映画【レジェンド&バタフライ】あらすじ・ネタバレ!「タイタニック」を思い出すシーンとは?

レジェンドネタバレトップ

出典:映画【レジェンド&バタフライ】公式HP

2023年1月27日(金)に公開された、映画【レジェンド&バタフライ】。
織田信長を演じた木村拓哉さんと共演した伊藤英明さんが、11月に行われた「ぎふ信長まつり」に登場し、大きな話題となりました。

信長まつり行きたかったー!信長と濃姫の話が楽しみ!

タイタニックを思い出すシーンがあるらしいよ!

本記事では、映画【レジェンド&バタフライ】のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

映画【レジェンド&バタフライ】の概要

映画『レジェンド&バタフライ』本予告【2023年1月27日(金)公開】

監督・脚本

監督は、大河ドラマ『秀吉』や『龍馬伝』の大友啓史さん。
脚本は、放送中の大河ドラマ『どうする家康』も担当する古沢良太さんです。

東映70周年記念作品として総製作費20億円を投じて製作されました。
織田信長と濃姫、政略結婚で出会った2人が対立しながらも、やがて強い絆で結ばれ、天下統一という夢に向かっていく姿を描きます。

登場人物

「魔王」と恐れられた武将・織田信長:木村拓哉
信長の正室で政略結婚で結ばれるが男勝り・濃姫/ 帰蝶:綾瀬はるか
濃姫の侍従で、信長の仕官・福富平太郎貞家:伊藤英明
濃が幼い頃より見守り支える、濃姫の筆頭侍女・各務野:中谷美紀
濃姫の父親で美濃の戦国大名・斎藤道三:北大路欣也

本能寺で謀反を起こす、織田五大将の一人・明智光秀:宮沢氷魚
信長の側近で信長の小姓・森蘭丸:市川染五郎
信長の下で数々の功績をあげた織田五大将の一人・木下藤吉郎/ 豊臣秀吉:音尾琢真
信長から安土城に招かれ饗応を受ける・徳川家康:斎藤工
織田五大将の一人で鉄砲の名手・滝川一益:増田修一朗
織田五大将の一人で魔王となっていく信長に戸惑いながらも支える・丹羽長秀:橋本じゅん
織田五大将の一人で家中随一の猛将・柴田勝家:池内万作
信長幼少期の筆頭家老・林秀貞:本田大輔
織田家の部将で「退き佐久間」と言われる・佐久間信盛:浜田学
織田家の部将で槍の名手・森可成:武田幸三
小姓で信長に「犬」と呼ばれている・前田犬千代 / 前田利家:和田正人
小姓で幼少期から信長に仕える・池田勝三郎 / 池田恒興:高橋努
小姓で気性が荒い・長谷川橋介:レイニ
馬廻で信長の親衛隊・黒母衣衆の一人・蜂屋頼隆:野中隆光
濃姫の侍女・すみ:森田想
信長の父・織田信秀:本田博太郎
信長の側室で信長との子を授かる・生駒吉乃:見上愛
信長の教育係・平手政秀:尾美としのり
映画【レジェンド&バタフライ】キャストと相関図!木村拓哉との絆!伊藤英明が涙した理由は?
出典:映画【レジェンド&バタフライ】公式HP2023年1月27日(金)に映画【レジェンド&バタフライ】が公開されます。主演は木村拓哉さんで、織田信長を演じ、妻の濃姫を綾瀬はるかさんが演じます。また、伊藤英明さん、中谷美紀さん、宮沢氷魚さん、...

映画【レジェンド&バタフライ】のあらすじ・ネタバレ!

レジェンドネタバレ

出典:映画【レジェンド&バタフライ】公式HP

ここからは映画【レジェンド&バタフライ】のあらすじを整理していきます!
(※ネタバレ注意!)

政略結婚

政略結婚で結ばれた、格好ばかりの織田信長(木村拓哉)と密かに信長暗殺を目論む・濃姫(綾瀬はるか)は、全く気が合わない水と油の関係。
初日にはとっくみあいの喧嘩をしてしまう。

山で鳥を取る対決をするが、濃姫が圧勝する。
その際、信長が崖から落ちそうになり、濃姫が助ける。
海を見て、濃姫は異国に行きたいと信長に語った。

ある日、濃姫の祖国で内乱が起こり父・斎藤道三(北大路欣也)が命を落とす。
信長は父を助けようと向かうつもりだったが間に合わなかった。
濃姫の筆頭侍女・各務野(中谷美紀)は濃姫を抱きしめるが、自身の存在意義を失い自害しようとする彼女に、信長は妻として生きるよう諭す。

近づく2人

そんな信長もまた、大軍に攻められ窮地に立たされた時、濃姫だけには弱音を吐く。
自暴自棄になる彼を濃姫は鼓舞し、二人は桶狭間の激戦を奇跡的に勝ち抜く。
これをきっかけに芽生えた絆は更に強くなり、いつしか天下統一が二人の夢となる。
尾張、美濃を制し、強くなっていく信長。

笑顔の2人

ある日、城下町に降りた2人。
信長は濃姫にかえるの置物を買ってあげる。
歩いて行くと、南蛮人がたくさんいて楽器を弾き、ダンスをしていた。
信長と濃姫も笑顔で踊った。

金平糖も買った信長だが、スリにあってしまい取った子供を追いかける。
するとそこはお金のない人たちが集まる場所で、取り囲まれた信長と濃姫は闘う。
なんとか逃げた小屋で、信長が取り返した金平糖を差し出すと、濃姫は彼にキスし2人は結ばれた。
その後、戦が続く中、妊娠した濃姫が流産する。
子はまた作ればいいという信長に言い返す濃姫だが、信長が戦でそれどころではなかった。

魔王となった信長

信長は「人」から非情な「魔王」へと変貌していった。
本当の信長を知る濃姫は、彼を引き止めようと心を砕くが、信長は聞く耳を持たず、ついに濃姫は城を出て行ってしまう。
7年後、福富平太郎貞家(伊藤英明)が濃姫が病気で倒れたことを知らせに来る。
急いで信長は向かうが、濃姫は拒絶する。
しかし、信長は一緒に安土城へきてそばにいて欲しいと頼み込み、濃姫は帰ってきた。
やっと素直になり一緒にいることになった2人。
しかし、濃姫は体調が悪く寝たきりになる。

明智の思い

戦に対してやる気がなくなっていく信長に、明智光秀(宮沢氷魚)はもどかしさを感じる。
徳川家康(斎藤工)を食事に招いた際、明智の提案で、自分は強いと見せつけるため明智を痛めつけた。しかし家康はそれを演技と見抜く。

そんな中、信長は「本能寺」へ行くことに。
戦はこれで終わりと決め、濃姫に自分が戻ったら誰も知らない外国へ行こうと約束する。
信長は、濃姫が枕元に置いていたかえるの置物を持ち、代わりに異国の弦楽器・リュートを置いていった。こういうのは濃姫の方が上手だから練習しておくようにと笑った。

本能寺での夢

本能寺で眠っていた信長のもとに、謀反を起こした明智の軍勢が攻め込む。
森蘭丸(市川染五郎)と共に戦うが、蘭丸は目の前で殺される。
寺には火も放たれ、信長は奥の部屋に逃げ込む。

そこで胸の中にあったかえるの置物を出し、すると床下が開いた。
床下から馬で逃げ、城に戻った信長は、濃姫を連れて船で外国へ向かう。
船の上で笑いあう2人。
濃姫のお腹は膨らんでいて赤ちゃんがいた。

ふと目が覚めると手にあったかえるの置物はなく、現実に戻る信長。
ずっと好いていた。とつぶやき、自ら刀で首を切り倒れた。
一方、濃姫もリュートを弾いていたが、力尽き、それを抱え座った状態で亡くなっていた。
濃姫はうっすら微笑んでいた。
2人は同じ夢を見ていたのかもしれない。

「タイタニック」を思い出すシーンとは?

公開日の今日、朝イチで観てきました!
2時間48分という長さを感じさせない内容で、キムタクの笑顔がどんどんなくなって魔王になっていくところは、信長そのものを生きている感じがしました。
ただの歴史映画じゃなく、信長と濃姫のラブストーリーになっていて新鮮で素晴らしい内容でした。

その中で、ある有名映画を思い出すシーンがありました。
最後の夢のシーンです。
2人で外国に行くため船に乗るが、船に水が入ってきて、ここで2人とも死んでしまうのかと思った直後に、笑顔の2人が帆先に立って「タイタニック」状態になりました。
信長が後ろから濃姫を愛おしそうに見つめる顔が印象的でした。
水が入ってきたり、帆先で信長が濃姫を後ろから抱きしめたり、完全に「タイタニック」と思ったのは私だけではなくTwitterでも同じ意見がありました。
みなさんもぜひ映画館でこのラブストーリーを見て欲しいです!

原作ネタバレはこちらから

【レジェンド&バタフライ】原作ネタバレ!信長と濃姫の愛に涙する読者多数!
出典:映画【レジェンド&バタフライ】公式HP2023年1月27日(金)に映画【レジェンド&バタフライ】が公開されました。織田信長を演じた木村拓哉さんは、多数のバラエティ番組などに出演され、ニュースでもたくさん話題になっています。岐阜県では、...

タイトルとURLをコピーしました