MCU1作目の映画『アイアンマン』を、フェイズ4で重要になるテン・リングスに注目して紐解く!

アイアンマン劇中画像1

出典元:https://www.sonypictures.jp/he/849673

2008年に公開した映画『アイアンマン』。
MCU1作目にして全ての伝説の始まりである本作。
本記事では、フェイズ4に登場する「テン・リングス」というキーワードに注目して、本作品を紹介します。

ADVERTISEMENT

映画『アイアンマン』の概要

2008年に、パラマウント映画(日本ではソニー・ピクチャーズ)からの配給で公開された映画『アイアンマン』。
当初は、パラマウントの企画だったマーベル・シネマティック・ユニヴァース(以下MCU)。
その第1弾作品となる『アイアンマン』には、今後ドラマ企画にも繋がるシールドなど様々なクロスオーバー要素が含まれる大きな根っことなる映画です。
監督は、劇中にも登場するハッピー・ホーガン役のジョン・ファブローが務め、大ヒットを記録しています。

【MCUまとめ】アイアンマンから始まるマーベル映画全23作品を一挙紹介!
出典元: 2008年に公開した映画『アイアンマン』から始まった、世界の映画史に新たな1ページを刻んだマーベルコミックスの世界観を映し出したシリーズ。2019年7月時点では、全23作品が公開されています。 この23作品を「インフィ...

映画『アイアンマン』の作品情報

  • 原題:Iron Man
  • 監督:ジョン・ファブロー
  • 脚本:マーク・ファーガス、ホーク・オストビー、アート・マーカム、マット・ホロウェイ
  • 原作者:スタン・リー、ドン・ヘック、ラリー・リーバー、ジャック・カービー
  • キャスト:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、テレンス・ハワード、ジェフ・ブリッジス、ショーン・トーブ、クラーク・グレッグ
  • 公開:2008年9月27日
  • 上映時間:126分
  • 製作国:アメリカ合衆国

映画『アイアンマン』のあらすじ

 アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に襲われ拉致されてしまう。胸に深い傷を負い捕虜となった彼は、組織のために最強兵器の開発を強制される。トニーは装着することで、圧倒的な破壊力とパワーを発揮できる戦闘用パワードスーツを敵の目を盗み開発。敵地からの脱出に成功するが、奇跡的に生還したトニーは、ある事実を知り愕然とする・・・。引用元:https://www.sonypictures.jp/he/849673

テン・リングスがフェイズ4に出る?

現在発表になっている、フェイズ4の公開作品の中に「テン・リングス」の名があることで話題になっています。
このことから、再び映画『アイアンマン』シリーズにも脚光が集まり、MCU全23作品の中に隠された要素があるのかもと、「テン・リングス」という名が注目されているのです。

フェイズ4で公開予定の『シャン・チー』

フェイズ4で「テン・リングス」の名が注目された要因は、マーベル作品で初めてとなるアジアンヒーローとなる『シャン・チー』のタイトルによるもの。
まだ邦題は未発表ではありますがその名に、『Shang-Chi and the Legend Of Ten Rings(原題)』と、「テン・リングス」の名が含まれているのです。

フェイズ4の詳細

2020年から始まるマーベル映画、MCUフェイズ4の今後のラインナップを公開!※2019/9/30新情報更新!
出典元: 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でフェイズ3が完結を迎えたことで、ひと段落したマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)。 フェイズ4は、2020年5月に公開を迎える『Black Widow(原題)』でス...

『シャン・チー』が登場するフェイズ4については上記リンク先の記事にて詳細を詳しく載せていますので、合わせてご覧になってみてください。
この他にも、様々な作品について紹介しています。

映画『アイアンマン』で描かれたテン・リングス


出典元:https://www.imdb.com/title/tt0371746/mediaviewer/rm706952192

「テン・リングス」とは中東で活動するテロリスト集団です。
のちに判明しますがマンダリンという首領が存在します。
原作となるマーベルコミックスでの「テン・リングス」は首領のマンダリンが鍵となっている。
マンダリンは頭脳明晰な人物ではあるが、特殊能力は何も持たない。
しかしある時、宇宙船で見つけた10個の指輪を見つけて、スーパーパワーを操るヴィランとなっており、『アイアンマン』で描かれている物語です。
「テン・リングス」という名も、10個の指輪が由来。
ちなみに、『シャン・チー』のタイトルにテン・リングスがつけられている理由は、マンダリンが中国人という設定からだと推測。
それでは、MCUでの「テン・リングス」について改めて紹介します。
今回は1作目の『アイアンマン』での登場部分について。

トニー・スタークを拉致

まずはじめに「テン・リングス」が登場したのは、トニー・スタークを拉致したところからです。
声明を発表した場面のバックにはテン・リングスのフラッグが飾られており、その存在が確認できます。
中東を活動の拠点にし、スターク・インダストリーズの武器を所持するテロリスト集団として、アイアンマン誕生のきっかけを作っていました。
「テン・リングス」は、スターク・インダストリーズの最新の兵器である”ジェリコ”を追い求め、拉致をしますが、そのアイアンマンの初号機であるマーク1にやられてしまいます。
その後も中東で、傍若無人にテロ活動を続けた結果、アイアンマンに壊滅状態に追いやられている「テン・リングス」です。

オバディアが暗躍

「テン・リングス」がスターク・インダストリーズの様々な武器を所持できた原因は、オバディアが裏で手を引きテロリストに武器を売っていたことが原因です。
オバディアは、スターク・インダストリーズのNo.2で、トニーの右腕として活躍していた人物です。
そして、アイアンマンを自身でも製作しアイアンモンガーとして、トニーに襲い掛かります。
結果、大型アーク・リアクターに落とされてやられてしまうのでした。
そんなオバディアから武器を買っていた「テン・リングス」でしたが、『アイアンマン』ではそれ以上に詳しいことは描かれずに、ただのテロリスト集団というような描き方がメインでした。
この後に続くシリーズで、再び「テン・リングス」に注目が集まるようになるのですが…
それは別の作品になるので、今回はここまで。
果たして『テン・リングス』は、今後どのような展開を迎えるのか…フェイズ4の公開は2020年。
それまで待つしか無いようです。

映画『アイアンマン』はU-NEXTなどで視聴可能。
U-NEXT
本ページの情報は2019年9月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました