Netflix【極悪女王】ゆりやんレトリイバァが主演!ダンプ松本を演じる!

ゆりやん宣材

6月30日未明、世界で一斉に報じられたNetflixの新作オリジナルドラマ、『極悪女王』の製作発表。
実在の悪役女子プロレスラーダンプ松本を描くドラマ作品で、Netflixで配信する。
その主演に芸人のゆりやんレトリイバァを抜擢!
近年ダイエットして話題になっていた稀代の女性芸人が、悪役として一時代を築いた女子プロレスラーを演じる。

ADVERTISEMENT

Netflix『極悪女王』でゆりやんが主演へ!

Netflixで製作が決まった、女子プロレスラーダンプ松本を描くドラマ作品。
Netflixでの公式Twitterでも情報が解禁。
さらには、世界でも報じられており、注目度が高い事が伺えます。
世界でも注目されている理由としては、ゆりやんが過去に出演したAGT「アメリカズ・ゴット・タレント」の影響によるもの。
ゆりやんは、過去にアメリカズ・ゴット・タレントという、アメリカのオーディション番組に挑戦した過去があり、コメディアンとして出演し大きなインパクトを残しています。
ちなみに、下記引用元の「DEADLINE」ではダンサーと紹介されている。

Netflix’s ‘The Queen Of Villains’: Japanese Comedian & ‘America’s Got Talent’ Contestant Yuriyan Retriever To Lead

https://deadline.com/2022/06/netflix-the-queen-of-villains-yuriyan-retriever-1235054152/

ゆりやんが主演する作品は、『極悪女王』。
英題は、「The Queen of Villains.」。
1980年代を舞台に、人気絶頂だった女子プロレスの世界を描く。
その中でもカルト的人気を得ていた悪役の、ダンプ松本を主人公に描く伝記ドラマとなる。
ダンプ松本がプロレスラーとなり、悪役として成り上がっていく様を描く。
そして今回の製作発表で、これまでゆりやんがストイックに肉体改造を施していたのが、この作品の役作りであった事が判明しています。
監督は、白石和彌が務め、企画・脚本・プロデュースは鈴木おさむ。
白石和彌監督は、近年注目を集める映画監督で、ここ最近では阿部サダヲ主演の『死刑にいたる病』など。
配信は2023年を予定しており、これから撮影に入るとのこと。

ゆりやんの意気込み

ゆりやんは、夢にアカデミー賞受賞を掲げており、世界進出を目標にしています。
AGTへの挑戦はまさしくその足掛かりの一つであり、今回の挑戦で世界へと飛び出るきっかけとして、並々ならぬ意欲を魅せています。
オーディションは2年前。
一時期は65Kgほどまでに減量し、トレーニングを重ねます。
しかし激しい減量とトレーニングで体を壊さない為に、1ヶ月に一度のメディカルチェックを行っていたといいます。
さらに、当然ながら体作りだけではなく、ダンプ松本と共に80年代の女子プロレスブームを牽引したクラッシュ・ギャルズの長与千種にプロレスの指導も受けており、ゆりやんレトリィバァの並々ならぬ意気込みと、努力が見られる。

ゆりやんの減量の理由が明かされましたが、つい先日K-1の女性大会でラウンドガールを務めたときに、AGTに出場した時と同じ星条旗柄の水着を着用し、その時の体型がリバウンドしたのではないかとネットでは話題に上がっていました。

一方で、ラウンドガールをしたゆりやんの体型に、絶賛した声も寄せられています。
ボディビルを経験したミルクボーイ・駒場は、自身のラジオ番組で綺麗な増量の仕方だと絶賛。
腕や肩の筋肉がどんどん大きくなっており、ボディビルダーの増量の仕方と同じような体つきになっていると理想的な増量だと称賛しています。
まさしくそのコメント通りに、完璧な身体作りと役作りを行っているゆりやん。

その成果は、まだこれからお披露目になっていく…
これからクランクインを迎える『極悪女王』。
ゆりやんレトリイバァが、世界を相手にどんな挑戦をするのか…
2023年にその全貌が明らかとなる!

画像出典:ゆりやんレトリイバァ©YOSHIMOTO KOGYO, All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました