映画【ハウ】ネタバレ!ベックの演技に絶賛の声!「何か賞とってほしい」

ハウネタバレトップ

出典:映画【ハウ】公式HP

2022年8月19日(金)に公開された、田中圭さん主演の映画【ハウ】。
公開前から試写会などでは、ハウを演じる俳優犬ベックとハウと絆を深める民夫を演じた田中圭さんの仲睦まじい様子が話題となっています。

メイキング見たけど、ベックと圭くんどっちもかわいすぎた!

ベックの演技が賞取れそうなくらいよかったらしいよ!

本記事では、映画【ハウ】のネタバレについて書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【ハウ】の概要は?

作品情報

原作・脚本斉藤ひろし
監督・脚本犬童一心
主題歌GReeeeN「味方」
  • 原作は、多数感動作品の脚本を手掛けてきた脚本家・斉藤ひろしさんの同名小説です。
  • 監督は、過去にも動物映画のメガホンを取ってきた、犬童一心さんです。
  • 主題歌は、本作品のために書き下ろしたオリジナル曲「味方」。
    作品に寄り添い、より一層の爽やかな感動を与えてくれる彼らの魅力が詰まった楽曲です。

登場人物

ハウネタバレ登場

出典:映画【ハウ】公式HP

  • ちょっぴり気弱な性格の主人公・赤西民夫:田中圭
  • 民夫の同僚・足立桃子:池田エライザ
  • 民夫の上司・鍋島史郎:野間口徹
  • 鍋島の妻で民夫とハウを引き合わせる・鍋島麗子:渡辺真起子
  • 修道院に身を寄せる・森下めぐみ:モトーラ世理奈
  • 民夫の元婚約者・深川麻衣
  • 福島出身の中学生・朝倉麻衣:長澤樹
  • 前川佑
  • 細川岳
  • 田中要次
  • 草村礼子
  • 品川徹
  • 修道院の牧師・利重剛
  • 修道院のシスター・伊勢志摩
  • 修道院のシスター・市川実和子
  • 田畑智子
  • 志津の夫・関根次郎:石橋蓮司
  • 夫を亡くしたばかりの女性・関根志津:宮本信子
  • ナレーション:石田ゆり子

映画【ハウ】のネタバレ!

ワンと鳴けない犬

婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫(田中圭)
横浜で一人空虚な日々を送る彼は上司・鍋島史郎(野間口徹)と動物愛護の活動をする鍋島の妻・麗子(渡辺真起子)からの勧めで、飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことに。
その犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。
この犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。
民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、散歩、クリスマス、川原でのボールキャッチなど、絆は次第に深まり、いつしかハウは民夫にとってかけがえのない存在となった。

突然の別れ

そんな時、突然ハウが姿を消す。
民夫が木の下で昼寝をしてしまい、その間に近くで野球をしていた少年たちの飛んで行ったボールをハウが追いかけて行って戻ってこなかった。
起きたらハウがいないので、民夫は驚き、探し回った。
鍋島や同僚・足立桃子(池田エライザ)の力を借り、チラシを配ったりしてハウを探す民夫だが、無情にも「ハウによく似た白い大型犬が事故死した」と麗子から連絡が来る。
さらにもう火葬されてしまって会うこともできない。
家に帰り、泣き崩れる民夫。
婚約者にフラれた日よりも人生最悪な日となった。

海にたたずむハウ

しかし、横浜から遠く離れた北の地でハウは生きていた!
ハウはボールを追いかけ、トラックの中に入っていまい、そのまま青森まで運ばれてしまった。
ハウは、海を見つめながら大好きな民夫の声が聞こえ、「民夫に会いたい」という一心で青森から横浜、798キロの道のりを走り出す。
民夫はハウがいないという現実に苦しみもがきながらも、優しく寄り添う桃子の支えもあり、悲しみを抱えながら生きていくことを学んでゆく。
桃子と食事したり、桃子の最近亡くなったペットの話を聞いて、距離が近づいていく2人。

ハウに癒される人々

一方、ハウは民夫を探して走る道中で、悩みや孤独、悲しみを抱えた人たちと出会う。
震災の風評被害に心を痛める女子中学生の麻衣(長澤樹)は学校でいじめを受けていた。
線路に横たわっているとハウが突然顔をなめた。
しばらく駅にいたハウは麻衣のダンスに会わせて駆け回り、彼女の心を癒す。
同級生のおかげで麻衣が学校にいけるようになるのを見届けた。

商店街で、愛する夫・関根次郎(石橋蓮司)を亡くし、ひとりで傘屋を営む老女・志津(宮本信子)
彼女はハウが現れて次郎が来てくれたと思った。
ハウは志津と一緒に横で眠り彼女に寄り添った。

ハウの声が出ない理由

深刻なDV被害に遭い、修道院のシェルターに保護された若い女性・めぐみ(モトーラ世理奈)
ハウはめぐみを見た瞬間、彼女に駆け寄るも、めぐみは離れた。
自分が以前飼っていたラッキーだと分かったから。

めぐみは牧師・利重剛に懺悔する。
トシとめぐみが付き合ったころ、ラッキーを飼った。
しかしトシの仕事が上手くいかなくなり、暴力をふるうようになり、トシに逆らえないめぐみはラッキーの声帯手術までしてしまった。
結局、動物愛護センターにラッキーを捨ててしまった。

シスター・(市川実和子・伊勢志摩)たちはハウをフランチェスカと呼びかわいがってくれ、服まで作ってくれた。
修道院の復活祭イベントの日、トシが現れてめぐみを出せと暴れる。
カッターまで出してシスターたちもケガをした。
仕方なくめぐみはトシの車に乗って帰ることにしたが、ハウが後を追いかけた。
すると自転車とぶつかりそうになった車は事故を起こし、めぐみは自力で車から出てハウがトシを車から助けた。
こうして、ハウは出会った人たちに寄り添い心を癒していった。

本当の別れ

一方、民夫は会社の近くの1DKのマンションに引っ越していた。
ある日、民夫は桃子と食事の約束をして、天気が良かったのでハウと散歩した川原の道を歩いた。
すると、ハウの声が聞こえ、リードをつけたハウが走ってきた。
民夫はハウを抱きしめ、今までどこ行ってたんだよ!と笑顔でじゃれあう。
そこへ少年が現れ、ブンだめだよ。すみません。と言った。
さらに少年の母親(田畑智子)も来た。
少年は、ブンはパパの代わりなんだと言った。
話を聞くと、夫を事故で亡くしたという女性は、実家の近くに引っ越してきたその日にハウが家に来たという。
少年と母親が引っ越してきた家は、民夫とハウが住んでいた家だった。
ハウにはもう新しい家族がいたのだ。
民夫はハウを抱きしめ、

「ハウ、本当にお別れだ。俺はもう大丈夫だから」

と言った。
泣きながらその場を後にし、泣きながら桃子に話を聞いてもらう民夫。
2人は話しながらだんだん笑顔を取り戻していった。

ハウも新しい家族と新しい人生を歩み始めた。

ハウの演技に絶賛の声!「何か賞とってほしい」

映画館で観てきました!
みなさんツイートされてるように、ハウを演じたベック君の演技、素晴らしかったです。
CGではないのがすごいと思います。
特に、トシを車から助けるシーンでは、袖を噛んで引っ張っていました。
どう演技指導したら、こんなことできるのかな?と驚きました。
アカデミー賞ノミネートして欲しいです(笑)

民夫がハウを失った後、桃子が早い段階で話を聞いて支えてくれたので、どれだけ長い時間悲しんだか、分かりにくかったです。原作では、桃子はそこまで関わりがなく、民夫の苦しんだ部分がもっと濃く描かれていたので、最後の再会のシーンが余計泣けます。
ぜひ、原作を読んで違いを比べてみてください!

【ハウ】原作ネタバレ!予想外の結末に「映画は観ない」その理由は?
出典:映画【ハウ】公式HP 映画【ハウ】が2022年8月19日(金)に公開されます。 保護された優しい犬「ハウ」とちょっと気弱な青年・民夫の心温まる感動物語です。 田中圭 ハウに寄り添う飼い主・赤西民夫 池...
タイトルとURLをコピーしました