【マイ・ダディ】原作ネタバレ!ムロツヨシの娘になりたい人殺到!その理由とは?

マイダディ原作トップ

出典:映画【マイ・ダディ】公式HP

ムロツヨシさんの初主演映画【マイ・ダディ】が2021年9月23日(木・祝)に公開されます。
家族愛の物語で、ムロツヨシさんの亡くなった妻役は奈緒さん。娘役には、本格演技が初めてとなる中田乃愛さんが抜擢されました。

女性

このポスターの写真見るだけで泣ける…

本記事では、【マイ・ダディ】の原作ネタバレ、ムロツヨシさんの娘になりたい人が殺到している理由について書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【マイ・ダディ】の概要

監督金井純一
脚本及川真実・金井純一
主題歌カーリングシトーンズ
「それは愛なんだぜ!」

キャスト

マイダディ原作キャスト

出典:映画【マイ・ダディ】公式HP

  • 主人公で牧師・御堂一男(みどう かずお):ムロツヨシ
  • 一男の妻・御堂江津子(みどう えつこ):奈緒
  • 一男と江津子の娘・御堂ひかり(みどう ひかり):中田乃愛
  • ストリートミュージシャン・ヒロ:毎熊克哉
  • 一男が訪れる食堂の店員・橋本久美子(はしもと くみこ):臼田あさ美
  • ひかりの担当医・青木雄一郎(あおき ゆういちろう):徳井健太(平成ノブシコブシ)
  • 一男がアルバイトするガソリンスタンドの店長・米山靖之(よねやま やすゆき):永野宗典
  • 教会に来るホームレス・チューさん:光石研
映画【マイ・ダディ】キャストと相関図!ムロツヨシと寺岡呼人が一緒に試写…号泣の理由は?
出典:映画【マイ・ダディ】公式HP 2021年9月23日(木・祝)に映画【マイ・ダディ】が公開されます。 主人公を演じるのは意外にも今作が映画初主演となる、ムロツヨシさん。その娘役は、オーディションで選ばれた、新人女優・中田乃愛さん...

あらすじ

マイダディ原作あらすじ

出典:映画【マイ・ダディ】公式HP

御堂一男(ムロツヨシ)は中学生になる娘・ひかり(中田乃愛)との2人暮らしだ。妻の江津子(奈緒)は8年前に事故で亡くなっている。一男は小さな教会で牧師をし、ガソリンスタンドでもアルバイトしながら娘と幸せな日々を送っていた。しかし、あるひ突然ひかりが倒れ医師の青木(徳井健太)からは「白血病」であること、さらにひかりが実の娘ではないことを告げられる。
ショックで混乱する一男だが、ひかりの骨髄移植を成功させるため、本当の父親を探す。
父親は見つかるのか…?
ひかりの命は助かるのか…?

【マイ・ダディ】原作ネタバレ!

牧師とガソリンスタンド

御堂一男(ムロツヨシ)は中学生の娘のひかり(中田乃愛)との2人暮らし。教会の牧師とガソリンスタンドのアルバイトで生計を立てている。
今日はクリスマスイブ。バイトを入れられてしまい、店長・米山(永野宗典)からは娘までバイトに勧誘されそうになる。クリスマスイブ礼拝があるため、急いで自宅兼教会へ向かう。ひかりからは〈友達とカラオケとボウリングに行くから遅くなる〉とLINEが来ていた。帰る途中で、「神父!」と声をかけられる。ガード下のホームレス・チューさん(光石研)だ。「神父じゃありません。牧師です」と答える一男。このやりとりは何百回としている流れだ。チューさんは神様は信じていないが一男がいい人だから教会に来ている。そして、ひかりと友人たちが雑誌を買ってくれたと喜んでいた。

ひかりが倒れる

自宅に着くと後からひかりが帰ってくる。帰りが遅いとちょっと言い合いになる。イースターとクリスマスはひかりが礼拝を手伝う約束なのだ。
ひかりは8年前に亡くなった母親、つまり一男の妻・江津子(奈緒)の写真に手を組む。隣には江津子の遺品で、一男の絵が描かれたイースターエッグが置いてある。
その後教会ではひかりの上手なオルガンの演奏で礼拝が始まる。
顔馴染みの信徒たちが集まっている。その中に1人見慣れない男の子を見つける一男。そしてややウケした一男の説教が終わり、それぞれお礼を言いながら帰る信徒たち。最後に先ほどの男の子が来た。ひかりと同じ中学で友達だと言う。名前はウエハラと言った。
その直後、教会でドサッと大きな物音がした。ひかりが椅子の隙間に倒れていた。
ウエハラが救急車を急いで呼んだ。

「白血病」発症

「白血病?」
病院で医師の青木(徳井健太)からそう告げられる。一男は自分の耳を疑った。
そして青木から抗がん剤治療とそれが効かなければ骨髄移植が必要になると説明を受ける。それもあまり頭に入ってこない。病気については、一男からひかりに説明することにした。
病室ではひかりと上原が楽しげに話している。そこへ一男が入ると上原は帰り、ひかりは少し残念そうだ。そして一男が白血病のことを告げるとひかりは、「私まだ14だよ?やりたいことまだたくさんあるのになんでこんなひどい目にあわなくちゃいけないの?」と泣いた。しかし、「神様は耐えられない試練は与えないんだよね?だったら受けて立つよ。耐えて見せる」と言った。
ひかりが入院して1か月。抗がん剤の副作用でひかりは痩せ衰え、髪も抜けた。細菌を防ぐためクリーンルームと呼ばれる病室で闘病していた。

ちくわカレー

バイト先では店長が新人の一ノ瀬仁という若者を紹介してきた。
24歳店長の甥っ子だ。彼に仕事を教えるよう頼まれるが、車の洗い方を教えようとするもやる気がない。さらに、牧師とガソリンスタンドでバイトしていることを馬鹿にしてきた。こういうこと慣れている一男はさらっと流した。

半月に1度教会で行われる炊き出しの日がきた。
ひかりがクラスメイトたちにお願いしていて、みんなが手伝ってくれた。今日は「ちくわカレー」だ。ひかりの母である江津子の得意料理だ。そして炊き出しが終わり手伝ってくれた5人にもカレーをふるまう一男。ひかりのクラスメイトの七海が、ひかりがちくわカレーはお母さんの得意料理と言っていたことを思いだす。そして5人の携帯にひかりから〈イースターのころには退院出来たらいいのにな。そんときはみんなうちの教会に来てね〉とLINEがくる。そしてオルガンはピアノが得意な豪が手伝うことになった。

一男と江津子の出会い

15年前のこと。
夜の街でキャリーバッグを引きずる江津子。
仕事を終え、自宅に帰ると同棲相手のヒロ(毎熊克哉)が女を連れ込みベッドにいた。江津子は思わず持っていた買い物袋を投げつける。そしてピンクのキャリーバッグを取り出し中にあるヒロの自主製作のCDやチラシを出し、自分の荷物を入れて部屋から飛び出した。しかし悔しくなって部屋に戻り、「このクズ野郎!」と怒鳴ってから部屋を出た。
初めて彼と会ったのは去年の冬。路上でキーボードの弾き語りをしていたヒロに江津子は一目ぼれ。江津子から声をかけ、一緒にラーメンを食べ、その日のうちにラブホに直行した。そして一緒に住むためヒロのために部屋を借り、CDの製作費なども出した。またヒロは、自分はおたふくのせいで子供ができなくなったと言ってコンドームをせずにセックスしていた。
両親を早くに亡くし、友達もいない江津子は行き場がない。とにかくヒロから離れたくて電車を乗り継いでたどり着いたのがこの町だ。ホテルもなく困っているところに一男の教会を見つけ、〈どなたでもご自由にお入りください〉と書いてあったので入り、礼拝堂で眠ってしまう。
翌日の朝、目が覚めると一男がいた。「どこか行く当てはおありなんですか?」と聞かれ、「とくには決まっていなくて」と答えると、朝食に誘われる。一男は明日がイースターなので卵が食べきれないほどあると言う。そして江津子は準備を手伝い、2人でイースターエッグを作った。そして江津子がフレンチトーストも作り一男はそれを喜んで食べた。江津子は、一男の顔を描いたイースターエッグも作った。それから1週間ほど部屋が決まるまで、江津子が一緒に住むことになった。

退院と絶望

病院ではひかりの退院が決まる。入院してから9か月が経っていた。
医師の青木からもぎらいの言葉をかけられる一男。骨髄適合検査の結果は一男とひかりは一致しなかったことも聞く。すると近くにいた研修医が「血のつながりがなければ適合しないのは当然です。お子さんは奥さんの連れ子さんなんでしょう?」と言った。一男は何を言っているのかさっぱり分からない。青木が研修医を叱り、一男と椅子に座り改めて話す。「実は御堂さんと娘さんのあいだに親子関係が確認できなかったのです。」一男は「ぼくはひかりの父親です。出産にも立ち会いました。」と言うが、混乱し前のめりに倒れそうになる。「御堂さん、しっかりしてください。」と青木に支えられた。
一男は江津子から早産だったと伝えられていた。血液型も合っていたし、ひかりが自分の子じゃないなんて疑ったことはなかった。しかし出会ったイースターの日の直前まで、江津子がどう暮らしていたかは全く知らない。結婚式にも新婦側の参列者はゼロだった。

ひかりは家に帰ると「やっぱり落ち着くー!」と嬉しそうだ。すぐに江津子の写真に手を合わせる。一男はイースターエッグを手に取り、出会ったころを思い出す。その時、15年必死に気を付けていたのに、それを割ってしまう。

チューさんの過去

それから数日後、バイト先のガソリンスタンドにチューさんが来て、一緒に飲もうと誘われる。実はひかりから最近父が元気がないから元気づけてほしいと頼まれたと言うチューさん。そしてけっこう酒を飲んだ一男。
そしてチューさんの過去を聞く。彼は昔フリーのカメラマンだった。20代前半に結婚して家族もいた。仕事ばかりで家族を省みることはなかったが妻は許してくれた。しかし家族を東日本大震災で失ってしまう。それからやる気をなくし仕事もやめてしまった。「家族をもっと大事にしてやればよかったと亡くしてから気づいた」と言うチューさん。一男も同じだった。ひかりの白血病が再発した時のために、本当の父親を探すべきだが自分の中で踏ん切りがつがず行動を起こせないでいる。モヤモヤしつつもバイト先やひかりの前では元気にふるまった。
ひかりの容態はよかった。15歳の誕生日を無事に迎え、クリスマスイブ礼拝でもオルガンを弾いてくれたし、受験勉強も進めている。

本当の父親探し

一男はひかりの父親を探すと決心し、長崎探偵事務所を訪ねる。
長崎は申込書を見て、一男が妻の浮気調査をしようとしている。さらに娘が自分の子か確認したいと思っていると当てた。そして「奥さんが墓場まで持って行った秘密を暴くのはどうかと思いますが」とも言う。一男が聖書のエゼキエル書の言葉を言うと「それって『パルプ・フィクション』で殺し屋役のサミュエルがひとを殺すときに言った台詞ですよね?」と言う長崎。この映画は一男も好きで「ジョン・トラボルタのダンスを踊ることができます。」と言った。長崎がこの映画を好きなことを知り、彼を気に入って依頼することにした。
長崎から「奥さんが生前、娘が一男の子ではないことを知っていたのでは?」と聞かれる。そんなはずはないと答える一男だが、1つ思い出すことがあった。
江津子が事故で亡くなる直前「一男くん聞いて。あたしあなたに謝らなければいけないことが…。」と電話の向こうで泣きじゃくっていたのだ。そして手がかりとなりそうな、江津子のピンクのキャリーバッグを長崎と自宅に取りに行くことになった。

ひかりの悪夢

ひかりは昔から繰り返し嫌な夢をよく見る。
幼稚園のころ着ぐるみのウサギから風船を2個もらい、「おとうさんにあげるの」とお母さんに言う。そして2人で歩道橋の階段を上ると自分と同い年くらいの女の子が下りてきて、後から30歳前後の男が下りてくる。お母さんは「忘れ物しちゃったからここで待っていて。」と言い、その男の人を追いかけ、何か言い争っていた。お母さんの家では聞いたことない甲高い声にひかりはびっくりする。その男は二やついていて、悪魔だとひかりは思った。そして一緒にいた女の子が近づいてきて、その子は自分に似ていた。そして悪魔はその子を抱き上げどこかへ行ってしまう。お母さんはひかりを抱きしめ、「ごめんね。ひかり、ほんとにごめん」と泣いている。

そして目が覚めるといつも嫌な気持ちを引きずる。今朝もそうだった。
ひかりは、昨日受験した高校の合格発表があり、上原と同じ高校に通うことが決まった。
その日の学校で、上原のサッカー部の練習を見学し、2人になったところでひかりは彼に告白をする。そして2人は付き合うことになった。帰ろうとしたとき、ひかりはまた倒れてしまう。

再発とドナー探し

クリーンルームで目が覚めると一男と青木が入ってくる。白血病が再発したのだ。
青木は前回より手強い状況で、骨髄移植が必要だと言う。ひかりは神様を恨むような発言をし、一男がそれを叱った。ひかりは布団に潜り込み震えあがった。
ひかりが再発し1か月たつだが、まだドナーは見つからない。一男は骨髄提供のお願いのチラシを作り、あちこちで配った。ひかりの友達や、炊き出しに来る信徒たちも手伝ってくれた。
そこへ長崎から電話が入る。「あともう少しです」と言う長崎へ、ひかりの病気のことを初めて伝え、急ぐよう頼む一男。そして、DNA鑑定のためにひかりのへその緒を渡した。
チラシ配りをしていると一ノ瀬がやって来た。一男の熱心な働きを見て、自分も骨髄バンクに登録したと言う。そして、「今度教会に行ってもいいですか?」と言ってチラシ配りも手伝ってくれた。

一男は日曜礼拝のため、掃除機をかけながら考えた。
江津子と暮らした数年間は夢のようだった。江津子を愛していたし江津子に愛されていると思っていた。でもちがっていた。あれは嘘で固められたものだったのか。江津子が眠っていた椅子を強く叩き、涙を流す。自分の中の荒ぶった感情をどう晴らしていいのか分からなかった。
そこへ上原と豪がやってくる。豪はいつもオルガンを弾いてくれていたが、これからは高校の部活に専念するためできないと相談してきた。上原は怒っていたが、一男はそれを承諾する。その後の礼拝の途中で長崎から電話が鳴った。

決定的事実

ついにひかりの本当の父親が見つかったのだ。
江津子のコートからCDプレスの領収書が出てきたのでその会社に行き、そこからジャケットデザインの会社を紹介してもらった。その会社の人から当時のCDジャケットを見せてもらうと、その中にHIROというミュージシャンの曲で「エツコマイラブ」という歌詞が何度も出てくるものがあった。また、スタッフの欄に江津子の名前があった。そしてミクシィをやっていたヒロは、「結婚し、彼女の実家の定食屋を継ぐことになった」と載せていた。その住所と写真も。
長崎は、最近撮ってきたヒロの写真を見せながら、調査報告を続ける。ヒロは橋本広志という名前で、定食屋の奥と2階に、義母と妻の久美子(臼田あさ美)と娘の4人で暮らしている。長崎は広志のDNAを手に入れるため、待ち伏せし彼を殴った。そしてハンカチを貸してその血液で検査をした。
その結果、ひかりと広志の親子関係が証明された。

最低な要求

一男は広志の定食屋に行く。ひかりとよく似た女の子が迎えてくれた。
その子の名前は萌奈といい、広志の娘だ。メニューに「ちくわカレー」があり、どんなものか質問すると妻らしき女性が、「具がちくわでカレーに出汁が入っているからちょっと和風の味わいになっています。もともと主人の得意料理で常連さんに出したら好評だったのでメニューに加えたんです」と言った。一男は違う。得意だったのは江津子だ。と思いながらもそれを注文。味は江津子が作ったのと同じだった。一男は涙を慌ててぬぐった。
広志が店から出てきたところを待ち伏せし、一男は彼に状況を説明し、骨髄検査をお願いする。しかし広志は「300万円」と金を要求してきた。この男は悪魔なのか。と思う一男だった。

病院のベッドではひかりが上原から送られてくるサッカーの動画を見て笑っている。そして一男は「今度上原くんにもお見舞いに来てもらおう」と言う。上原はひかりの命の恩人だからだ。
そしてひかりは自分がいつも見る嫌な夢の話を一男にする。一男はそれを聞いて、夢じゃなく本当に起こった出来事ではないかと思った。
動画を見ながらひかりは泣きだした。「お父さん、私生きて大人になりたい。死にたくない」一男は「死なせない。お父さんが絶対に死なせない」と言った。
バイト先でお金を前借りする一男だが全く300万には足りない。そして一ノ瀬がそれを知って、30万を渡してきた。「バイトでためたお金だけど、続けられたのは御堂さんのおかげだからそのお礼です。まじリスペクトしてるんです。結婚したら御堂さんみたいな父親になります。」と言った。

広志から電話があり、定食屋の近くで待ち合わせることになった一男。しかしその日は上原がお見舞いに来る日だった。2人きりがいいだろうと思い、ひかりに〈用事ができていけなくなった。上原くんがきてもはしゃぎすぎないように〉とLINEした。
待ち合わせ場所に行くと、すぐに広志は金を要求してきた。そこへ妻の久美子が現れ一男に300万円を要求していたことを知る。広志が走って逃げ、それを「ざけんなこらぁ」と追いかける久美子。定食屋で一男は久美子にすべてを話した。そして久美子は「検査を受けさせます」と約束してくれる。そこへ青木先生から電話が入る。何があったのか聞くと、「(ひかりが)いないんです。病院を抜け出したんですよ」と青木は言った。

ひかりと上原のデート

ひかりは一男からLINEがきた瞬間、病院を抜け出すことにした。
上原には外出許可が出たと嘘をつき外で待ち合わせした。ひかりの19時までに帰ればいいという言葉を上原は信じた。駅前で待ち合わせし、カラオケとボウリングに行くことにした。そしてデートを邪魔されたくないからと、今はお互いに携帯の電源を切る。近所では誰かに会うといけないので少し離れたアウトレットモールに行くことにした。そこにはカラオケもボウリングもある。バス停からアウトレットモールまでは歩道橋を渡らなければいけない。そこはひかりがいつも夢に見る場所だった。やっぱり来た事あるんだと確信するひかり。デートはとても楽しかった。まだ帰りたくないひかりは近くの公園で休みたいと言う。そこのベンチに座っていると、20歳前後の男たちに絡まれてしまう。しかしそこで探偵の長崎に助けられる。一男に2人を見守るよう頼まれていたのだ。

父への疑惑

久美子と広志が病院に来て検査が行われ、広志の骨髄をひかりに移植することになった。骨髄移植では自己血貯血というものを行う。何回かに分けて骨髄液を採取するのだ。自己血貯血に来ていた久美子が一男に声をかけ、「遅くなり申し訳ありません。」と謝罪する。そして「江津子さんが部屋を出てきた時一緒にいたのは私です。江津子さんの言うとおり、アイツはクズ野郎だった。」と言った。
一男が6階に向かうとなぜか広志とひかりが話している。とっさに隠れた。「ありがとう。助かったよ」と広志は言った。2人が離れてから一男は広志に話を聞くと、携帯を忘れ5階にいったつもりの広志が、迷っていたのでひかりが声をかけた。そしてここは6階ということを教えてくれたのだと言った。
ひかりから「さっきの人だれか知っている?」と聞かれ一男は知らないふりをした。ひかりはどこかで会った気がするというが「いろいろ考えない方がいい」と一男は言った。ひかりは「『パルプ・フィクション』のジョン・トラボルタのダンスを踊って見せてほしい」と言うが、一男は「お前が退院したら見せてやる」と約束した。自分を助けてくれた長崎が探偵だと言うことを知り、父が何か依頼したのではないかと疑っていたが、それも「ドナーを探すためだ」となんとか交わした。

病院の帰り、チューさんに会いに行く一男。ひかりにバレた時どう対応したらいいのか悩みを打ち明ける。チューさんは「いままでがっちり親子やってきたんだから血のつながりなんてきにするこっちゃねえさ。ひかりちゃんだってそうに決まってる。ひかりちゃんを信じろ。」と言ってくれた。そしてカメラマンを再開したチューさんに、2人の写真を撮ってもらうこともお願いした。

父を救う娘の言葉

骨髄移植の当日。ひかりが病室から出てこないと青木が困っていて、一男が中に入り説得する。
「お父さん私に隠していることあるよね?ドナーってだれ?」
「教えられるわけないだろそういう決まりなんだからさ」
「話してくれないなら移植は受けない」
「あの日(江津子が事故に会った日)の朝、幼稚園へ行く途中、お母さんお父さんに嫌われちゃうかも、悪いことをしてしまったのよ。って言ったんだ。だから私今日はお父さんにちくわカレーを作ってあげようって言ったの」
一男は自分にも電話があったと話す。
「お母さんが謝ろうとしたことお父さんは心当たりあるの?」
「そのときはなかった」
「いまはあるんだ」
ひかりは息を整えてから自分の結論を話す。
「私はお父さんの子ではないってこと」
ひかりは今日もあの夢を見た。だけど悪魔の顔が先日病院で会った広志だった。それにその人は病院で会った時に「うちの娘にそっくりだ」と言った。それでひかりは確信した。5階で自己血貯血していたんじゃないかと。
一男は観念した。
「おまえの言う通りあの人がドナーでひかりのほんとの父親だ」
ひかりは否定してほしかったのか戸惑った表情を見せる。
「もしお母さんが生きていてその話をしたら許していた?」
「そんなの分からない。事実を知った時、お母さんは僕を愛していなかったんじゃないか?僕たちの幸せは嘘で固められていたとさえ思った。お父さんが話すのが遅かった。悪かった。お父さんはひかりにただ生きてほしいだけなんだ。だからもう行こう。な?」
「絶対に嫌。私ちゃんと知ってるから。お母さんはお父さんを愛していた。嘘で固められていたなんてそんなはずない。お母さんと一緒だった日々をちゃんと思い出さなきゃだめだよ。お母さんがかわいそう」
「僕は江津子を愛していた。江津子も僕を愛していた。」一男は自分に言い聞かせるように言った。
「思い出した?お父さん?」
「ひかり、ぼくと江津子の間に産まれてきてくれてありがとう。だから生きてくれ。生きて幸せになるんだ」
そこへ青木がノックをしてきた。「行きます」と答え準備をし車いすを押そうとした一男にひかりが言った。
「お父さん、私のお父さんはお父さんだけだよ」
その言葉が一男の胸に染みて涙がこぼれそうになる。それがばれないようにひかりの頭を抱き寄せた。

親子3人の絆

ひかりの骨髄移植は成功し、無事退院する。日常生活に支障はない。明日のイースターで久しぶりにオルガンを披露することになっている。ガラケーに、ひかりが小さいころに親子3人で『パルプ・フィクション』のジョン・トラボルタのダンスを踊っている動画を見つけ、それをテレビにつなぎ、ひかりと見る。そして約束通り2人はダンスを踊った。そこには笑顔の江津子の姿も見えた。
そうだ。これが人生だ。

ムロツヨシの娘になりたい人殺到!その理由とは?

映画の公式ホームページでは、現在レビューの投稿キャンペーンをやっています。
そこでは、「ムロさん私のダディになってほしい」「ムロさんの娘になりたいと思う日々」などのコメントがありました。
ムロツヨシさんご自身も「父の役というより、父になりきった」とおっしゃっていましたし、それが小説からもすごく伝わってきました。
娘の白血病、自分の実の娘ではないという事実、妻への疑い、いろんな思いを抱えた一男をひかりの「私ちゃんと知ってるから。お母さんはお父さんを愛していた。嘘で固められていたなんてそんなはずない。お母さんと一緒だった日々をちゃんと思い出さなきゃだめだよ。お母さんがかわいそう」という言葉が救ってくれる。
その場面では筆者も泣きました。
どんな苦難にも、もがきながら立ち向かい、娘を守るために辛い事実と向き合う。そんな姿に筆者も、ムロさんが父親だったらいいのになーと本当に思いました。
映画館でも確実に泣けると思うので、今から楽しみにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました