • ラストに車で突っ込んでくるシーンの顔がパンパンで別人の様だったこと。

この2つのどちらかじゃないかな?と私は予想しました。
ただ、ラストは笑えるというか、綾野さんの顔が変わりすぎて本当に怖かったです(笑)

みなさんも注目して劇場に足を運んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました