【サイレント・トーキョー】の原作ネタバレ!本当の犯人は誰かを徹底解説!

サイレントトーキョーネタバレトップ

出典:公式HP

秦建日子さんのサスペンス小説が原作となった、映画【サイレント・トーキョー】が12月4日(金)に公開されます。本記事では、【サイレント・トーキョー】の原作ネタバレと犯人は誰かを徹底解説していきます。

ADVERTISEMENT

映画【サイレント・トーキョー】の概要

映画【サイレント・トーキョー】について

出典:公式HP

人気作『アンフェア』シリーズなどのヒットメーカー、秦建日子さんのサスペンス小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が実写映画化されました。監督は、『SP』のメガホンをとった、波多野貴文さんです。
クリスマスイブの東京、恵比寿に爆弾を仕掛けたという一本の電話がテレビ局にかかって来た。半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員と、たまたま買い物に来ていた主婦は、事件に巻き込まれ、爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。そして、さらなる犯行予告が動画サイトにアップされる。犯人からの要求は「テレビ生放送での首相との対談」だった。
要求を受け入れられない場合、18時に渋谷・ハチ公前付近で爆弾が爆発するという……。
これは戦争だ。という犯人の言葉の意味とは?

筆者は予告をみてドキドキが止まりませんでした。全体の内容はわかるんだけど、どうなっちゃうんだろう?というソワソワした気持ちになりました。

映画【サイレント・トーキョー】の登場人物を紹介

サイレントトーキョー概要

出典:公式HP

とても豪華な俳優さんがそろっていますね!
メインの三人とをもとに事件は動いていきますが、それぞれがどう関わっていくのか、このあと書いていきます。

  • 佐藤浩市 東京で起きた連続爆破テロの容疑者:朝比奈仁
  • 石田ゆり子 買い物途中で事件に巻き込まれる主婦:山口アイコ
  • 西島秀俊 一連の事件を独自に追う、渋谷署刑事課・警部補:世田志乃夫
  • 中村倫也 不可解な行動をとる孤独なIT起業家:須永基樹
  • 広瀬アリス 興味本位で犯行予告現場に来てしまう会社員:高梨真奈美
  • 井之脇海 犯人に仕立てられるテレビ局契約社員:来栖公太
  • 勝地涼 世田とバディを組む生真面目な新人刑事:泉大輝
  • 鶴見辰吾 日本の総理大臣:礒山毅
  • 財前直見 須永の母親:須永尚江
  • 大場泰正 事件の捜査の指揮を執る警視庁捜査一課管理官:鈴木学
  • 加弥乃 高梨の同僚で須永とも接点をもつ会社員:印南綾乃
  • 野間口徹  謎の探偵

【サイレント・トーキョー】の原作ネタバレと衝撃の結末

サイレント・トーキョー原作

出典:公式HP

事件に巻き込まれた主婦とテレビ局スタッフ

クリスマス直前の12月22日、恵比寿ガーデンプレイスに買い物に出た主婦、ヤマグチアイコ(石田ゆり子)は、休憩していたベンチで男に声を掛けられこう告げられた。

自分の座っている椅子には爆弾が仕掛けられていて、自分が立つと爆発する。
今からテレビ局に電話して爆弾があるから来るように連絡しろ、来たらその人を椅子に座らせ同じ説明をし、「これは、戦争です」と伝えるように。

アイコはテレビ局に連絡し、スタッフが二人やってきた。来栖公太(井之脇海)と高沢(金井勇太)だった。
アイコの代わりに高沢がその椅子に座り動けなくなった。アイコは来栖に腕時計のようなものをつけ、これも爆弾だから、あなたは私と一緒に来てくださいと言った。2人は犯人の指示通り警備室に行き爆弾のことを説明してもわかってもらえない。
その時高沢の椅子の近くのごみ箱が爆発した。警備員は慌てて館内放送を流し、館内はパニックになった。高沢の椅子は実際には爆発せず空砲で、光と音のみがなった。それがテレビで放映され、世間は大騒ぎになった。

須永と綾乃

11月に合コンで出会った須永基樹(中村倫也)と印南綾乃(加弥乃)だが、綾乃は須永のことが気になっていた。すると12月22日に「焼き鳥食べないか?」と誘われる。ITの起業家とは思えない須永の自宅の質素なマンションで二人は焼き鳥を食べた。父親の話を綾乃が聞くと須永は不機嫌になり綾乃は帰された。
もう須永から連絡はないと思っていたが、「またご飯食べましょう」というLINEがくる。綾乃は友人の高梨真奈美(広瀬アリス)から渋谷のレストランのチケットをもらい、須永を誘うが、接待があり会食だと断られてしまう。

犯人からの犯行声明

警察は恵比寿の爆発から、犯人が爆発物のプロフェッショナルと推理していた。そんな中犯人から以下の犯行声明が出された。

首相とテレビの生放送で対談をさせなさい。さもないと明日の18時半、渋谷のハチ公前で爆発が起こる。今度は多くの人が死ぬ。いいか勘違いするなよ。
これは戦争だ。

犯行声明が出されたころ、アイコと来栖の二人は犯人の指示で五反田のマンションにいた。
そこで来栖が同じ内容の犯行声明の文を読み、それをアイコが撮影し、Youtubeにアップするようにと指示され従う。来栖は犯人だと思われることに、落ち込むがアイコが慰め二人で冷蔵庫にあったケーキを食べ、終わったら一緒にラーメン食べようと誓いハグをして、お互い別れ来栖は渋谷に行くことになった。

そのころ、恵比寿の近くのマンションを仕事場にしている、須永基樹に渋谷署刑事課・警部補の世田志乃夫(西島秀俊)と新人刑事の泉大輝(勝地涼)は聞き込みをした。その直後、首相・礒山毅(鶴鶴見辰吾)から「日本はテロには屈しません。いかなる交渉もいたしません。」というコメントが発表された。

朝比奈仁について

東京の「KIRAKU」というレストランで働いていた朝比奈仁(佐藤浩市)のもとにガタイのいい外国人が現れ、電話番号を渡してきた。「KIRAKU」をやめて福生の小さな喫茶店で働いた時もその男はやってきた。朝比奈の自宅に「with love」「marry me」と書いたカードを挟んでいった。
これが後ほど出てくるショーンと言う人物だった。

須永と母・尚江

爆破予告のあった12月23日の昼、須永は東京に出できた母・尚江(財前直見)とその再婚した夫と会っていた。義理の父とは気まずい関係だったが、実の父が出て行ってから大変な思いをした、母の幸せそうな姿を見てほっとする須永だった。

ハチ公前の爆発

犯人が予告した18時を過ぎてもまだ爆弾は見つからず、たくさんの警察官と、きっといたずらだろうとたくさんの野次馬で渋谷はごった返していた。時間は刻々と過ぎ、残り三分になったとき、警察官のうちの一人が。「ハチ公って首輪してたか?」と発言。「してない!」と誰かがいい、ハチ公自体が爆弾だったが時すでに遅し、ハチ公は大爆発。死者・負傷者が多々出た。

18時25分、須永にディナーの誘いを断られた綾乃は、真奈美と渋谷のレストランに向かう途中だった。渋谷で須永を見かけ、嘘をついていた須永の後をつけようと真奈美が提案する。しかし綾乃は断り、真奈美はハチ公の写真だけ撮ることにしてカメラを出した。その時、「下がれ!伏せろ!」という大きな声が聞こえてきた。その直後、ハチ公は爆発した。
真奈美は手を負傷しただけだったが、綾乃は手術するほどの大けがを負ってしまった。

爆発の直後、刑事の世田は、灰色の世界でごった返すけが人や人々の中、ビルに光るものを見つけ、泉と走った。そこには涙を流しながら録画していた来栖がいた。「だから言ったのに……これは戦争なんだって言ったのに!」と言った。来栖は保護されてヤマグチアイコのこと五反田のマンションのことを話した。

そのころアイコは五反田のマンションでテレビの首相の会見を見ていた。首相はやはり「テロには屈しない」という意思を変えなかった。アイコはあるものを組み立て始めた。

世田と泉はすぐに五反田のマンションに向かった。ドアを開けた瞬間、ドア板が吹っ飛び、泉に直撃し大けがをした。世田は無事だった。中にはヤマグチアイコはおらず、彼女が自分の身に起きたことを書いたノートがあった。

爆発の後

須永は渋谷の爆発があったとき、18時ごろからハチ公の半径70メートル付近をぐるぐる回り動画を撮影していた。それをオフィスに持ち帰り、何回も繰り返し見て何かを探していた。

綾乃と真奈美は病院に運ばれ、綾乃は重体で真奈美は軽傷。別々になった。
真奈美は肩から手の先まで包帯を巻かれて呆然としていた。綾乃の容態を誰に聞いてもわからないので、自宅に帰ろうとしたが、携帯しか持っていなかった。頼る場所がなく、こうなった原因を考えて思い浮かんだ須永に電話した。須永のオフィスに行き、自宅のカギをあけてもらうためのお金を借りた。そこで、真奈美が「渋谷にいたのに無事なんだね」と言うと、「ハチ公から半径70メートル以内に入らないようにしてた」と須永が言った。それについて「なんで知ってるの?」と真奈美がしつこく追及すると、須永は出て行ってしまった。
真奈美は須永を疑い、パソコンをつけるとそこには、爆発の時に撮影された動画があり、何度も絶叫した。須永が犯人だと思い、綾乃の仇をとるため証拠を保存し、警察に行き、世田に事情を説明した。

また犯人から犯行予告が入る。

首相との対談をさせないと、12月24日18時に東京のどこかで爆発が起こる

須永と警察の取引

須永はオフィスを出た後、母に電話し、特に変わったことがないことを確認すると、福生の喫茶店に向かった。そこには世田がいた。真奈美から情報を得て、須永の自宅を調べると、犯人らしき男を須永が私立探偵をを使って調べていて、福生にいることが分かった。
爆発まであと10時間もないため、須永に世田が詰め寄ると、須永は取引をもちかける。その男が犯人だとしたら、そいつを殺してほしい。その男の名前や元妻の情報が出ないようにしてほしい。「母さんは20年以上も苦しんだんだ!」と須永は何度も言った。やっと幸せになった母を守りたいという息子の想いだった。そこから世田の父親のアパートに行き、爆破現場のメモがあったことから、犯人説が濃厚になる。

クリスマスイブの悲劇と事件の終わり?

クリスマスイブの夕方、ヤマグチアイコは「KIRAKU」に来ていた。東京タワーが見える位置。夫と来たかった場所に。そこへ朝比奈仁という男が来る。アイコは誰かわからなかったが、朝比奈はアイコに「あんたが辿っている場所は俺が昔、ショーンから結婚するロブのために頼まれて考えた旅行先の場所だ。ショーンもロブもいなくなった今、あんたを助けることが俺の最期の仕事だ。」と言った。
そこへ世田たち警察と須永がレストランに入ってくる。
朝比奈は須永を見て息子だとすぐにわかったが知らないふりをした。
朝比奈はアイコにショーンと出会って結婚の約束までしたが、理不尽な死に方をしたことを話した。アイコは自分の夫について海外で出会い、幸せな結婚をしたが、ある日出張で海外に行って帰ってきたら部下をたくさん死なせてしまった責任から心が壊れていた。そんな夫とずっと一緒にいたこと。を話した。
朝比奈はバッグに爆弾が入っているといい、俺はこの人(アイコ)と話がしたい。レインボーブリッジまで車でドライブさせてくれたら、東京タワーの爆弾のバスワードを教える。と言い、警察はそれに従うしかなかった。
レインボーブリッジに向かう途中、後からついていく世田の携帯に朝比奈から電話が入る。
朝比奈は隣のガキに代わってくれといい、須永に代わると、「パスワードは

「War is over」

だ。戦争は終わった。俺は自分のファミリーを守る。お前は自分の新しい家族と幸せにな」と言って電話は切れた。その直後、朝比奈とアイコの乗った車は猛スピードで東京湾に落下、その後爆発した。朝比奈の遺体は見つかったがアイコの遺体は見つからなかった。
警察は須永との約束を守り、朝比奈の名前は一切公表されず、被疑者死亡という形で幕を閉じた。

衝撃の結末

須永は世田から父がゲイでアメリカ軍の爆弾処理班の人間と付き合っていたことを知らされた。

12月31日、来栖はテレビ局のスタッフとしてまた働いていた。そこへアイコからメールが届き、以下のことが書かれていた。

  1. アイコの夫がロブという名前で、幸せに暮らしていたが、海外出張から帰ったら部下を救えなかった責任から心が壊れていたこと。
  2. ある日、爆弾処理班にいた夫からアイコは爆弾の作り方を海外の山小屋にこもり教えられ、戦争のような辛い日々だったこと。ロブから合格をもらったその日、二人はお祝いをして、その翌日に夫が首をつって死んだこと。
  3. その十年後、日本に戻ったとき、テレビで首相が「日本も戦争のできる国になるべきだ」と言っていたのを見た。この人は戦争の意味を分かっているのか?ロブと山小屋で過ごした日々も、ショーンも殺した、ロブも殺した、私の心も殺したこの戦争のことを。そこで私は戦争の意味を分からせてあげることにした。→これが犯行の動機だった。
  4. 自分が新婚旅行で行くつもりだった場所に爆弾を仕掛けたこと。
  5. 東京タワーも爆発させるつもりだったが、ロブの仲間でショーンの恋人だった、朝比奈がアイコの前に現れ、ショーンの尊敬していたロブの奥さんを救うのは自分の使命だと、最期に自分を救ってくれたこと。

ここで初めて、真犯人はヤマグチアイコだったということが分かった。

須永は綾乃の意識が戻ったと真奈美から連絡を受け病院にいた。綾乃の目が見えなくなったことを聞き、戸惑ったが会いに行くことにした。綾乃は思っていたよりも明るく前向きだった。そんな綾乃をみて須永は綾乃を抱きしめた。

まとめ

筆者は原作を読み終え、時系列が分かりづらく、いろんな人の話が出てくるので、一回目はなかなか理解が難しかったですが、二回目は内容がよくわかりました。二回目に伏線を回収しながら読む感じで、それも面白かったです。
映画の予告を見た時点で、ヤマグチアイコには何かある!と思っていましたが、予想的中しました。須永は一見クールそうに見えて暖かい人物で筆者は好きでした。
登場人物みんなが、それぞれに辛い思いを抱えていてそれが切なくもなりました。
予告観ると映画は原作に忠実に作られているかと思いますが、違いも踏まえてみると面白そうです!

タイトルとURLをコピーしました