【KAPPEI カッペイ】原作ネタバレ!読者が映画化に歓喜!その理由とは?

カッペイ原作

出典:映画【KAPPEI カッペイ】公式HP

映画【KAPPEI カッペイ】が2022年3月18日(金)に公開されます。
主演は人情に厚い医者から殺人教師まで、幅広い演技を見せてくれる伊藤英明さんです。
他には、上白石萌歌さん、西畑大吾さん、大貫勇輔さん、山本耕史さん、小澤征悦さんなど、キャラの濃い俳優陣が脇を固めます。

みんな好きな俳優さんたちばかりだし、絶対面白そう!

本記事では、【KAPPEI カッペイ】の原作ネタバレ、読者が映画化に歓喜した理由について書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【KAPPEI カッペイ】の概要

原作・スタッフ

原作若松公徳
監督平野隆
脚本徳永友一

この映画の原作は、若松公徳さんの大ヒットギャグ漫画で、「終末の戦士による、最強のラブコメ」というコンセプトを元に描かれた作品です。
監督は、【64】や【99.9】など多数作品のプロデュースを手掛け、本作が初監督となる平野隆さんです。
脚本は、【ルパンの娘】など数多くのコメディ作品を担当してきた徳永友一さんです。

キャスト

カッペイ原作キャスト

出典:映画【KAPPEI カッペイ】公式HP

  • 終末の戦士で「無戒殺風拳・獅闘流(しとうりゅう)」の使い手・勝平:伊藤英明
  • 勝平が恋をする女子大生・山瀬ハル:上白石萌歌
  • 勝平が助けた大学生・入間啓太:西畑大吾(なにわ男子)
  • 終末の戦士で「無戒殺風拳・獅闘流(しとうりゅう)」の使い手・守:大貫勇輔
  • 無戒殺風拳の使い手で勝平たちの師匠・師範:古田新太
  • 柳田の後輩警察官・テルオ:森永悠希
  • 啓太の友人・新井久美子:浅川梨奈
  • 啓太の友人・矢木徹:倉悠貴
  • テルオの先輩警察官・柳田:橋本じゅん
  • 守の恋敵ダンサー・和也:関口メンディー(EXILE / GENERATIONS)
  • 正義と行動を共にする中学生ヤンキー・武智:鈴木福
  • 守が一目ぼれするダンサー・美麗:かなで(3時のヒロイン)
  • ハルが思いを寄せる大学生・堀田先輩:岡崎体育
  • 街の不良・リアム:アントニー(マテンロウ)
  • 街の不良・しんちゃん:大トニー(マテンロウ)
  • 終末の戦士で「無戒殺風拳・馬跳流(ばちょうりゅう)」の使い手・正義:山本耕史
  • 終末の戦士で「無戒殺風拳・龍咆流(りゅうほうりゅう)」の使い手・英雄:小澤征悦

【KAPPEI カッペイ】原作ネタバレ!

カッペイ原作

出典:映画【KAPPEI カッペイ】公式HP

1巻ネタバレ

ノストラダムスの大予言で終末が来ると信じ、幼いころから仲間たちと田舎で修行を積んできた、終末の戦士で「無戒殺風拳・獅闘流(しとうりゅう)」の使い手・勝平(伊藤英明)たちは、2011年、師範(古田新太)から「解散」を言い渡される。
東京に裸にデニムと短パンという格好で初めて降り立った勝平は明らかに浮いていた。
勝平は、街の不良・リアム(アントニー)としんちゃん(大トニー)に絡まれていた大学生・入間啓太(西畑大吾)を助ける。
自分に自信がなく、強い勝平を尊敬する啓太は、仲間とのお花見に誘う。
そこで、啓太の友人の新井久美子(浅川梨奈)や矢木徹(倉悠貴)とも出会う。帰ろうとした時に、啓太の同級生・山瀬ハル(上白石萌歌)が寿司を持って現れ、彼女に一目ぼれする勝平。
啓太の家に居候する勝平は、漫画「ふたりエッチ」を見つけ、初めて勃起というものを覚える。
さらに、ハルと映画を見に行き彼女へ思いを募らせる。ハルに彼氏がいるのか気になり、Yahoo!の知恵袋で質問までするように。
ある日大学で、ハルが男性と話しているのを見かける。
同じ大学の堀田先輩(岡崎体育)だ。2人が付き合っているのか勇気を出して勝平が聞くと、先輩には彼女がいると聞いて安心する。
帰りに啓太と牛丼屋にいると、一緒に修行をした「無戒殺風拳・獅闘流(しとうりゅう)」の使い手・守(大貫勇輔)と再会する。守から2人で終末の世界を作ろうと持ち掛けられるも、ハルへの恋に夢中になる勝平はそれを断る。ハルには好きな人がいると決めつける守と闘いになり、警察官の柳田(橋本じゅん)とテルオ(森永悠希)が見守る中、死闘を繰り広げ、守が負け、勝平は守を啓太の家に連れて帰る。守は、名古屋で美麗(かなで)というダンサーに恋をするも、和也(関口メンディー)というダンサーと2人が想いあっていると分かり傷心だったのだ。

2巻ネタバレ

2人で遊園地に行くことになった勝平とハル。
ジェットコースターでは手すりを外して下に落ちたり、勝平の面白い行動を楽しむハル。2人の距離は少し縮まった。
そんな中、啓太や矢木たちと一泊で温泉に行くことになる勝平。
啓太は「告白のチャンスです!」と勝平に言う。
温泉に入っていると隣からハルと新井の声が聞こえ、ハルが堀田先輩を好きで告白することを知る。ショックを受け食事も食べず落ち込む勝平。
ハルの告白の失敗を願う自分にここにいてはだめだとみんなの前から姿を消した。
一方、守は終末の戦士で「無戒殺風拳・馬跳流(ばちょうりゅう)」の使い手・正義(山本耕史)と再会。正義は東京に来て、尾崎豊の「15の夜」に感銘を受ける。もう30歳にも関わらず、「大人にはなりたくない、信じたくない」と言って中学生と一緒にいた。守は、正義と一緒にいた中学生ヤンキー・武智(鈴木福)に倒され負ける。
勝平は山にこもっている間に中学生カップルの仲をとりもち、告白の決意をして大学へ向かう。
しかしその日、ハルが堀田先輩に告白すると知りまた落ち込む勝平。
ハルが告白する前に自分の気持ちを伝えようと駅に向かう勝平だったが、途中で、正義たちが「夜の校舎窓ガラス壊して回って」いるのを見つけ、放っておけず、守と一緒にそれをやめさせた。
駅に着くとハルは「もう終電終わっちゃったよ…」と言いながら泣きだした。

3巻ネタバレ

カラオケで「ウルトラソウル」を何回も歌い、ハルの笑顔を見られほっとする勝平。
2人は朝まで一緒にいた。勝平は「好きな人いるの?」とハルに聞かれ、何も答えられず告白のチャンスを逃す。
啓太の部屋に戻ると守と正義がいた。啓太はバイトに出かけていった。
啓太がエロDVDを入れっぱなしにしていてそれを各自が1人で観たいため試行錯誤して闘うも、結局啓太がそれを取りに戻って戦いは終わる。
大学で堀田から声をかけられ彼女を紹介され、敵意むき出しになる勝平。その後ハルと付き合ってくれたら嬉しいと応援され、堀田に好感を持つ。
勝平は「wills」というおしゃれなカフェにハルが行きたがっていたことを聞き、啓太と下見に行く。ハルと来た時、常連に見せたいため、店員と仲良くなろうとするも怖がられて空回りする。
その後大学でハルと食事に行くことになり「wills」に行く?と誘ってみるもお金が580円しかないことに気付く。結局ハルがラーメンをおごってくれた。これではダメだと勝平はバイトを探すことを決める。
そんな中、鳳翔流の使い手・俊也があちこちでラーメンを無銭飲食しているという情報が入る。正義と勝平は探すも、俊也は太っていて気づかない。結局3人で決闘になり勝平が勝利。また啓太の家に終末の戦士が1人増えた。
勝平は啓太の紹介で寿司屋のバイトを始める。修行を積み、やっと握った寿司をハルに食べてもらおうとするも、ハルは女子たちと回転寿司にいっていた。
大学では岩崎というみんなからブスと言われる女子を助け、彼女に惚れられる勝平。岩崎のアプローチを見てハルは複雑な気持ちになる。

4巻ネタバレ

ある日、勝平は告白を決意し、ハルを食事に誘うが岩崎もついてきてしまう。
私が告白してるのに他の子を誘うなんて!と怒る岩崎。だが、どうしても彼女の巨乳の谷間を見ると断れなくなる勝平。決心をしハルを先に帰し、岩崎の告白を断ろうとするも谷間を見てしまい、「冬まで待ってくれ」と返事を延ばしてしまうのだった。
大学のメンバーでキャンプに行くことになる勝平。
そこで守が美麗にそっくりな岩崎に一目ぼれし、岩崎も守を好きになる。
ハルと2人きりになり告白をするチャンスをうかがうもなかなか難しい。山で新井とハルが話しているのを聞く勝平。ハルがいつも勝平の話をするので、「もしかしてペイくんのこと好きなんじゃない?」と新井がハルに言う。それを隠れて聞いていた勝平は両想いだと舞い上がる。しかし、その後ハルと2人になった時、岩崎とのことを「応援するね。勝平くんは私の大切な友達だから」と言われてしまい撃沈。
正義はいつものように中学でたむろしていると、玉井先生から注意される。
正義は玉井のことが好きで告白しようとするも、子供ができて結婚すると聞かされフラれる。
勝平は堀田先輩から「今は友達としてお互いのことを知りながら愛を育むのもいい」とアドバイスを受け、それを意識して好きなのがバレないようにと行動し始める。しかしケータイを購入し、ハルとメールのやりとりをする。返事がないと「何かあったかもしれない」と見に行こうとする勝平を止める啓太。深夜までメールを待ち続け、「寝てるんです!」と啓太に言われる。
ある日、岩崎と付き合い始め「女」を知った守は、街でハルを見かける。
そして、最強と言われた終末の戦士で「無戒殺風拳・龍咆流(りゅうほうりゅう)」の使い手・英雄(小澤征悦)がハルを電信柱の陰から見つめているのを見つけた。

5巻ネタバレ

英雄は東京に来て、そのオーラから誰かを助けようとてを差し伸べても「殺される…」と常に怖がられた。島に帰りたいと思っていた時、海辺でボールが飛んできてそれを返すとその女性は笑顔で「ありがとうございます」と言った。
それがハルとの出会いで英雄は彼女に一目ぼれした。
一方勝平はハルと2人で動物園に出かける。
テレビでカジュアルな下ネタを言っている人を見て、それが面白くて好かれると思い込んだ勝平は、ハルにそれらしきことを言うも、下ネタと分かってもらえなかった。パンダの交尾を見てようやくハルが「パンダがあんなことしてるよ」と笑ながら言ったので、少し扉が開きかける。帰りの電車でカップルがキスしているのを指さして「ほら人間がこんなことしてるよ」と指さして言う勝平に、恥ずかしがるハルだった。
ある日、啓太から家にいる終末の戦士たちを、しばらくの時間来させないで欲しいと頼まれる勝平。家に新井が遊びに来るのだ。勝平は出かけると言いながら、かけてあるバッグの中に入りチャックから顔を出した。啓太に先を越されるのが怖かったのだ。告白しそうになったところでバックから足が飛び出し、新井にも勝平がいることがバレて告白はなくなった。
守は英雄が自分と同じように、戦士が必要な世にしてやると考えていたらヤバイと考え英雄を必死に探していた。岩崎とハルがバイトしているおしゃれな店に行くと、なんとそこには、戦士の気配を消した英雄がバイトしていた。声をかけるが、英雄はしらばっくれる。それでも食い下がる守は店の外で英雄に店のそとでボコボコにされる。英雄は「俺はもう終末の戦士ではない。ただ1人の女性の英雄になれれば。勝平に伝えておけ。俺の方が山瀬と仲がいいと」と守に言った。
勝平はすぐにハルの店に食事に行く。
そして英雄とお互いに聞こえるようにハルにしゃべりかけどちらが仲いいかを競い合った。この後ハルと英雄が映画に行くと言うので、ついていく勝平。その映画を師範が一番前の席で見ていた。

6巻ネタバレ

映画の帰り、3人で居酒屋へ行く。英雄がハルに対し素晴らしい気遣いを見せるのに対し、勝平は映画も寝ていたし、話題についていけず、汚れた皿を取り皿として渡したり、ビールを飲んでるそばからついだり、空回りした。
ハルを終電で送りタクシーで2人で帰った。英雄はハルといろんな場所にいったり遊んでいる勝平に対し「友達としては負けた。だが俺は彼女の英雄(ヒーロー)になる。」1か月後ハルの誕生日に告白すると言って去って行った。
ある日、新井にハルとのことを相談している最中「本人に話してみたら?ペイくんがハルのこと好きってこと」と言われた瞬間、後ろにハルがいてそれを聞いていた。自分の気持ちがバレたと勝平は焦って、啓太にも同じことをしてしまう。新井をファミレスに呼び出し、啓太と話しながら「話してみたら啓太が新井を好きってこと」と本人がくるタイミングで言った。すると新井は「ないっつーの!」と言い、啓太はあっさりフラれてしまった。勝平は啓太に謝るも啓太は激怒。
今まで甘えていたと啓太の家を出ると決める勝平。
しかし啓太は自分で告白し、ちゃんとフラれてスッキリし、勝平を許した。
今度は自分が告白する番だと意気込む勝平のところに英雄が来る。
ハルを誕生日に食事に誘うが断られた英雄は勝平の仕業だと怒って闘いになる。ハルは誕生日は女子会で寿司を食べにいくだけだったのに。英雄と勝平はお互いを殴り合った状態で力尽きた。英雄は誕生日の1週間前にハルと食事に行き告白すると言って去って行った。
勝平はすぐにでもハルに告白しようとするが、英雄がハルに刺激を与えたくないと啓太の家に見張りに来る。そこで2人はハルについて話し意気投合。2週間後の英雄の告白の後、ハルが1人で店から出てきたら英雄がフラれたことになるので、そこで告白するよう英雄に言われる。
いよいよ告白当日、英雄は告白するが、店から出た来たのはハル1人だった。
そこで勝平が告白しようとしたとき、トラックがぶつかりそうになる。ハルを守り、トラックの下敷きになる勝平。
トラックに轢かれたまま「ずっと好きでした。これからもずっと好きです。俺の彼女になってください。」とついに告白した。ハルは涙を流した。「勝平くんは私のヒーローだと思った。でも今は友達に囲まれて楽しく過ごしてる。だからごめんなさい。勝平くんの彼女にはなれないよ。」そうハルは泣きながら言った。

「俺は山瀬のことを好きになれて幸せだった。」
「勝平くん。これからも友達でいてくれる?」
「もちろん。次は笑顔で会おう」

そう言って手を振って去っていく勝平。
その後勝平は、顔が涙でぐちゃぐちゃになりながら走った。1週間後、ハルは誕生日に勝平が握る寿司をバイト先に食べに来た。

4月になり、みんなで花見をする勝平達。
ハルと勝平は時々メールするくらいの仲になっていた。
勝平は、ハルが男性と手をつないで歩いているのが見えた気がした。急いで追いかけようとすると、師範にぶつかりそうになる。
勝平が「あっ」と言った瞬間、隕石が地球にぶつかってくる。それは、終末の戦士と師範がそろった瞬間だった。

読者が映画化に歓喜!その理由とは?

筆者が原作を読み終えた感想として、声を出して笑ってしまう場面が何度かありました!
漫画を読んで声を出して笑ったのは久しぶりです。
筆者のお気に入り場面は、
学校の窓ガラスを割る正義に、勝平が「どうして夜の校舎窓ガラス壊して回ってるんだ?」と何回も言うところです。正義が「15の夜」を前に熱唱し、歌詞に忠実に生きててそれを勝平が突っ込んでいるところが笑ってしまいました。

読者からも面白い!映画が楽しみ!という感想が多数あります。

上記のツイートでもあるように、あの「デトロイト・メタル・シティ」の原作者・若松さんの作品ということで、読者からの期待はとても高いようですね。
筆者も、映画館で【デトロイト・メタル・シティ】を見た時、爆笑し続けた記憶があります。
【KAPPEI カッペイ】も映画館でたくさん笑えることを楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました