【2021年国内映画興行収入ランキング】上位30作品を一覧で紹介!

2021年国内映画興行収入ランキング11位〜20位

順位作品タイトル国内興行収入劇場公開日
11007 ノー・タイム・トゥ・ダイ26.9億円10月1日
12劇場版 呪術廻戦 026.9億円(発表時点)12月24日
13るろうに剣心 最終章 The Beginning24.1億円6月4日
14機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ22.0億円6月11日
15ゴジラvsコング19.0億円7月2日
16銀魂 THE FINAL18.7億円1月8日
17映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園17.7億円7月30日
18そして、バトンは渡された16.4億円10月29日
19キャラクター16.0億円6月11日
20ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ15.8億円(発表時点)12月3日

洋画3作、実写邦画3作、アニメ4作!

ランキング11位から20位は、バランスよく洋画、邦画、アニメが散りばめられている結果に。
現在大ヒット中の『劇場版 呪術廻戦 0』は、劇場公開を迎えたばかりということもあり、話題作のアニメということも相まって、最終的には50億円到達が見えてくる数字でしょう。
洋画では、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの最終作となる『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』が洋画の第2位という記録に。
マーベル映画の『キャプテン・マーベル』で一躍ブレイクを果たしたラシャーナ・リンチが、ジェームズ・ボンドの後を継いだ007(ダブル・オー・セブン)として、凛々しい姿を披露していました。
このまま女性版007が継続しても面白いと思わせるものでしたが…
本作の白眉は、アナ・デ・アルマス。
短い登場時間ながら大きなインパクトを残し、大きな話題を提供しています。
その他にも、洋画は『ゴジラvsコング』や、『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』など話題作が軒並みランクイン。

次ページは、21位=30位。
ヒット映画のラインとなる10億円越えのボーダーラインギリギリとなる作品たちです。

タイトルとURLをコピーしました