映画【前科者】作品解説!あらすじ、キャスト、ドラマについて

前科者アイキャッチ
引用元:https://zenkamono-movie.jp/

映画『前科者』は、2022年1月28日に公開する、ヒューマンドラマ作品。
WOWOWでドラマ化された、漫画原作の実写化作品です。
受刑者や犯罪を犯した人が、保護観察処分や執行猶予、仮釈放中に後世の手助けを行うことを任務とした保護司の女性を主人公にしたストーリー。
人間の奥深くの真理を描き、生きる事を改めて考えさせてくれるような作品です。
そんな映画『前科者』について、解説します。

ADVERTISEMENT

映画『前科者』について

映画『前科者』は、保護司の女性、阿川佳代を主人公とした、有村架純主演のヒューマンドラマ。
原作を香川まさひと、作画は月島冬二の2人による漫画作品。
連載誌は、ビッグコミックオリジナル。
WOWOWにて2021年11月20日から放送された連続ドラマで、全6回となる。
3人の候補者とのエピソードを、前後編で描く。
映画では、ドラマ版から2年後のストーリーとなる。
ドラマ版では、原作にあるストーリーを着想に描かれていましたが、映画では完全オリジナルストーリー。
ドラマでは描ききれなかった、阿川佳代の過去も明らかになる、重要な物語は必見!
ドラマ版キャストが続投し、主演の有村架純、緑として存在感を発揮していた石橋静河なども再登場を果たします。
映画では新たな対象者となる、森田剛が演じる工藤誠が物語の鍵を握る。
阿川佳代と工藤誠、さらには幼馴染の刑事など、ドラマ以上に大きなスケールが注目となる、映画『前科者』です。

ドラマ版『前科者』Amazonプライム・ビデオで見逃し配信中!

ドラマ『前科者』はPrime Videoで全6話、配信中!

映画『前科者』のキャスト

映画『前科者』のキャスト一覧。
ドラマ版でもお馴染みだった保護観察館やみどりなども、再登場を果たします。
しかしそれ以上に、映画らしくスケールアップした豪華なキャスト陣にも注目です!

阿川佳代:有村架純
主人公、コンビニの店員の傍、保護司を務める、得意料理は牛丼。

滝本真司:磯村勇斗
佳代の幼馴染み。現職の刑事。

鈴木充:マキタスポーツ
滝本とタッグを組む先輩刑事。

斉藤みどり:石橋静河
佳代の初めての担当した候補者。友情関係にある。

高松直治:北村有起哉
保護監察官。佳代に候補者の担当を依頼するとともに、適切なアドバイスを送る。

松山友樹:宇野祥平
佳代が働くコンビニの店長。割といい加減。

工藤誠:森田剛
佳代が担当する対象者。職場でのいじめにより殺人を犯す。

遠山史雄:リリー・フランキー
工藤誠の父親。

宮口エマ:木村多江
弁護士。

映画『前科者』のあらすじ

映画『前科者』のあらすじを紹介!
映画では、ドラマ版の2年後が舞台になります。
ドラマで描かれていたのは、主人公阿川佳代が初めて保護司としての任務をする様が描かれていました。
映画では、そんな阿川佳代が経験を摘み、どの様に変化していったのかにも注目したいところ。
以下より、映画のあらすじを掲載します。

コンビニに勤める傍ら、阿川佳代はもうひとつ仕事を持っていた。
それが非常勤の国家公務員の保護司という仕事だ。
受刑者など、保護観察の対象者となった者が社会に出て更生するための支援や手助けを行い、人に寄り添う。
しかし保護司という仕事は、基本的にボランティアであるため、報酬などは一切ない。
佳代に、新たな候補者の担当になる。
工藤誠。
職場のいじめに耐えきれず、人を殺してしまい殺人罪で投獄。
仮釈放の期間、佳代が支援することに。
しかし工藤誠は、保護観察期間終了直前、佳代の前に現れず、忽然と姿を消す。
それが最悪の事態を引き起こすことになる…

映画『前科者』のドラマ版

映画『前科者』は、WOWOWにて放映されていたドラマ版を経た物語となります。
ドラマから2年後となるストーリーで、有村架純演じる阿川佳代の成長した姿は映画の見どころの一つです。
そんな阿川佳代の、保護司としての初仕事となる最初の候補者、映画にも登場する石橋静河が演じる斉藤みどり含め3人のケースを描く全6話。
ドラマを観なくても映画版は楽しめますが、ドラマ版を観ればより楽しめる様になっています。
映画に興味を抱いた人は、是非ともドラマ版も鑑賞してみてください。
映画『前科者』は、2022年1月28日に劇場公開がスタートです。

タイトルとURLをコピーしました