映画【屋根裏のラジャー】あらすじ・ネタバレ!涙が止まらない!「宣伝がんばれ」の声も!

本ページはプロモーションが含まれています

屋根裏ネタバレトップ

出典:映画【屋根裏のラジャー】公式HP

2023年12月15日(金)に公開された、映画【屋根裏のラジャー】。
【メアリと魔女の花】のスタジオポノックが全世界に贈る待望の最新作で、声優が寺田心さんら、豪華俳優陣と話題になっています。

声優さんが豪華ですごく楽しみ!

予想以上に泣けるらしいよ!でも観客は少ないみたい…

本記事では、映画【屋根裏のラジャー】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

映画【屋根裏のラジャー】の概要

原作・スタッフ・主題歌

原作A.F.ハロルド
監督百瀬義行
主題歌ア・グレイト・ビッグワールド
featuring レイチェル・プラッテン
「ナッシングズ・インポッシブル」
  • 原作は、A.F.ハロルドの「The Imaginary」(「ぼくが消えないうちに」こだまともこ訳イギリスの詩人)です。
  • 監督は、スタジオジブリに所属していた過去があり、【千と千尋の神隠し】など、多くの作品に携わっってきた、百瀬義行さんです。
  • 主題歌は、ア・グレイト・ビッグワールドfeaturing レイチェル・プラッテンの「ナッシングズ・インポッシブル」で、壮大なバラードが綺麗なイマジナリの世界を彩ります。

登場人物

ラジャー:寺田心
本作の主人公。少女アマンダの想像から生まれた”想像上の友達”であるイマジナリ。
アマンダ:鈴木梨央
ラジャーを生み出した少女。本屋の2階に暮らす。
リジー:安藤サクラ
アマンダの母。シャッフルアップ書店の店長。
エミリ:仲里依紗
イマジナリの町でラジャーが出会う少女。
オーロラ:杉咲花
ジンザン:山田孝之
ラジャーの前に現れる怪しげな猫。
ダウンビートおばあちゃん:高畑淳子
田舎で暮らすアマンダの祖母。
老犬:寺尾聰
イマジナリの老犬。
ミスター・バンティング:イッセー尾形
謎の男。ラジャーをつけ狙っている。

映画【屋根裏のラジャー】声優キャストと相関図!エミリ役・仲里依紗が苦労した事とは?
出典:映画【屋根裏のラジャー】公式HP 映画【屋根裏のラジャー】が2023年12月15日(金)に公開されます。 「メアリと魔女の花」のスタジオポノックの最新作です。 主人公で少女の想像が生み出した、世界の誰にも見えない少年・ラジャーの声を担...

映画【屋根裏のラジャー】のあらすじ・ネタバレ!

屋根裏あらすじネタバレ

ラジャーとアマンダ

彼の名はラジャー(寺田心)。世界の誰にも、その姿は見えない。
なぜなら、ラジャーは少女・アマンダ(鈴木梨央)の想像の中の友だち《イマジナリ》。
彼女が3か月前に生み出したのだ。

アマンダとラジャーは仲良しで、いつも2人で想像の世界で遊んでいた。

忘れないこと・守ること・泣かないこと

これが2人の約束「屋根裏の誓い」だ。

アマンダに父はおらず、母・リジー(安藤サクラ)が営んでいるシャッフルアップ書店も近々で閉店になる。

アマンダはリジーにラジャーの存在を訴えるが、ラジャーはアマンダにしか見えない。

しかしリジーはそれを尊重し、ココアをいつも用意してくれる。
彼女は自分も過去に「レイゾウコ」という名前のイマジナリを生み出していた。

アマンダの事故

ある日、リジーの書店にミスター・バンティング(イッセー尾形)が地域の子どもの調査と言って訪ねてくる。
バンティングは、イマジナリを食べて生きる人間で、黒い少女のイマジナリといつも一緒だ。
そして、まだ生まれて間もないフレッシュなラジャーを狙い、食べようとするが何とか逃げるラジャー。

リジーと3人でショッピングに行った時、ラジャーはまたもバンティングに追いかけられ、2人で逃げた時にアマンダが駐車場で事故に遭ってしまう。
アマンダはそのまま救急車で運ばれて、生きてるのか死んだのかも分からない。
そして、ラジャーは少しずつ消えていく。

イマジナリの町へ

そこへジンザン(山田孝之)という猫があらわれる。
お前はこのままだと消えていく。消えるか、俺と一緒に来るか決めるよう言われ、ジンザンとイマジナリの町へ行くラジャー。
イマジナリは人間に忘れられると消えてしまうのだ。

そこは図書館で、人間に忘れられたイマジナリがたくさんいた。
図書館にいれば、彼らは消えることはない。

エミリと初仕事

エミリ(仲里依紗)という少女から声をかけられ、イマジナリについて教わるラジャー。

人間の子どもの写真を選び、一緒に遊ぶのがイマジナリの仕事。
ラジャーはアマンダを探すため、彼女の友達のジョンのところへ行くことにする。
エミリとピンクのカバ・「小雪ちゃん」と、がいこつの「骨っこガリガリ」と一緒に出たラジャー。
しかし、ラジャーはアマンダを探すのに集中し、写真を手放してしまう。
写真を手から離すと想像が産み出された場所へ戻ってしまい、図書館へ帰れない。
さらに、窓やドアがないと外には出られない。

人間に気に入られれば、そのままイマジナリとして現実世界に残ることもできる。
骨っこガリガリは変身し、ジョンの本当のイマジナリになりその場に残った。

ラジャーが生まれた理由

ラジャーはその帰り、アマンダの家に寄ってみる。
そこにはリジーとダウンビートおばあちゃん(高畑淳子)がいて、アマンダが今も病院に入院していることが分かる。

リジーがアマンダの部屋にあった傘を広げると、そこには

「お父さんを忘れないこと・お母さんを守ること・絶対に泣かないこと」

と書いてあった。
それを見て、号泣するリジー。
アマンダは父を亡くした悲しみからラジャーを生み出した。

エミリとの別れ

家の外に出ると、またバンティングと黒い少女と遭遇するラジャー。
エミリとジンザンも一緒に逃げ、図書館への入り口を探すが、扉が見つかった時、エミリがバンティングに撃たれて消えてしまう。
エミリからメガネを渡されるラジャー。

1人で落ち込んでいると、老犬(寺尾聡)から声をかけられる。
話しているうちに、実は老犬が「レイゾウコ」としてリジーが子供のころに生み出したイマジナリだと分かる。

悲しみの中でもラジャーは諦めず、またアマンダの友達・ジュリアの写真を掴み、アマンダの病院に連れて行ってもらおうとする。
しかし、ジュリアのイマジナリはオーロラ(杉咲花)という少女で、舞台に出る練習をしていた。
ラジャーはどんどんオーロラに変わっていき、アマンダのことを忘れてしまう。

しかし、小雪ちゃんとジンザンに助けられラジャーに戻り、家の外に出て救急車を見つけ、何とか病院にたどり着く。

アマンダとの再会

ラジャーはリジーを見つけ、アマンダの病室に入る。
しかし、彼女は意識がなく、眠っていた。

そこへ、またしてもバンティングと黒い少女が現れ、食べられそうになるラジャー。
その時、アマンダが目を覚ますもラジャーのことを覚えておらず、彼が見えない。
ラジャーは必死に声をかけ続け、アマンダが目の前にあったエミリの眼鏡をかけるとラジャーの姿が見え、すべてを思い出す。

しかし、ラジャーはバンティングに食べられそうになり、アマンダはヘビのイマジナリに体を締め付けられ苦しむ。
そこへ飲み物を買いに行っていたリジーが戻り、バンティングはまたも調査だとうそをつく。
アマンダは苦しみながら、バンティングを信じないで欲しい。ラジャーが食べられてしまう。と訴える。

リジーとレイゾウコ

一方、図書館では老犬(レイゾウコ)がリジーの子どものころの写真を見つけてそれを掴み、病室に現れる。
リジーは「レイゾウコ」との再会したことで、ラジャーが食べられそうになるのも見えた

リジーが必死に止めようとする中、突然黒い少女が現れ、ラジャーの代わりにバンティングに飲み込まれる。
バンティングは黒いものを吐き出し、写真となり、消えてしまった。

アマンダとラジャーは2人でまた遊ぶようになり、きれいな鳥や星を見ることができた。

涙が止まらない!「宣伝がんばれ」の声も!

さっそく見に行ってきました!
正直、あまり期待はしていませんでしたが、結果…今年見た映画の中で一番泣きました。
リジーがアマンダの傘を見たところから、涙が何度も出ました。
娘を想い心配する母の気持ちと、アマンダの決意にやられました。
また予想外の展開で、リジーと老犬(レイゾウコ)の再会にも号泣。

ウィッシュも観ましたが、ウィッシュは子どもがメイン、ラジャーは大人メインの感動作品というイメージかなと思いました。

初日なのに観客がとても少なく、残念です。
こんなに泣けるのにもったいないです!
私と同じように思った方も多かったようです。

ぜひみなさんも映画館へ見に行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました