【2021年最新版】Netflixオリジナルのオススメ映画45選!劇場公開作品にも負けない名作揃い!

31.隔たる世界の2人

・原題:Two Distant Strangers
・監督:トレイヴォン・フリー、マーティン・デズモンド・ロー
・脚本:トレイヴォン・フリー
・出演:ジョーイ・バッドアス、アンドリュー・ハワード、ザリア・シモン
・公開:2021年4月9日
・時間:32分
・製作:アメリカ

濃密な30分間!タイムループで、人種差別に考えさせられる!

第93回アカデミー賞において、短編映画賞を獲得したNETFLIXで独占配信されている作品『隔たる世界の2人』。
監督の1人、トレイヴォン・フリーがジョージ・フロイドの死を受けて描いた脚本で、世界中で問題視されている黒人への人種差別をベースに物語が展開する。
あまりにもショッキングな映像が冒頭から展開するが、そこから一転、まさかのタイムループが繰り返され、物語にのめり込む展開はとても秀逸です。
そして、ラストに加減サプライズな結末は、必見!
たった30分弱の短編作品ですがとても見応えがあり、アカデミー賞を取ったのも納得と感じさせる短編映画です!
エンドロールで、ジョージ・フロイド氏以外の被害者も一覧で明記されており、思っていた以上に人種差別による死は多いことを痛感させる社会派的な側面も持っています。

32.マ・レイニーのブラックボトム

・原題:Ma Rainey’s Black Bottom
・監督:ジョージ・C・ウルフ
・脚本:ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
・出演:ヴィオラ・デイヴィス、チャドウィック・ボーズマン、グリン・ターマン、コールマン・ドミンゴ
・公開:2020年12月18日
・時間:94分
・製作:アメリカ

アカデミー賞を獲った衣装やメイク、時代背景に注目!

過去にアカデミー賞の受賞経験がある、今最も評価の高い黒人女優ともされるヴィオラ・デイヴィスが主演となる『マ・レイニーのブラックボトム』。
主演であるマ・レイニー役のヴィオラ・デイヴィスに加えて、チャドウィック・ボースマンらもアカデミー賞にノミネートを果たし、高い評価を獲得。
惜しくも主要部門での受賞は逃すも1920年代を時代背景に描いた作品で、衣装デザインなどで受賞。
映画を見るとそれも納得で、見事な時代背景を再現していました。
物語は、ブルースの歌手、マ・レイニーとそのバックバンドがレコーディングをする時に起きた一悶着を描いた作品。
まだ人種分離政策が行われている時代、その中で生きる黒人の覚悟や心情を繊細に描くも、昔ながらの会話メインな、イカしたブラック・ムービーに仕上がっています。

33.ラブ&モンスターズ

・原題:Love and Monsters
・監督:マイケル・マシューズ
・脚本:ブライアン・ダッフィールド、マシュー・ロビンソン
・出演:ディラン・オブライエン、マイケル・ルーカー、アリアナ・グリーンブラット、ジェシカ・ヘンウィック
・公開:2021年4月14日
・時間:109分
・製作:アメリカ

愛が男を成長させる!?

『メイズ・ランナー』シリーズの主人公、トーマス役を務めたディラン・オブライエンが本作『ラブ&モンスターズ』でも主演を務めた作品。
何かに追われ、冒険をする役のどハマりするディラン・オブライエンの魅力がたっぷりな、恋愛冒険ファンタジーとなる本作。
ヒロインはNETFLIXのマーベル作品『アイアン・フィスト』で注目を集めた、ジェシカ・ヘンウィック。
アジアをルーツにもつ、イギリス人女優です。
ストーリーは、『クワイエット・プレイス』の様な、モンスターが突如現れ、地球は彼らに支配されてしまったという様な展開。
ですが、この『ラブ&モンスターズ』では、このモンスターたちは、宇宙から飛来した何かに感染して突然変異となった地球上の生物。
そこから、生き残った人間たちは地下へと潜り、かろうじて生き延びていたという展開。
主人公のジョエルは、冴えない男性。
その地下シェルターでは、ジョエル以外はみんなカップルになっており、肩身の狭い想いをしている。
そんなジョエルには、こんな世界になる前に付き合っていた女性がいた。
その女性は、エイミー。
ある時、通信でエイミーの所存を確認でき、危険な道をたった1人で乗り越えていく、という冒険ファンタジーが主軸となる作品。
その危険な道のりで出会う人や相棒、成長を遂げていくジョエル、胸熱な冒険映画です。

34.密航者

・原題:Stowaway
・監督:ジョー・ペナ
・脚本:ジョー・ペナ、ライアン・モリソン
・出演:アナ・ケンドリック、ダニエル・デイ・キム、シャミア・アンダーソン、トニ・コレット
・公開:2021年4月22日
・時間:116分
・製作:アメリカ・ドイツ

本格SF作品、圧倒的窮地の中、下した選択とは!?

映画『密航者』は、アメリカとドイツの共同製作となる本格SF作品です。
アナ・ケンドリック、ダニエル・デイ・キムと実力派俳優が集い、登場人物はたった4人となる演技は作品。
宇宙飛行士の3人は、火星移住の鍵となる人類にとって非常に重要なミッションに挑む!
日本では『宇宙兄弟』などで詳細に描かれている通り、宇宙に出るというミッションは、長年かけてクルーと共にあらゆる状況下に対応した訓練を、習得するまで行います。
そんな長いミッションをこなした3人は、家族と同様に命を掛けるだけの存在になっている、ということを念頭にみると、この映画がどれだけ大変な出来事なのかを理解できることでしょう。
そんな3人での宇宙航行中、よきせぬトラブルに見舞われます。
それが、なんと…
見知らぬ男性が1人紛れ込んでいた!というもの。
これがどんなにイレギュラーなのか…
そして、どんな顛末になっていくのか…
すぐに引き込まれていく、人間ドラマに息をのむ作品です。

35.ホムンクルス

・原題:HOMUNCULUS
・監督:清水崇
・脚本:内藤瑛亮、松久育紀、清水崇
・出演:綾野剛、成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽
・公開:2021年4月22日
・時間:115分
・製作:日本

綾野剛主演の人気漫画を実写映画化!

「殺し屋イチ」などの作者、山本英夫の漫画作品の実写映画化となる『ホムンクルス』。
厳密に言えば、本作はNETFLIXオリジナルではないですが、限定公開を劇場で迎えたのち、NETFLIXにて全世界独占配信となっています。
綾野剛と成田凌、演技にのめり込む2人の俳優がガッツリタッグを組んだ本作は、少しオカルト要素もあるストーリーで、頭蓋骨に穴を開けると脳の圧迫が解放され、本来10%も使っていない人間の脳の本来の力を引き出せる様になるという展開。
主人公名越 進は、記憶喪失ながらにお金がありつつもホームレス生活をしているという謎に包まれた人物。
そんな人物に近寄る1人の謎の男、トレパネーションという方法を使って人体実験を行う。
すると、名越の身に少しづつ変化が訪れ始める…
どことなく、デヴィッド・フィンチャーの名作映画『セブン』の様な雰囲気も香る、ナイスな良作ミステリー作品に仕上がっています。

36.ロストガールズ

・原題:Lost Girls
・監督:リズ・ガーバス
・脚本:マイケル・ワーウィー
・出演:エイミー・ライアン、トーマサイン・マッケンジー、ガブリエル・バーン、ウーナ・ローレンス
・公開:2020年3月13日
・時間:95分
・製作:アメリカ

職業格差を明らかにした衝撃の事件!

2020年に3月にNetflixで配信がスタートされた伝記映画『ロストガールズ』。
2014年に発表されたノンフィクションを題材にしている作品で、この事件は実在に起きたものを描いています。
2010年に行方不明となっていた24歳の女性の母親が、自身の娘の創作を警察に願うも、娼婦という職業であるため、真剣に取り扱ってくれなかったという、ある失踪事件を描いたミステリー作品。
主人公は、その母親となり演じたのは、エイミー・ライアン。
ベン・アフレックの監督デビュー作となる『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で、高い評価を獲得している実力派の1人。
そんなエイミー・ライアンが、職業差別を行う怠惰な警察組織に対して戦う、強い母ちゃんを熱演していて、目を疑う衝撃のラストは必見の1作!

37.オキシジェン

・原題:OXYGEN
・監督:アレクサンドル・アジャ
・脚本:Christie LeBlanc
・出演:メラニー・ロラン
・公開:2021年5月12日
・時間:101分
・製作:アメリカ・フランス

フランス版『リミット』!?

フランスとアメリカが共同制作として作られた心理スリラー映画『オキシジェン』。
クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』でハリウッドデビューを飾った、メラニー・ロラン主演のミステリー・スリラー作品。
かつて、ライアン・レイノルズが主演したスペイン映画『リミット』のSF版とも言える本作『オキシジェン』は、医療ポッドに閉じ込められた女性が記憶障害に陥り、タイムリミット(ポッドの空気残量)までに今のこの状況を理解し、忘れてしまった記憶を取り戻せるのか…
というストーリー。
緊迫感と制限の中で、スリリングに展開していく様は一瞬たりとも目が離せない作品です。
メラニー・ロランのほぼ一人芝居となる、圧巻のパフォーマンスにも注目!

38.ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

・原題:The Woman in the Window
・監督:ジョー・ライト
・脚本:トレイシー・レッツ
・出演:エイミー・アダムス、ジュリアン・ムーア、ゲイリー・オールドマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンソニー・マッキー、ワイアット・ラッセル
・公開:2021年5月14日
・時間:100分
・製作:アメリカ

エイミー・アダムス他豪華キャストが揃うミステリー作品!

2021年5月中旬に、NETFLIXで配信がスタートしているミステリー映画『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』。
そのタイトル通り、女性が窓を覗いている時に起きた隣人の事件が題材となるストーリー。
主演はエイミー・アダムスが務め、豪華キャストが連ねているのも特徴のひとつ。
登場人物の中から犯人を推理していく、いわゆる典型的なミステリー作品。
エイミー・アダムスの他には、ジュリアン・ムーアにゲイリー・オールドマンら実力派ベテラン俳優の他に、アンソニー・マッキーとワイアット・ラッセルの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』コンビも参戦。
これら主要の登場人物の中から、事件の犯人を突き止めていく、近年稀に見る本格的で重厚な推理ミステリー。
見応えたっぷりで、おすすめな1作!

39.#生きている

・原題:#Alive
・監督:チョ・イルヒョン
・脚本:チョ・イルヒョン、マット・ネイラー
・出演:ユ・アイン、パク・シネ
・公開:2020年9月8日
・時間:99分
・製作:韓国

韓国産ゾンビ映画に外れなし!

2020年に公開された、韓国産ゾンビ映画『#生きている』。
今の時代を見事に切り取ったゾンビ映画と言える、韓国らしい作品。
やはり韓国でゾンビといえば、すでに成功例がある『新感染 ファイナル・エクスプレス』同様に迫力のあるゾンビパニックが見応えのある作品。
とはいえ、よくあるゾンビ映画のような作品ではなく、しっかり新しいものに仕立て上げているのも素晴らしい内容。
冒頭でいきなり世界が一変し、ゾンビだらけの世界でどう生き残っていくのか…というのが主題で、前半と後半で大きく展開も異なっていくのが、とても見易く仕上がっています。
ホラーが苦手という人でも、十分に楽しめるゾンビ・スペクタクルで、映画好きには必聴の1作と言える作品です。

40.アーミー・オブ・ザ・デッド

・原題:Army of the Dead
・監督:ザック・スナイダー
・脚本:シェイ・ハッテン、ザック・スナイダー、ジョビー・ハロルド
・出演:デイヴ・バウティスタ、エラ・パーネル、アナ・デ・ラ・レゲラ、ギャレット・ディラハント
・公開:2021年5月21日
・時間:148分
・製作:アメリカ

圧巻のゾンビ・スペクタクル!

『ドーン・オブ・ザ・デッド』以来となるゾンビ映画に挑戦した、DC映画でお馴染みのザック・スナイダー監督のNETFLIXオリジナル映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』。
デイヴ・バウティスタが主演を務め、ゾンビ王国と化したラスベガスから大金をかすめてくるという、非常にわかりやすいゾンビ・アクション映画です。
凄腕の傭兵が、仲間を集めて、ゾンビの巣窟に突っ込んでいく様はスリリングでもあり、ハラハラ感もあるまさしくハリウッドな1作。
さらには、見事な伏線の配し方にそのハラハラ感はより一層高まって、高揚感に変わっていく展開はさすがの一言。
真田広之も出演していて、ハリウッドでしっかりポジションを築いている重要な役どころも必見!
この映画の最大の見どころとも言えるのが、ゾンビたちの迫力。
このゾンビたちは単純に、これまでのただ人を喰らう存在だけではないところも大きな見どころです。
今後、アニメで続編などが製作されることも決定している注目作!

41.ザ・サイレンス 闇のハンター

・原題:The Silence
・監督:ジョン・R・レオネッティ
・脚本:ケアリー・ヴァン・ダイク、シェーン・ヴァン・ダイク
・出演:スタンリー・トゥッチ、キーナン・シプカ、ミランダ・オットー、ジョン・コーベット
・公開:2019年4月10日
・時間:90分
・製作:アメリカ・ドイツ

音を立てたら…!!

スタンリー・トゥッチ主演のスリラー映画で、2018年の『クワイエット・プレイス』で新たなジャンルが確立された、サイレンス・ホラーがベースとなる作品。
音に反応する怪物に襲われる世界で、主人公の家族がどう立ち向かっていくのか…
生き残りのサバイバル・ホラーで、スタンリー・トゥッチの魅力が最大の見どころ。
ただ、この映画は言ってしまえば良くも悪くもB級作品といった感じ。
ただ、こういった戦う父ちゃんは、近年ではドウェイン・ジョンソンが演じていそうな役どころで、スタンリー・トゥッチだからこそ感じられる、違った魅力もたくさんある作品です。

42.ファザーフッド

・原題:Fatherhood
・監督:ポール・ワイツ
・脚本:ダナ・スティーブンス
・出演:ケヴィン・ハート、アルフレ・ウッダード、リル・レル・ハウリー
・公開:2021年6月18日
・時間:109分
・製作:アメリカ

傷心のシングルファザーの奮闘記!

『ジュマンジ』の新シリーズなどでお馴染みのケヴィン・ハート主演のコメディ映画で、2021年6月にNETFLIXでの独占配信がスタートした作品。
ケヴィン・ハートの大袈裟なアメリカらしいコメディと思いきや、内容はとってもシリアスで凄く考えさせられ、共感も出来る良作に仕上がっています。
ストーリーは、いい加減な男性ながらも妻を愛し、もうすぐパパになるマシューが主人公。
しかし出産で母親は亡くなってしまい、いい加減な男性マシューが1人で子育てをすることに。
周囲は、そんなマシューに子育ては出来ないと判断するも…
亡き母親で、愛する妻の為にも、1人子育てに奮闘する様を、ケヴィン・ハートがシリアスかつコミカルに、絶妙なバランスで演じたことで、心が温まるハートフルなコメディに仕上がっています。

43.オハナ

・原題:Finding ‘Ohana
・監督:ジュード・ウェン
・脚本:クリスティナ・ストレイン
・出演:ケア・ペアフー、アレックス・アイオノ、リンジー・ワトソン、オーウェン・ヴァカーロ
・公開:2021年1月29日
・時間:123分
・製作:アメリカ

ハワイを題材にした冒険映画!

ハワイを題材にした、現代版『グーニーズ』とも言うべき冒険映画『オハナ』。
タイトルにも採用されている”オハナ”は、ハワイの言語で家族や仲間を指す言葉。
その言葉の通り、家族の存在が鍵となる作品です。
NETFLIXでは2021年の年明けである1月に配信がスタートした作品で、監督のジュード・ウェンは本作が長編映画のデビュー作となる。
NYで育った兄妹が、祖父の病気の知らせにより、母親の実家であるハワイでひと夏を過ごすことになる。
深刻な家族の問題と、好奇心旺盛な妹ピリの冒険が巧妙に絡み合っていく、痛快な冒険映画です!

44.ブラッド・レッド・スカイ

・原題:Blood Red Sky
・監督:ステファン・ホルツ
・脚本:ステファン・ホルツ、ピーター・ソーワース
・出演:ローランド・ムーラー、ペリ・バウマイスター、チディ・アジューフォ、アレクサンダー・シェア
・公開:2021年7月23日
・時間:123分
・製作:イギリス・ドイツ

ダークヒーローな母親は必見!

ドイツ産のゾンビ映画とも言うべき本作は、これまでに見なかった新しい展開を魅せ、圧倒的にストーリーに引き込まれていく…見事すぎる作品『ブラッド・レッド・スカイ』。
いわゆる飛行機の中で展開していく様は、韓国のゾンビパニック映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の様に展開するのかと思いきや…
冒頭で結末を見せ、事の顛末を描いていくストーリー構成からまさかの状況に陥っていく様、ひとときも目を離せない、圧巻のパニック・スリラーです。
最初にゾンビ映画と言いましたが、本作で採用されているのは吸血鬼でいわゆるヴァンパイア。
でも、このキャラクター設定的にはほぼゾンビと変わらない様に感じます。
衝撃的なストーリー展開から、緊迫した状況下でのサバイバルに、息を呑むこと必須で、のめり込むこと間違いなし!
間違いなく、7月の配信作品の中では1、2を争うほどに素晴らしい作品と言えるでしょう!

45.愛しい人から最後の手紙

・原題:The Last Letter from Your Lover
・監督:オーガスティン・フリッゼル
・脚本:ニック・ペイン、エスタ・スポルディング
・出演:フェリシティ・ジョーンズ、カラム・ターナー、ジョー・アルウィン、ナバーン・リズワン、シャイリーン・ウッドリー
・公開:2021年7月23日
・時間:110分
・製作:イギリス

切なき禁断の恋、それは本物の愛だった!

イギリスで8月に劇場公開を迎える作品『愛しい人からの最後の手紙』は、NETFLIXでは2021年7月23日に世界配信されている恋愛映画です。
主演は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で日本でも広く知られる様になったフェリシティ・ジョーンズ。
もう1人鍵を握る女性、ジェニファー役には『ダイバージェント』シリーズのシャイリーン・ウッドリーが務めています。
この恋愛映画は、現代パートと過去パートがあり、それぞれのパートで2つの恋愛を描きます。
主題となるのは過去のパートで、この過去の恋を現代パートで追っていくというもの。
あまりにも切ない2人の恋の展開は、涙なしでは見られない感動のラブストーリーです!

Netflixオリジナルのオススメ映画・まとめ

以上、NETFLIXのオリジナル作品40選でした。
単純にNETFLIXが製作したものや、配給権を買い取ったものなど、その種類は様々でバラエティに富んだ作品群になったかと思います。
2021年になり、アカデミー賞作品もNETFLIXから多く存在していますので、今回はその中からいくつか紹介しています。
より豊富な作品群になっているその中で、定期的に本記事を更新していきますので、NETFLIXを普段から利用している方などは、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

あとがき

2021年7月27日に、新たに5作品追加し45選となりました。
今後も増やしていく予定ですので、定期的にチェックしてみてください。
今回ラインナップに追加したのは、恋愛映画からサバイバルパニック、コメディなどバラエティに富んだ作品を増やしています。
中でも、秀逸なのはドイツ映画の『ブラッド・レッド・スカイ』。
ジャンルで言えばゾンビ系のサバイバル・ホラーなのですが、飛行機という閉塞空間の中、本来ならば敵となるモンスターがまさかの…
息を呑む展開に、ストーリーにのめり込むこと間違いなしの佳作です。
この他にも見応えたっぷりな作品が多数あるので、是非チェックしてみて下さい!
合わせて直接NETFLIXの視聴ページに飛べるボタンを設置していますので、加入している人はダイレクトに作品を鑑賞することが可能になっています。
今後もNETFLIXの巡回を、もっと強化して更なる拡充に務めていこうと思いますので、ぜひお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました