映画【ミスト】のラストを徹底考察!結末に隠されたスティーヴン・キングの皮肉とは

『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』『シャイニング』。名作映画の原作作家として名高いスティーヴン・キング。『IT』や『キャリー』などリメイクやオマージュ作品も数多く、根強い人気を誇りつつ一方ではハッキリとした結末を描かない手法でも有名です。中でも『ミスト』は2007年の公開以降バッドエンドの代表として映画ファンの心を掴んでいます。今回は『ミスト』のあらすじと衝撃的なラストの意味を考察します。(以下ネタバレ含みます)

基本情報

  • 監督 フランク・ダラボン
  • キャスト トーマス・ジェーン,マーシャ・ゲイ・ハーデン,ローリー・ホールデン
  • 公開 2007年
ADVERTISEMENT

映画【ミスト】のあらすじ1~嵐から怪物襲撃まで~

スーパーの画像

出典:大人のためのエンターテイメントメディアBiBi

アメリカの田舎町を嵐が襲う。翌日、壊れた家の修繕道具と材料を買い出しにデヴィッド(トーマス・ジェーン)と息子・ビリーは、隣人ノートンとともに車でスーパーマーケットへ向かった。食料や日用品の備蓄を求めてにぎわう店内に、町の住人ダンが鼻血を流しながら店内に転がり込む。ダンから話を聞いているあいだに建物全体を濃霧が覆い、地震が発生。化学工場や軍の基地での事故、ハルマゲドンなど買い物客たちのあいだで様々な思惑が錯綜する。ひとりの女性が自宅に残してきた子どもの安否を確認しに同行者を募るが、名乗り出るものはなくひとり店を出ていく。

映画【ミスト】のあらすじ2~怪物襲撃からスーパー脱出まで~

ノームがさらわれる画像

出典:エンタメブリッジ

デヴィッドは新任教師アマンダ(ローリー・ホールデン)にビリーをまかせ店内の捜索を開始するが、一緒に見回っていた店員・ノームを倉庫のシャッターから入り込んだ巨大な触手に攫われてしまう。異常事態を全員に説明するデヴィッドたちだったが、説明に懐疑的なノートンたちは店を出、信心深い女性カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は神の怒りとして聞き入れない。やがて日が暮れ、暗くなると店内の灯りに引き寄せられ巨大な羽虫が飛来、その羽虫のあと追ってきた翼竜型の怪物が店内に侵入。ひとりふたりと増えていく犠牲者。負傷者の手当てのため危険を冒しつつ隣接するドラッグストアに潜入したデヴィッドたちだったが、雲の糸で柱に固定された憲兵を発見。ドラッグストア内の怪物に襲われながらスーパーに戻ると、買い物として店にいた兵士2人が自殺しているのだった。

映画【ミスト】のあらすじ3~スーパー脱出からラストシーンまで~

キャロルの画像

出典:Tetolic

残った兵士のジェサップが、噂で耳にした『異次元の存在』『軍が行っていた異次元の観察』について告白すると、事態をあくまで神の怒りとするカーモディと彼女を信奉する客たちがジェサップを生贄として店から追放。さらなる生贄としてビリーを差し出すよう強硬手段に出たカーモディを店員のオリーが射殺。助けを求めて乗ってきた車で南へ向かうデヴィッドたちだったが、スーパーの駐車場でオリー、マイロン、コーネルが怪物の犠牲に、そしてスーパーを出発したデヴィッドたちもガソリンが底をつき、アマンダ、ビリー、ダン、アイリーンが望んで銃弾に倒れた。弾丸が切れ怪物に殺される道を選んだデヴィッドの前に、霧の中から軍の戦車と護送車が現れる。護送車にはいちばんにスーパーから出て行った女性が乗っていた。

パニック映画にありがちな設定は観ている人の安心を誘う

3人の画像

出典:エンタメブリッジ

屈強で正義感溢れる男性(と子ども)サポート役の女性(もしくは妻)という構図はミストのみならず、この手の映画には定番の設定。抵抗勢力に人種(有色人種のノートン)や思想・宗教(カーモディ)が絡むのも洋画にはよくあることです。マーケットやモールなどで事件が起こるのも非常にありがち。それだけアメリカの田舎町は広いということかもしれません。ゾンビやクリーチャー、自然災害によって群衆がパニックに巻き込まれる様子を描くためには人が集まる場所がうってつけ。このあたりは違和感なく観ていられます。

映画と原作ではラストシーンが違う

キングの画像

出典:シネマトゥデイ

実は小説のミストと映画はラストが違います。スーパーを出発後、原作では深夜のモーテルで眠る少年の横で手記を記しています。流しているラジオから「ホープ」という町に人が避難しているという情報を得て終わります。実は、映画版のラストはフランク・ダラボン監督のオリジナル。原作者のキングも「誰しもがポリアンナ・エンディングを望んでいるわけではない」と映画版のラストを称賛しています。このラストシーンがOKならキューブリックがメガホンを取った『シャイニング』も同じだと思うのですが、原作者であるキングはなぜかこちらは気に入らなかったようです。

残された謎『アローヘッド計画』

ジェサップの画像

出典:大人のためのエンターテイメントメディアBiBi

キング原作の映画は、すべての伏線を回収せず終わることが多々あります。ミストの中でも、軍が異次元を観察していたという噂がアローヘッド計画を示唆していることはわかりましたが、その計画自体が何なのかは明かされていません。

ラストシーンのデヴィッドは【ミスト】に関わった人すべての叫びを代弁している

まとめの画像

出典:Netflix日本非公認ファンブログ

原作小説のミストではホープ(=希望)という町の存在を示して終わっていますが、これは当初『ホープという町の名前は書き殴られているため読みことができない』という設定にしていたものをファンからの抗議で書き換えたもの。つまりキング自身も、もともとはバッドエンド を望んでいたのです。一方、映画版ミストを観た人の陰鬱はラストシーンのデヴィッドに近いものがあるでしょう。軍によって救助された女性のように早々にスーパーを出るか、もしくはもう少し留まっていればビリーたちを死なせずに済んだのですから。そう考えると、ただのバッドエンド ではないとても深い作品だということが分かります。

タイトルとURLをコピーしました