映画【君は放課後インソムニア】のキャストとロケ地を紹介!青春のときめきを観測しよう

本ページはプロモーションが含まれています

注目の若手俳優・森七菜さんと奥平大兼さんがW主演を務める青春映画【君は放課後インソムニア】が6月23日に公開されます。

原作はオジロマコトさんの同名コミックで、不眠症に悩む高校生を満天の星が包み込む青春物語。

キュンキュンと心がときめく“君ソム”として、注目を集めている作品です。

そんな“君ソム”を実写映画化した本作は、2022年の7月から8月にかけて、原作漫画の舞台でもある石川県七尾市を中心に撮影が行われました。

そこで今回は、【君は放課後インソムニア】の出演キャストおよび主なロケ地をご紹介します。

映画を観たあとは、聖地巡礼へGO!

映画【君は放課後インソムニア】の作品情報

映画【君は放課後インソムニア】のあらすじ

石川県七尾市に住む高校一年生・中見丸太は、不眠症のことを父親の陸に相談することもできず、ひとり憂鬱で孤独な日々を送っていた。そんなある日丸太は、学校で使われていない天文台の中で、偶然にも同じ悩みを持つクラスメイトの曲伊咲と出会い、その秘密を共有することになる。天文台は、不眠症に悩む二人にとっての心の平穏を保てる大切な場所となっていたがクラスメイトとから勝手に天文台を使っていたことがバレてしまう。だが天文台を諦めきれない二人は、その天文台を正式に使用するために、天文部顧問の倉敷先生、天文部OGの白丸先輩、そしてクラスメイトたちの協力のもと、休部となっている天文部の復活を決意するが――。

引用:映画【君は放課後インソムニア】の公式サイト

映画【君は放課後インソムニア】のスタッフ

監督池田千尋
原作オジロマコト
脚本高橋泉
撮影花村也寸志
照明高井大樹
美術遠藤善人
録音髙田伸也
編集目見田 健
音楽信澤宣明

映画【君は放課後インソムニア】のキャスト&一言コメント

森七菜:曲伊咲(まがり・いさき)

不眠症に悩む女子高生の伊咲を演じるのは森七菜さん。学生時代から原作マンガのファンだったという森さんは、この作品を実写化するなら絶対参加したいという気持ちがあったそうです。石川県七尾市で撮影を行っていた1ケ月は

想像をはるかに超える魅力的な毎日で、とにかく景色が美しく、キャストのみなさんもマンガから飛び出てきたようで眩しすぎた

と語っています。完成披露試写会では、会場のみなさんに、

皆さんには何かを持って帰っていただけるようなしあわせがあると思うので楽しんでいただきたいなと思います

とコメントを寄せました。

奥平大兼:中見丸太(なかみ・がんた)

眠れない夜を過ごし、偶然にも天文台で伊咲と出会う男子高生の丸太を演じるのは奥平大兼さん。

撮影で訪れた石川県七尾市の地域のみなさんがとてもやさしく、温かくてすぐに七尾市が好きになった

と、撮影地の印象を語っている奥平さん。ご自身の学生生活では体験できなかったことを撮影を通して体験して、ほかのキャストのみなさんもそのキャラクターが存在しているかのようにぴったりで、お芝居するのも楽しかったそうです。完成披露試写会では、

この映画がいいなと思うところは、みんながちゃんと七尾市に生きている感じがあるところ

と語っています。

桜井ユキ:倉敷兎子(くらしき・うさこ)

伊咲と丸太が所属する天文部の顧問の兎子を演じるのは桜井ユキさん。

主人公ふたりが抱える、柔らかく繊細で儚い想いを最後まで見届けていただけたらと思います

とコメントを寄せています。

萩原みのり:白丸結(しろまる・ゆい)

天文部の活動をアドバイスすることになるOGの結を演じるのは萩原みのりさん。

優しくてピュアな人柄がとても可愛い白丸を演じられてとても嬉しかったです

と語っています。

上村海成:受川太鳳(うけがわ・たお)

伊咲と丸太のクラスメイトのひとりで、丸太が唯一不眠症であることを打ち明けている良き理解者である太鳳を演じるのは上村海成さん。

撮影中だけではなく、待ち時間も教室で何でもない話をしたり、黒板に落書きしたり、ゲームをしたり、役というだけでなく本当に学生の頃に戻ったみたいで、とても楽しかったです。まさにエモいとはこのことだろうなという感じでした

とコメントを寄せています。

安斉星来:穴水かなみ(あなみず・かなみ)

永瀬莉子:蟹川モトコ(かにかわ・もとこ)

伊咲と丸太のクラスメイトのひとりで、溌溂とした性格で実家の飲食店を手伝う女子高生・モトコを演じたのは永瀬莉子さん。

撮影を振り返って、

すごく海鮮がおいしくて。わたしの人生の中でもたくさんお魚を摂取できた時期でしたね。でも毎日、お魚を食べていたら、たまにはジャンキーなものを食べたいという時期が来た

と語った永瀬さん。キッチンカーを見つけてハンバーガーを食べたそうです。

川﨑帆々花:野々三奈(のの・みな)

伊咲と丸太のクラスメイトのひとりで、伊咲と丸太の部活動の手伝いもする美術部員の三奈を演じた川﨑帆々花さんは、本作でスクリーンデビューを飾りました。

完成披露試写会では

ゲームをしたり、撮影が終わってから(森)七菜ちゃんと一緒にアイスを買いに行ったりとか。撮影じゃないところでも仲良くしてくれたのがうれしかった

と語っています。チームワークの良さがうかがえますね。

工藤遥:曲早矢(まがり・はや)

伊咲の姉・早矢を演じるのは工藤遥さん。

森七菜ちゃんと奥平大兼くんを見ていると、微笑ましくて、可愛くて、母性をくすぐられまくりでした。劇中の早矢と伊咲のように喧嘩できなくなるな~、なんて思うほど、愛おしかったです。美しい景色と空気、人々を存分に感じて頂けると映画になっていると思います

とコメントを寄せています。

斉藤陽一郎:伊咲の父親

伊咲の父親を演じるのは、斉藤陽一郎さん。

生きている人、生きていた人、すべての人々の「居場所」を通じて、生きる事を全肯定した青春映画です。エンドロールの最後の最後まで生きる事の眩しさを、あなたの「居場所」で感じて頂けたら嬉しいです

と語っています。

MEGUMI:伊咲の母親

伊咲の母親を演じたのはMEGUMIさん。

様々な想いを抱えた若いふたりの美しい成長物語です。登場人物が皆優しく愛を持った人達ばかりで、温かい気持ちになるかと思います。美しい日本の景色と共にお楽しみください

とコメントを寄せています。

萩原聖人:丸太の父親

丸太の父親を演じたのは萩原聖人さん。

奥平くんはたぶんかなり緊張していたように思いましたが、その緊張も演じる役と繋がっているようで素敵だなと感じました

と語っています。

田畑智子:伊咲の幼なじみの母親

伊咲の幼なじみの母親を演じたのは田畑智子さん。

緊張感のある現場でしたが、カットがかかった時の森さんの安堵の笑顔と、涙ぐむくらい感動していた監督がいました。是非、色々な世代の方に観て頂きたいです

とコメントしています。

でんでん:歴史資料館の館長

歴史資料館の館長を演じるのはでんでんさん。

高校生の青春コメディかなと思って読みだしたのですが良い意味で期待を裏切ってくれました。森七菜さん奥平大兼さん二人が醸しだす初々しさは伊咲、丸太そのものだと感じました。爽やかな季節にふさわしい清々しい映画です

と語っています。

映画【君は放課後インソムニア】に登場する石川県の名所

聖地巡礼したい!劇中に登場する石川県の名所はこちら。

見附島(石川県珠洲市)

島の形が軍艦に似ているところから「軍艦島」とも呼ばれる高さ28mの奇岩。島越しの朝日や夜のライトアップなど、一日を通して絶景を楽しめます。丸太のカメラには見附島を撮影したショットが収められています。

真脇遺跡(石川県能登町)

環状木柱列が印象的な縄文時代の遺跡。夜は満点の星空が降り注ぎます。丸太と伊咲が星空の写真を撮りに行った場所です。

七つ橋(石川県七尾市)

七尾市内を東西に流れる御祓川にかかる七つの橋。すべての橋を一筆書きで無言で渡り切ると願いが叶うという言い伝えがあります。金沢には、彼岸に健康を願って橋を渡る“七つ橋渡り”という風習があるそうです。

まとめ

注目の若手俳優・森七菜さんと奥平大兼さんがW主演を務める青春映画【君は放課後インソムニア】。オジロマコトさんの同名コミックが原作で、キュンキュン心がときめく“君ソム”は、不眠症に悩む高校生を満天の星が包み込む青春物語です。ストーリーとともに堪能したいのが、原作漫画の舞台でもある石川県七尾市を中心とした絶景。劇場で映画を楽しんだあとは、ぜひ聖地巡礼にもお出かけください!

(c)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました