映画【クルエラ】をネタバレ!?これまでのディズニー映画は無かったある要素とは?

クルエラアイキャッチ
©Disney

2021年5月末に公開したディズニー映画化『クルエラ』。
名作『101匹わんちゃん』の名ヴィラン、クルエラ・ド・ヴィルを主人公に据え、若かりし頃を描く。
クルエラが皆の知るクルエラになるまでを描く映画『クルエラ』を、ネタバレを含んで徹底解説していきます!

ADVERTISEMENT

映画『クルエラ』の概要

クルエラアイキャッチ2
©Disney

映画『クルエラ』は、2021年5月27日に劇場公開され、1日遅れて5月28日にディズニー・プラスでのプレミアアクセスにて配信がスタートされている作品です。
『101匹わんちゃん』に登場する最恐最悪のヴィラン、クルエラ・ド・ヴィルを主人公に据え、前日譚として描かれています。
そのクルエラを演じたのは、『ラ・ラ・ランド』などに出演した実力派女優、エマ・ストーン。
この作品におけるヴィランとなるバロネスを演じたのはエマ・トンプソン。
そんなWエマが彩る、ディズニー映画の新たな側面を魅せている作品です。
監督を務めたのは、クレイグ・ガレスピー。
過去には、『ミリオンダラー・アーム』、『アイ・トーニャ 史上最大のスキャンダル』などを手掛けている、コマーシャル出身の映画監督です。
そんな監督の経歴が活かされ、小気味いいリズム感が絶妙な作品に仕上がっています。
現在は、すでに続編制作にも動き出していると噂れている、ディズニー映画の新たな時代の名作の筆頭に挙げられようとしている作品のひとつ。

映画『クルエラ』の作品情報

原題:Cruella
監督:クレイグ・ガレスピー
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ、ジェズ・バターワース、デイナ・フォックス、ケリー・マーセル、トニー・マクナマラ、スティーヴ・ジシス
原作:『101匹わんちゃん』
出演:エマ・ストーン、エマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザー、マーク・ストロング
公開:2021年5月27日
時間:134分
公式ウェブサイト:https://www.disney.co.jp/movie/cruella.html

映画『クルエラ』のあらすじ(ネタバレなし)

エステラという女の子は、母親の愛を感じ良い子に育つ子供。
その見た目は半分黒髪で半分白髪という、人とは異なる見た目を持っていた。
しかしその反面、髪の毛の様にいい子の時とは反面、暴力的な性格も持ち合わせる。
そんな状態の時はエステラではなく、クルエラと名付けられるのだった。
エステラは、学校に入るもその見た目から迫害を受けるなど、よりクルエラの面が強まっていくのだった。
ファッションが好きでクリエイティブさを発揮していたエステラだったが、母親が死んでしまったことで、ストリートチルドレンになり大人になっていくのだった…

以下より、映画『クルエラ』のネタバレが含まれますので、鑑賞前の方などは注意してご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました