映画【ドント・ルック・アップ】作品解説!キャスト情報、あらすじ、ニュースなど総まとめ!

ドント・ルック・アップアイキャッチ
Netflix映画「ドント・ルック・アップ」12月24日(金)より独占配信開始

2021年12月24日にNETFLIXで配信を控える、アメリカのコメディ映画『ドント・ルック・アップ』。
コメディ映画を主戦場とするアダム・マッケイ監督のオリジナル脚本で、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンスが主演するSNS時代の世の中を絶妙に皮肉った作品です。
そんな本作、『ドント・ルック・アップ』の概要を解説していきます。

ADVERTISEMENT

映画『ドント・ルック・アップ』について

『ドント・ルック・アップ』は、2021年12月10日に先行で一部劇場公開を迎え、その後12月24日にNETFLIXにて配信するコメディ映画です。
当初はパラマウント・ピクチャーズが配給する予定でアダム・マッケイ監督により製作される作品でしたが、その後NETFLIXが配給権を買い取っています。
監督以外にもアダム・マッケイが脚本を手がけ、主演の2人もそのストーリーに絶賛し参加が決定。
アダム・マッケイ監督もジェニファー・ローレンスの役はほぼ当て書きに近いほどに、彼女に惚れ込んでいました。
そんな主演の2人でも豪華な共演ですが、それ以外にも多くのオールスターキャストが集う話題の作品です。
物語は、地球に衝突する彗星を見つけてしまった天文学者とその教え子の2人が、その危機を世界に伝えるべく奮闘する様を描く。
その過程で登場する様々な人物たちを、ケイト・ブランシェット、メリル・ストリープ、ジョナ・ヒル、ティモシー・シャラメ、この他にも意外すぎるカメオ出演者などが演じ、コメディならではの展開だけではなく、時代を反映させた皮肉がとても秀逸なストーリーとなるSFコメディです。

映画『ドント・ルック・アップ』のキャストについて

ドント・ルック・アップ劇中画像1
Netflix映画「ドント・ルック・アップ」12月24日(金)より独占配信開始

映画『ドント・ルック・アップ』は、主演の2人、レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスが共演。
ジェニファー・ローレンスが演じるのは、地球に向かってくる彗星を発見する大学院生のケイト・ディビアンスキー。
一方レオナルド・ディカプリオは、ケイトが通う大学の天文台の博士となるランダル・ミンディを演じます。
地球に迫る危機を伝えるべく向かったホワイトハウスでは、ベテラン女優メリル・ストリープが大統領を演じ、補佐をジョナ・ヒル、TVキャスターをケイト・ブランシェットなど、簡単に挙げるこれだけでもとても豪華な出演陣が軒を連ねています。
その他にも、実力派俳優または超セレブが多数集う作品で、詳しくは下記にて掲載。

『ドント・ルック・アップ』のキャスト

ケイト・ディビアスキー – ジェニファー・ローレンス
ブリー・エヴァンティー – ケイト・ブランシェット
クレイトン・“テディ”・オグルソープ博士 – ロブ・モーガン
ランダル・ミンディ博士 – レオナルド・ディカプリオ
ジャニー・オルレアン大統領 – メリル・ストリープ
ジェイソン・オルレアン – ジョナ・ヒル
クエンティン – ティモシー・シャラメ 

映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじについて

ドント・ルック・アップ劇中画像4
Netflix映画「ドント・ルック・アップ」12月24日(金)より独占配信開始

映画『ドント・ルック・アップ』は、三流の天文学者が発見した地球に向かってくる彗星の危険性を世界に伝えるべく奮闘する様を描く、コメディ作品です。
冒頭では天文譜代からスタートし、その驚愕となる事実を発見する。
それが彗星の衝突で、この事実にトップシークレットで事が進みます。
すぐさま、NASAの専門家へと連絡しこの事実を伝え、アメリカ政府へと伝達されていくのですが…
ここから、とんでもない事態へと発展(?)していくはずだった…
本来ならば、この後は90年代の名作『ディープ・インパクト』の様に、対策を講じるはずと、誰もが思うのですが…
この映画では、ここからまさかの状況に陥る様がとても、コメディ的でありつつも、非常にリアルな状況へと転がり込むのでした。

映画『ドント・ルック・アップ』の最新ニュース

ドント・ルック・アップ劇中画像3
Netflix映画「ドント・ルック・アップ」12月24日(金)より独占配信開始

映画『ドント・ルック・アップ』は、2021年12月10日に、映画館にて先行上映されたのち、12月24日のクリスマス・イヴにNETFLIXにて独占配信を迎えます。
映画『ドント・ルック・アップ』でははっきりと言えば、くだらないコメディ映画とも言えるので批評家たちからは高い評価を得られていません。
事実、アメリカの批評サイトのロッテントマトでは、56%といまいちな評価。
一般の評価では77%とまずまずではありますが…
でもこの映画の出来では、非常に面白いエンターテイメントに仕上がっており、一部では2021年ベストの声も挙がっています。
そんな本作『ドント・ルック・アップ』は、2021年度のゴールデングローブ賞にミュージカル/コメディの主要部門で多数ノミネートしています。
賞レースの本命である、アカデミー賞ではノミネートを果たすのか大きな注目と言えるでしょう。
この他、映画『ドント・ルック・アップ』の次なるニュースが入り次第、本項目にて紹介します。
この2021年の最後のスペクタクル作品と言ってもいい、映画『ドント・ルック・アップ』をぜひ、チェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました