映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が賛否両論!?名作か、駄作か!?

スカイウォーカーの夜明け劇中画像2

出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

2019年12月20日に日米同時公開を迎えたスターウォーズの新作、”スカイウォーカーの夜明け”。
この映画の評価は、一部ファンからは絶賛されているものの、批評家たちからは微妙との声も多く賛否両論となっています。
果たして42年間もの間紡いできた物語スターウォーズの完結編は、果たして名作なのか!?みんなの評価をまとめました。

ADVERTISEMENT

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の概要

スカイウォーカーの夜明け劇中画像3
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

映画史に残るSF作品の金字塔スター・ウォーズシリーズのエピソード9にして、スカイウォーカーの血筋にまつわるサーガの完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。
当初監督は、コリン・トレヴォロウが務めるはずが途中降板。
その代わりに”フォースの覚醒”で監督を務めた、J・J・エイブラムスが再登板しています。
これまで、42年に渡って紡がれてきたスカイウォーカーの物語がついに完結し、これまでの前2作で主人公になったデイジー・リドリー扮するレイの出生の秘密、アダム・ドライバー演じるカイロ・レンの決断が描かれる、全ての物語が幕を閉じる感動作。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』について

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』いよいよ!押さえておくべき、5つのポイント!?
2019年12月20日に公開予定で、初めて公開になった1977年から続いてきた40年にも弥物語であるスター・ウォーズの完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。 いよいよ待ちに待った公開日が迫る中、現在気になる5つの疑...

スカイウォーカーの夜明けに関して、詳しい作品情報など見どころは上記記事にて解説しています。
より詳しく知りたい方は、合わせてチェックしてみてください。
本記事では、”スカイウォーカーの夜明け”の評価や感想などをまとめた記事になります。

スカイウォーカー・サーガ

映画『スター・ウォーズ』エピソード9まで全て網羅!興行収入から評価まで、各作品まとめ
いよいよ2019年12月にスターウォーズのエピソード9になる新作映画が公開され、これまで紡がれてきた”スカイウォーカー・サーガ”が遂に完結を迎えます。 そんなスターウォーズの劇場公開作品を一覧でまとめ、興行収入などを網羅! スタ...

こちらの上記リンク先の記事は、スター・ウォーズの劇場公開作品をまとめた記事になります。
1977年から始まった公開順に紹介していますので、ぜひ”スカイウォーカーの夜明け”を鑑賞する際には、大筋の流れを把握するなどに活用して頂ければ、と思いますので、こちらもチェックしてみてください。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ

スカイウォーカーの夜明け劇中画像1
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

レイとカイロ・レン、二人の運命を左右し、このクライマックスの行く末を共に迎えるのは、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続けるルークの双子の妹レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンらレジスタンスの同志たちと、今回初めて登場するBB-8のキュートな相棒“D-O(ディー・オー)”。はるか彼方の銀河系で繰り広げられるスカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。

引用元:https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker/about.html

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の評価は?

スカイウォーカーの夜明け劇中画像4
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

ここからは3つの感想を、お届けします。
まずは、批評家たちの意見をまとめたもの。
その次に、SNSを中心にしたみんなの声を。
そして手前味噌ながら、最後に本サイトでスター・ウォーズ関連の記事をまとめている筆者の感想を締め括りとして掲載させていただきます。
それでは、この”スカイウォーカーの夜明け”の賛否両論となっている意見は、どのような評価があるのでしょうか?
まずは、中立で知られるロッテントマトの批評家たちの意見をまとめます。

批評家たちの見解

スカイウォーカーの夜明け劇中画像5
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

ロッテントマトの批評家たちは、中立の立場で、スターウォーズに思い入れなどをせず、ひとつのSF映画としての評価を下す人が多いのが特徴です。
それでもこれまでの物語の着地点としては、概ね高評価を挙げている人たちも存在していました。
しかし中でも特に多い意見だったのが、スターウォーズの完結編としては、意外性もなく想像できる範囲でのベストというもの。
映画としてのサプライズが何もない、という時点で退屈な作品または、こうするしかなかったのだろうとの理解を示す意見もありました。
が、その中でも酷評が多く集まったのは、ストーリーに関して。
単純に言ってしまえば、ディズニーの悪い意味でのらしさが出てしまった、ということ。
アメリカでは特に、スター・ウォーズはディズニー配給になってからは、一定のファンが離れたと言われていることからも、否定的な意見が多く集まっていたのも特徴であり、その影響が大きく反映したものになっていたのでした。

みんなの感想は?

スカイウォーカーの夜明け劇中画像6
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

そしてここからは、映画を見てTwitterを中心に皆さんの感想を集めてみました。
日本では、ディズニーは絶対的な存在で、否定的なものはほとんど見つかりませんでした。
しかし古くからスター・ウォーズのファンの方などは、やはり酷評している方もポツポツと見かけます。
ここには掲載していませんが、中にはエピソード7以降は観ていないという根っからのルーカスファンが多くいたことも、忘れてはいけない事実の一つでしょう。
そもそもの”スター・ウォーズ”ファンは、ディズニーに移ったことすら認めていない、という頑固なものなのです。
しかしその一方で日本では、”スター・ウォーズ”のエピソード7から始まっていたレイの物語がしっかり納まるべきところに、ちゃんと納ったことで感動したなどの好意的な感想が多かったのも寛大で純粋に物語を楽しもう、という日本人らしい姿勢が垣間見れるものになっています。

Twitter / ?

筆者の感想

ep9劇中画像7
出典元:https://www.starwars.com/films/star-wars-episode-ix-the-rise-of-skywalker

完結にまとめると、42年続いてきた物語としては、今回のラストは納得がいかない…
矛盾点、”最後のジェダイ”で見せたラストシーンの伏線も回収が曖昧でしたし、物語の細部を気にしてしまうといまいち納得がいかない、というのが率直な感想です。
1977年より紡がれてきたスカイウォーカーの物語として語るには、今回の結末ではあまりにも軽すぎるのです。
こうして欲しかった…などの具体的な案は思い浮かびませんが、もっとサプライズが欲しかった…という期待がありました。
しかしながら、42年というあまりにも長い時間を省みると、確かにあまりにもあっけなく、想像しうる全ての内容が詰まっているものだったと感じます。
そこに驚きは一切なかった、と言わざるを得ません。
しかしその側面もある一方で、2015年から始まった”レイとベン・ソロの物語”としてこの3部作を観ると、とても満足ができたのです。
視点を変えて、三部作としてこの物語を見たときに納得ができました。
最後の締めに使おうとした言葉が、思いっきりネタバレでしたので、筆者の感想はこれにて終了。
なので、この記事の締めはこういう形で終わりにします。
2015年より続いたレイの物語がいよいよ完結を迎える!映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日より、全国の劇場にて絶賛上映中!

タイトルとURLをコピーしました