映画【デッド・ドント・ダイ】のネタバレ!豪華キャスト&ロメロ風ゾンビを優雅に無駄遣い!

デッド・ドント・ダイ

出典:IMDb

おしゃれな画面に、アートな演出。ストーリーにピリッと皮肉の効いた風刺を盛り込んだジム・ジャームッシュ監督映画。そんな彼の作品のファンであるサブカル好きを、大胆に裏切ったと評判の映画『デッド・ドント・ダイ』。

何を思ったか、第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された本作。映画祭のオープニング作品だったこともあり、超目立っていたわけですが「あの監督が、ゾンビ映画を!?」なんてざわめきもそこそこに、上映後には会場が静まり返ってしまったそうで、賛否が真っ二つに別れた問題作でもあります。

本記事では、日本での再公開が待ち遠しい映画『デッド・ドント・ダイ』のストーリーをラストのネタバレ付きでご紹介!また、国内の映画館が閉館する前に鑑賞した方々から、かなり酷評を浴びている今作。そこで、三度の飯よりゾンビが好きな筆者が、本作の楽しみ方をお伝えしていきます!

結論からいうと、「怒んないで!」それに尽きます……!

映画『デッド・ドント・ダイ』の予告!

6/5(金)全国公開『デッド・ドント・ダイ』/日本版60秒予告編

鬼才と呼ばれ、知る人ぞ知る映画監督、ジム・ジャームッシュの最新作として早くから注目を集めていた『デッド・ドント・ダイ』。

予告を見ればお気づきかもしれませんが、「知った顔ばっかり!」。ジム・ジャームッシュ監督のキャリアに縁ある俳優陣、錚々たる豪華キャストを集結させて撮ったのが「ゾンビコメディ」というのですから、ごちそうさまです!

ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ哲学に置いてけぼり!

コーヒーゾンビ

出典:IMDb

映画『デッド・ドント・ダイ』をご紹介するために、前置きしておきたいのが、今作は “ゾンビの始祖”と言われるジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画への、オマージュ作品であるということ。

ジョージ・A・ロメロが監督したゾンビ映画には、必ず世間を皮肉ったメッセージが込められています。そこへ持ってきて、ジム・ジャームッシュ。観客を置いてけぼりにする独自の哲学を、作品にぶち込んでくることで知られています。

本作の評判で頻繁に見かけた「嫌味っぽい」「悪趣味」「やけクソな展開」「ふざけすぎ」といった酷評は、監督 “独自”のゾンビ哲学に置いてけぼりを食ってしまった方の、悲しみの声に他ありません。「すげえ楽しみに観たのに、なんなんだよ!」と。つまり、誰も悪くない!

意地でも走らない 墓から出てくる正統派ゾンビ

近年のゾンビ映画の定番といえば、未知のウィルスや宇宙からの侵略によるゾンビ発生!という展開ですよね。あと、最近のゾンビは無茶苦茶速く走ります。

この「ゾンビの加速」とか、また「噛まれるとゾンビ化する」などの設定はゾンビゲームの流行や、エンタメ性を高めるために後から付け加えられたものです。そんな、舗装されたワクワクゾンビロードにすっかり慣れてしまったわたしたち現代人。これから紹介する『デッド・ドント・ダイ』のノロノロ動くゾンビ、しかもコントみたいに墓から出てくる彼らに「物足りなさ」を感じる方も少なくないでしょう。

例えるなら、「白いご飯には、比内地鶏の卵黄!」「博多の明太子!」「トリュフ塩もなかなか……」というところに、いきなり鰹節ご飯をテーン!と出されたような衝撃。「今時、鰹節ご飯!?」「バカにしてんのか!!」。食べてみましょう、鰹節ご飯!落ち着いて食べれば、きっと美味しいですから……!

映画『デッド・ドント・ダイ』は何を皮肉っているのか?

「映画に込められた哲学」と聞くと、私たちは条件反射的に姿勢を正してしまうもの。映画『デッド・ドント・ダイ』では、スターギル・シンプソンが本作のために主題歌を書き下ろしています。いちいち豪華で笑えてきますね。映画通り『The Dead Don’t Die』というタイトルのこの曲は、劇中なんども流れます。

この主題歌の歌詞が、本作のテーマの大きなヒントになっていて……。

映画『デッド・ドント・ダイ』の登場人物とキャストを紹介!

町の警官3人

出典:IMDb

おふざけ映画にしてはキャストが豪華すぎる、映画『デッド・ドント・ダイ』。同窓会映画と言われるほど、監督の過去作に出演した俳優をかき集めた、本作のキャストを紹介していきます!

これだけのメンバーで豪華にふざけられるのも、監督の人望だと思うんですよね。

冷静沈着な巡査 “ロニー”(アダム・ドライバー)

アダムドライバー

出典:IMDb

「カイロ、こんなとこで何してんだ!」という声が聞こえてきそう。田舎町の巡査の一人・ロニー役にアダム・ドライバー冷静沈着な若手巡査を演じます。

代表作は、言わずと知れた『スターウォーズ(続三部作)』、『パターソン』『マリッジ・ストーリー』などなど。

ベテラン保安官 “クリフ”(ビル・マーレイ)

ビル・マーレイ

出典:IMDb

「ゴースト・バスターズ」と似たような服を着せられた、ビル・マーレイ。アダムと同じく、街の警官役を演じます。

代表作はありすぎて、何でしょう……『恋はデ・ジャ・ブ』『ロスト・イン・トランスレーション』などが有名ですよね。

街にやってきた謎の葬儀屋 “ゼルダ”(ティルダ・スウィントン)

ティルダ・スウィントン

出典:IMDb

ティルダ・スウィントンが、演じるのは「謎の葬儀屋」!ゾンビ映画で日本刀を操り、怪しい呪術を使うという、この訳のわからなさ。

『フィクサー』『ドクター・ストレンジ』『コンスタンティン』……『アベンジャーズ』にも出てましたね!

町唯一の女性警官 “ミンディ”(クロエ・セヴィニー)

クロエ・セヴィニー

出典:IMDb

町唯一の女性警官に、クロエ・セヴィニーパニックになりがちなミンディ巡査を演じます。常に猟銃を抱えています。美人要素を完全に封印されたメガネキャラです。

モデルやデザイナーとしても活躍しながら、『ブロークン・フラワーズ』『ボーイズ・ドント・クライ』など、多数の映画に出演しています。

イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス級がチョビチョビ出てくる!

セレーナゴメス

出典:IMDb

今作『デッド・ドント・ダイ』には、他にもゾンビ役にイギー・ポップ(特殊メイクいらず!)やサラ・ドライバー!さらに、セレーナ・ゴメスもちゃっかり出てきます。

かなりすごいメンツでわちゃわちゃすること、伝わったでしょうか……!

以下、映画『デッド・ドント・ダイ』のネタバレ!

ゾンビ

出典:IMDb

さて、豪華なキャストや、監督の哲学までご紹介したところで、いよいよ映画『デッド・ドント・ダイ』のストーリーのネタバレに移っていきましょう!

非常にめちゃくちゃなあらすじの今作。次々と張られる伏線を、堂々と放置していくスタイルをお楽しみください!

平和な田舎町で続発する異常現象……。

作品の舞台はアメリカの田舎町、センターヴィル。
署長であるクリフ(ビル・マーレイ)は、部下のロニー(アダム・ドライバー)と共に、今日も平和な町のパトロールです。たまの事件といえばニワトリの捜索とか、そんなもん。

ただ、最近おかしいんです。例えば、ロニーのスマホが突然壊れたり、夜8時になっても日が沈まなかったり……。ニワトリの失踪も、なんだか最近多いんじゃない……?アメリカ極北で、大規模な開発をしているようですが、もしかしてその影響でしょうか……?

ダイナーで発見された変死体!

平和な街に変化が訪れていた、そんな時、町のダイナーで女性ウエイトレスの変死体が見つかります!遺体は内臓を食いちぎられていて、明らかに街に不釣り合いな物騒さ。

「えぇ〜困ったな〜」という感じで、クリフたちは街のパトロールを強化します。この辺りのパトロールシーンは「映画祭かよ!」というくらい、盛り沢山なキャスティング。

墓地に妙な形跡が……不安的中!

パトロール中の二人、墓地で見つけてしまいます。“何かが這い上がった形跡”を。

「ゾンビだったりして〜」ハイ正解!無限に湧き出てくるゾンビは町の住民に噛みつきまくり!クリフとロニーはゾンビの頭を狙って、ナタや拳銃で応戦します。しかし、ゾンビ減らない!

町にもう一人いる警察官と合流すべく、二人はパトカーに乗り込みます。

コントか!?その通り!

二人の会話の一部……。「この先バットエンドになるぜ……」「なんで知ってるんだ?」「だって脚本を読んだから」

こういう演出が多々あるのですが、みんなレビューで怒ってましたね!世界観をあえてぶち壊すスタイル、いわば瞑想中に突然くすぐられるようなものですから、頭にきて当然。でも、監督はくすぐりたかった!つまり、誰も悪くない!

謎の葬儀屋・ゼルダが怪しい……!

同僚のミンディと合流したクリフたち。町の警察官はこの3人だけです。ゾンビについての情報を、ダイナーで集める警官たち。すると、最近町にやってきたばかりの葬儀屋が、変なやつであるという情報が

葬儀屋・ゼルダか……!怪しいぜ!

翌朝のダイナーに死体の山が!!

翌朝、警官たちがダイナーで見つけたのは、死体の山!ゾンビの仕業だと確信した彼らは、墓地に向かいます。

パトカーエンスト!そして誰もいなくなった

墓地の近くでエンストするパトカー!ゾンビに囲まれるパトカー!

3人の中で一番臆病な女性警官ミンディが、パニックを起こしゾンビの大群へ飛び込んでしまいます。ミンディを見送るロニーは一言。「台本通りだ!」

そこに突然、UFO出現!墓地に着陸します。UFOに引き寄せられるゾンビたち。いつの間にかその場にいた葬儀屋・ゼルダもUFOに引き寄せられます。

よくわからんが、ミンディの仇!と、パトカーから降りゾンビたちを攻撃するクリフとロニー。ゾンビと戦いながらロニーは叫びます。「これも台本通りだ!」

結局、ゾンビたちに数で負けたクリフとロニー。林の陰からこっそり様子を見ていた金物屋のボブが「なんて酷い」とつぶやきます。

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て笑えるあなたでいて……!

UFOに連れ去られるゾンビ

出典:IMDb

「大規模開発は!?」「謎の葬儀屋は!?」「UFOは!?」「は!?」日頃から優れた脚本に囲まれて、伏線回収に取り憑かれたわたしたち。「伏線も回収しないで何ふざけてんだ!」というクレームが随所で見られます。

本記事では、映画『デッド・ドント・ダイ』を紛れもなく推しました。しかし、哲学が盛り込まれているからといって、映画の良さがわからないといけない!という訳ではないこと。つまり巷に溢れる「この作品の良さがわからないなんて〜」という茶番。これを筆者は丸めてポイしたく思います。

でなければ、ここまで出演者が真面目におおふざけした意味がないから。

今作のゾンビの特徴は、「生前の記憶に従って彷徨う」というところ。ゾンビになってもキャンディを買いに雑貨屋に行く子供、iPhoneを離さずSiriに語りかけるゾンビ……。ものに取り憑かれ、周囲に気を配らなくなった人々の姿を風刺しています。

新型コロナの影響で日本中、世界中が怒りに満ちています。ジャームッシュ監督は「ゾンビは社会秩序の外ではなく、崩壊しつつある社会秩序の内側から来る」と語っています。このご時世、私たちが最も注意深く拒まなければならない「ゾンビ」とは一体なんでしょうか?

人気記事

  1. 今日も嫌がらせ弁当
  2. Christine
  3. パイレーツ・オブ・カリビアン
  4. アナコンダ2
  5. スパイinデンジャーアイキャッチ
  6. パイレーツ・オブ・カリビアン10
  7. パイレーツ・オブ・カリビアン3
  8. ムーラン2
  9. パイレーツ・オブ・カリビアン19

最近の記事

  1. ブレスレット鏡の中の私
  2. パイレーツ・オブ・カリビアン47
  3. パイレーツ・オブ・カリビアン33
  4. パイレーツ・オブ・カリビアン19
PAGE TOP