【MCUフェイズ4相関図】各作品の繋がりを解説!

ホワット・イフ…?ウォッチャー
© 2021 Disney and its related entities

MCUフェイズ4も2021年1月に『ワンダヴィジョン』で幕を開けて以降、様々な作品が公開されています。
そんな中、より複雑化しているフェイズ4の各作品が、次はどの作品に繋がって行くのか…
わかりやすく解説するとともに、相関図にしてお届け!
現在判明している繋がりを持つ作品を、徹底解説!

ADVERTISEMENT

MCUフェイズ4

MCUフェイズ4は、2021年1月15日にディズニー・プラスで配信がスタートした『ワンダヴィジョン』で幕を開けています。
フェイズ1〜3では、各個別のキャラクターたちを中心に描きながらも、インフィニティ・ストーンをひとつの鍵としそれぞれの作品で描き、『アベンジャーズ/インフィニティ・ストーン』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でそれらを集結させ大きなストーリーを形成させました。
延べ22作品にも渡る、壮大なストーリーが観客たちの度肝を抜いていたのです。
しかしこの様相が、フェイズ4でも行われるかと思いきや…
全く異なる展開を魅せ、マーベルのあらたな挑戦がフェイズ4の醍醐味にもなっています。
フェイズ4の特徴としては、それぞれにストーリーがあり、全く異なる展開を魅せているのです。
フェイズ1〜3のインフィニティ・サーガでは、ひとつの大きなストーリーが進んでいったのに対して、フェイズ4では、いくつものストーリーが展開しマルチな物語を形成しています。
例えば、フェイズ4では大きな鍵となるのはマルチバースと言われていますが、全ての作品でマルチバースを扱っているのではなく、ごくわずかで、マルチバースを描かない作品ではまた違った展開を魅せているのです。
その詳細を、下記項目にて詳しく解説していきましょう!
いよいよ、相関図の登場です。

MCUフェイズ4の相関図!

まず、このフェイズ4において1番重要なのは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』からどの位の時間が経過しているのか…
現在(2021年9月6日時点)では、フェイズ4作品も6作品が公開済みのため、その重要度は薄れつつありますが、『ブラックウィドウ』と『ホワット・イフ…?』は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』以前のストーリーが描かれています。
『ワンダヴィジョン』でフューチャーされていたのは、サノスとの戦いで最愛の人ヴィジョンを失ったワンダ。
これを主軸に様々なストーリーの分かれ道が発生しています。
まず、S.W.O.R.Dという組織。
この組織に所属していたモニカ・ランボー。
これは、キャプテン・マーベルの続編に当たる『ザ・マーベルズ』で再登場がアナウンス済み。
しかし、『ワンダヴィジョン』の主人公でもあるワンダが登場する次の作品は、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』。
さらには、ホワイトヴィジョンの行方も気になるポイントですが、次回登場作品はまだ、明かされていません。
この様に、ひとつの作品から幾つものタイトルへと繋がりを魅せ、インフィニティ・サーガの様に一つにまとまって行くとは到底思えない枝分かれが、このフェイズ4の特徴ともいうべきもの。
現時点の最新作、9月3日公開の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』でも、次回登場作品は明かされなかったものの、テン・リングスは再び帰ってくることが示唆されていました。
果たして、フェイズ4はサノスに変わる新たな敵が現れるのか…
もしくは、マルチバースでさらに複雑化して行くのか…
まるで予想がつかない展開になっているのです。

フェイズ4の繋がりを解説!

改めて、ここまでで判明しているMCUフェイズ4のそれぞれの作品について、解説していきます。
項目は、公開済みの作品を中心に行っていくので、改めて見直してみるとまた面白いかも!?

『ワンダヴィジョン』

『ワンダヴィジョン』から繋がる作品、現時点で判明しているのは、前述した通り『ザ・マーベルズ』と『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』。
この他にも、S.W.O.R.Dやヴィジョンの再登場も気になるところです。
さらにはカット・デニングスが演じたダーシー・ルイスも、すでに他作品への撮影をすでに済ましているとの一報もあり、再登場が予定されています。
『ワンダヴィジョン』では、覚醒がテーマでもあり、ワンダがスカーレット・ウィッチへと覚醒。
これまでは、『キャプテン・マーベル』で初登場したモニカが成長し、大人になってワンダのヘックスパワーで覚醒。
新たなヒーローになる予感を、感じさせていました。
事実、原作ではモニカ・ランボーは2代目キャプテン・マーベル。
MCUでも、今後その様に描かれていくことでしょう。
ワンダは、ラストでダークホールドを覗いて子供たちの危機を感じていました。
『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』ではその後ワンダがどうなったのか…その展開が明らかになるかもしれません。

キャラクター次回登場予定作品公開日
ワンダ・マキシモフドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス2022年3月25日全米公開
モニカ・ランボーザ・マーベルズ2022年11月11日全米公開

ファルコン&ウィンター・ソルジャー

『ファルコン&ウィンターソルジャー』に登場するキャラクターたち、彼らはまだ次回登場作品は明らかになっていません。
とりあえず、言えることは『キャプテン・アメリカ』の4作目の製作が決定しており、その主役は2代目となったサム・ウィルソンを中心に描くということ。
この『ファルコン&ウィンターソルジャー』では、フェイズ4の主題とも言えるマルチバースに、全くと言っても関与しておらず、今後どのように他のヒーローたちと絡んでいくのか…
その展開が全く見えないのも、ひとつの特徴です。
しかし、最終話で現れた謎の女性は『ブラック・ウィドウ』にも登場しており、何やら暗躍し怪しい動きを見せています。
その他にも、シャロン・カーターはパワーブローカーとして裏の顔を持ちながら、アメリカ政府に復帰することに。
スーパーヒーローというよりも、よりクライム寄りなダークな展開を見せています。
もしかすると、この状況に似た展開になると予想されるのが『ホークアイ』なので、もしかすると『ファルコン&ウィンターソルジャー』に登場した誰かしらが出てくる可能性もあるでしょう。

キャラクター次回登場予定作品公開日
サム&バッキーキャプテン・アメリカ4作目??

ロキ

『ロキ』で注目するのは、本格的にマルチバースという概念が形成されたこと。
神聖時間軸というものが明らかになり、在り続ける者 / カーンがそれを守っていたことも明らかになりました。
現在、『ロキ』はシーズン2があることが発表され、ロキ、またはこの作品で登場したほとんどのキャラクターは、そこで再登場を果たすでしょう。
しかし、この作品はマルチバースという概念をもMCUに持ち込んでおり、今後の作品で多くはこの『ロキ』で語られたマルチバースの概念をベースに展開していくものと見られています。

キャラクター次回登場予定作品公開日
ロキロキ/シーズン2??
マルチバース複数作品ーー

ブラック・ウィドウ

2021年7月8日に公開した『ブラック・ウィドウ』は、フェイズ4の中でも珍しい『アベンジャーズ/エンドゲーム』以前のストーリーを描いたものになります。
本作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で犠牲になったMCUでも随意位置の人気を誇るスカ世は演じるナターシャ・ロマノフを主人公に据えた単独作品。
すでに亡くなっているキャラクターということもあり、物語はフェイズ3の1作目となる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後のストーリーとなっています。
今後、フェイズ4に大きく関わってくるのは、ナターシャの妹分であるエレーナ。
すでに、『ホークアイ』への出演が確定情報として報じられており、エンドクレジットシーンでも描かれています。
しかしエレーナはヒーローとかではなく、きな臭い『ファルコン&ウィンターソルジャー』で登場した謎の女性に雇われており、もしかすると悪役での再登場を匂わしていました。
果たしてどんな展開を迎えるのか…
それはおそらく、『ホークアイ』で明らかとなることでしょう。

キャラクター次回登場予定作品公開日
エレーナホークアイ2021年11月24日
ナターシャ?????

ホワット・イフ…?

『ホワット・イフ…?』では、『ロキ』で明らかになったマルチバースを主軸にした作品。
マルチバースとは、どういうものなのか。
これまでのMCUで描かれてきた神聖時間軸ではない、他の時間軸のストーリーを描くアニメ作品、それが『ホワット・イフ…?』です。
第1話では、キャプテン・アメリカとしてスティーブに打つはずだった超人血清を、エージェント・カーターに打つストーリーが展開。
これまでは、マルチバースを紹介するただの企画ものであると見られていた本作品。
しかし、この『ホワット・イフ…?』で生まれたマルチバースのキャラクターが今後、実写で登場するのでは?
とも言われており、1話たりとも見逃せない展開になっています。
現在、この『ホワット・イフ…?』は公開前の時点でシーズン2への更新が発表済みです。

シャン・チー/テン・リングスの伝説

2021年9月3日に公開したばかりのMCU初のアジアンヒーローを描いた作品、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。
この作品では、シャン・チーとは言わずにテン・リングスが再登場を果たすことが示唆されています。
ネタバレになってしまうので、多くは明かせませんがミッド・クレジットシーンにて次の展開への伏線が張られています。
これが、マルチバースと関係があるのか…
もしくは、また更なるストーリーが展開していくのか…
全く、予想がつかない展開になっています。
ちなみに、ウォンは『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』の予告編に登場していますが、おそらくカメオ出演程度のものになるのでは?
と、予想されます。
おそらくウォンは、このテン・リングス関係の事象を追い、ストレンジとは別行動をしている可能性が高そうです。
今後、この作品から再登場となるのは、テン・リングス。
テン・リングスを受け継いだ、シャン・チーとその相棒ケイティ・チェン。
さらには、組織としてのテン・リングスを受け継いだシャン・チーの妹シャーリンは、今後のMCUでも更なる展開を迎えそうです。
現状としては次回作品は明らかにされていないので、その三人全てをひっくるめて、テン・リングスにしておきます。

キャラクター次回登場予定作品公開日
テン・リングス?????
ウォンスパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム2022年3月25日全米公開

まとめ

以上、現時点で公開済みの作品で今後の展開が判明している繋がりを紹介してきました。
今後、更なる新情報が明らかになり次第、どんどん追加していく予定なのでお楽しみに!
新たなMCU作品が公開されたタイミングで、またチェックしてにきてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました