【流浪の月】原作ネタバレ!主人公にイライラする読者も!その理由とは?

流浪の月原作トップ

出典:映画【流浪の月】公式HP

映画【流浪の月】が2022年5月13日(金)に公開されます。
主演は、広瀬すずさんと松坂桃李さんのお2人で、広瀬さん演じる更紗が幼いころに、松坂さん演じる文と2か月間共に過ごし、15年後に再会するというストーリーです。
また、幼少期の更紗をドラマ『テセウスの船』での演技が注目された、白鳥玉季さんが演じ、横浜流星さん、多部未華子さん、柄本明さんら豪華なキャストが脇を固めます。

女性

広瀬さんと松坂さんは共演もあるし、安定のコンビで楽しみ!

男性

でも、主人公にイライラするって人がけっこういるらしいよ!

女性

イライラ?小説は人気なのになんで?

実際に、原作小説を読んでみたところ、確かにイライラするポイントがいくつかありました。
本記事では、【流浪の月】の原作ネタバレについて書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【流浪の月】の概要

原作・スタッフ

原作凪良ゆう
監督・脚本李相日
撮影監督ホン・ギョンピョ
  • 監督・脚本は【怒り】など過去にも重いテーマの作品を手掛けてきた、李相日さんです。
  • 撮影監督は、大ヒットした韓国映画【パラサイト 半地下の家族】の撮影をしたホン・ギョンピョさんが担当します。

キャスト

流浪の月原作キャスト

出典:映画【流浪の月】公式HP

  • ファミレスで働く過去の誘拐事件の被害者・家内更紗:広瀬すず
  • 過去に更紗を誘拐したとされる犯人・佐伯文:松坂桃李
  • 更紗の婚約者・中瀬亮:横浜流星
  • 文を支える看護師・谷あゆみ:多部未華子
  • 更紗のバイト先の同僚・安西佳菜子:趣里
  • 更紗のバイト先の店長・湯村:三浦貴大
  • 10歳で文と2か月共に暮らす少女・家内更紗(幼少期):白鳥玉季
  • 佳菜子の娘・安西梨花:増田光桜
  • 文の母親・佐伯音葉:内田也哉子
  • 更紗が訪れるアンティークショップの店主・阿方:柄本明
映画【流浪の月】キャストと相関図!タイトルの意味とは?
出典:映画【流浪の月】公式HP 2022年5月13日(金)に映画【流浪の月】が公開されます。 広瀬すずさんと松坂桃李さんのW主演で、広瀬さん演じる更紗が幼いころに2か月間共に過ごし、15年後に再会する2人を演じます。 また、幼少期...

【流浪の月】原作ネタバレ!

少女のはなし ネタバレ

家内更紗(白鳥玉季)は市役所に勤める父と自由な母と3人で暮らしていた。
母は好きな映画を観たり、昼間から酒を飲んだり我慢しない人だった。
夕食にピザを取りアイスを食べながら家族で映画を観ることもあり、更紗はそれが楽しく、両親のことが大好きだった。

しかし父が病気で亡くなり、母は男の人と出ていき、更紗は伯母さんの家に預けられる
夕飯にアイスクリームを食べてはいけない理由がわからず、伯母の家は居心地が悪かった。

友達と公園で遊んだ後、家に帰りたくなくて公園に戻り本を読む。
伯母の息子の孝弘に嫌がらせをされていて、どうしても帰りたくなかった。
雨が降ってきたが動けずにいると、よく公園で座っている若い男の人が傘をさして話しかけてきた。
「帰らないの?」
「帰りたくないの」
「うちにくる?」
「いく」
そう答えその人の家についていく更紗。
男の人は大学生で名前は佐伯文(松坂桃李)と言った。
文は母・音葉(内田也哉子)の育児書による厳しいしつけで、規則正しい生活をしている。
朝食のハムエッグにケチャップをかけたり、最初はズボラな更紗に驚いた文だが、だんだんそれがなじんでいき、夕食にアイスを食べたり、寝坊して映画をだらだら見たりすることもあった。
更紗は伯母の家ではない場所にいられることに安心した。
文に「中二の息子が夜になると私の部屋に来るんだ」と話した。
更紗は孝弘に襲われ性的暴行を受けていたのだ。
文は更紗に捜索願が出ていることを知っても家にいていいと言ってくれた。

ある日、更紗はテレビで見たパンダが見たいと駄々をこね、文に動物園に連れて行ってもらう
そこで更紗の顔はテレビに出ていたので誰かが通報し、警察が来る。
しかし2人はお互いにその手を離さなかった。
2人は引き離され、文は逮捕される。
「ふみぃぃぃふみぃぃぃ」と泣き叫び警察官に抱えられる更紗の動画を誰かが撮影していてそれはネットに拡散された。
警察に連れていかれた更紗は、「文は何もしていない。悪くない」と訴えたが分かってもらえない。
孝弘に暴行されていたことはどうしても恥ずかしくて言えなかった。

伯母さんの家に戻ると、夜に孝弘がまた部屋にやってきた。
更紗は孝弘を殺すと覚悟を決め、瓶で孝弘の頭を殴った。
伯母たちは更紗が暴行されていたことを信じてくれたと思うが、決して警察には話さなかった。
更紗はそれから大人になるまで児童養護施設で育った。

彼女の話Ⅱ ネタバレ

誘拐事件から15年後、更紗(広瀬すず)は、ショッピングモールの中のファミレスで働いている。
高校生の頃にできた彼氏と4年暮らし別れ、現在は、中瀬亮(横浜流星)と同棲している。
今まで生きてきて、小中高、大人になっても、どこに行っても更紗が「家内更紗ちゃん誘拐事件」の被害女児であることはかならず広まった。
更紗はいつもバイトが終わると夕食を作り、亮を待つという生活をしている。
亮の祖母が具合が悪いと言うので、更紗は「週末に帰ったら?」と言った。
すると亮は両親から「更紗を紹介して早く結婚して、祖母ちゃんが死ぬ前に孫を見せてやれ」と言われていると言った。
更紗の過去についてはまだ実家には話していない。
「驚かれると思うけど、ちゃんと説明したら許してくれるよ。心配するな」そう亮は言った。
心配?許してくれる?私は何か罪を犯したのだろうか?と更紗は思った。
更紗は自分が亮と結婚したいのか?答えは出ず戸惑った。
亮に抱かれる時も、過去の記憶からいつも反射的に嫌悪が生まれる。性行為は嫌いだ。

このころから文のことを頻繁に思い出すようになる。
パソコンで事件のことを検索して見たりした。
ある日、亮が出張になり、普段は行かない職場の人達と飲み会に参加した更紗。
同僚の平光さんたちと店を出て夜やっているというカフェに行く。
ビルの二階にある『calico』という名前の店だ。
酒を出さないのに、夜8時から朝5時までやっている。
マスターがキッチンから「いらっしゃいませ」と言って出てくると、それはなんと文だった。

それから更紗は亮に嘘をつくようになり、残業もよくするようになった。
同僚の安西佳菜子(趣里)はシングルマザーで8歳の娘がいる。
彼女と一緒に『calico』に行く。更紗は、店に通うようになった。
亮と事件の話になり、更紗は「文は悪くない」と訴えたが、優しく抱きしめてはくれたが分かってくれなかった。納得がいかない更紗は、仕事があると山梨に行くことを断り続けた。
ある日、『calico』の下にあるアンティークショップにより、オールドバカラのワイングラスを見て、父がこれでウイスキーを飲んでいたことを思い出す。
あまりに真剣に見つめていたので店主の阿方(柄本明)がプレゼントしてくれた。

また仕事帰りに『calico』に行く更紗。
するとなんと亮がやってきた。職場から後をつけてきたらしい。
つけてきたことを責めたかったが、自分は残業と嘘をついてカフェに来ているので謝った。
亮が更紗と呼んでいるのに何も反応しない文をみて、気づいているけど知らないふりをされていると気づき落ち込む更紗。

亮とはそれからすれ違うようになり、『calico』にいるとメールがしつこく来る。
一度は帰ると言ったものの、やはり「今夜は帰りません」と送り『calico』の前のビルのバーに入った。すると亮が『calico』に来て更紗がいないのを知り、自販機を蹴った。
閉店時間になると、文と一緒に女の人が出てきた。
更紗は思わず「わたしを覚えてる?」と声をかける。
文は「最近よく店にきてくれますね」とそっけなく答えた。
女の人はあきれていた。2人の後を追いかけ、文のマンションを見つけた。
恋人がいるんだと知って安心した更紗。

その日の夕方、職場に亮が来た。
部屋に一緒に帰ると、亮から手首をつかまれ、強く引っ張られ肘を玄関にぶつけた。
言い合いになり、文のことが好きなんじゃないかと疑われる。
そこへ亮に実家から電話があり祖母ちゃんが倒れて救急車で運ばれたと聞く。
一緒じゃないと帰らないと亮が言うので更紗も一緒に行くことにした。
幸いお祖母さんは大事にいたらなかった。
亮の親族に挨拶し、創作料理の店で食事をする。
トイレに立った時、そこで亮のいとこの泉ちゃんから、前の彼女とは亮のDVが理由で別れたと聞く。
彼女が浮気した、してないという言い合いが原因だった。
そして亮の母も父からDVを受けて離婚したと教えられた。
その夜、亮から店に電話したことと暴力を謝罪され「絶対に幸せにするから」と言われた。

それから更紗は『calico』に行くのをやめ、元の生活に戻った。
その代わりネットで文のことを検索するようになる。
すると、「家内更紗ちゃん誘拐事件」のネットサイトが更新されている。
そこには『calico』でコーヒーを淹れる文の画像があった。
思わずアイスティーのグラスを倒す更紗。
文の新しい暮らしが侵されようとしているのを知り怖くなった。
翌日、写真を撮った人を探すため、『calico』と文の家の周りを見ていると、文の恋人・谷あゆみ(多部未華子)と目が合う。ストーカー扱いされ、今度見つけたら警察に通報すると言われる。
文は彼女から「南くん」と呼ばれていた。

ある日、安西さんから、彼氏と旅行に行くので、娘の梨花(増田光桜)2日間預かって欲しいと頼まれる更紗。
梨花はいい子だった。亮と3人で動物園へ行き帰りに中華料理を食べた。
歩けないと言う梨花をおぶって本屋へ寄ると言うので、更紗は先に帰ってお風呂の準備をする。
本屋の後喫茶店にも行ったらしい。

自宅に帰ると、文が大丈夫か心配になり、サイトを開く。
すると、前回よりはっきり写った文の写真と、なんと梨花が写っていた。
一緒に行った喫茶店というのは『calico』で亮が写真を投稿しているのだと思う更紗。
帰ってきた亮にそれを問い詰めるとまた暴力を振るわれた。
「あの男はおまえを誘拐した変態のロリコンだろうが」
そう言いながら暴力をふるい続ける亮。
そして無理やり襲われそうになり、花瓶を亮の頭にたたきつけ玄関へ逃げた。

『calico』に行くと文が店に入れてくれ、ケガの手当てをしてくれた。
谷さんには「南文」と名乗っていることも教えてくれた。
再会してからちゃんと話すの初めてだ。
帰るところがないと言うと「いればいいよ」と言ってくれた。
更紗は過去に警察にちゃんと説明できなかったことや動物園で手を離さなかったことを謝罪した。
文は「俺は俺のやりたいようにやっただけだ」と言った。
亮が以前、梨花を連れてきて写真を撮っていたことも文から聞いた。
するとドアをすごい勢いで亮がノックしてきた。
仕方なく文からお金を借りて、亮とタクシーで帰った。
「もう絶対にあんなことはしないから」また同じことを言った。

翌日、ひどい顔で更紗は仕事に行く。
後日、安西から以前に聞いていた夜逃げ屋さんを紹介してもらい、亮のいない昼間を狙って、文の部屋の隣に引っ越した。

職場では店長(三浦貴大)から以前に言われていた正社員になる話をお願いした。
谷さんに見つからないようマンションから出るときは常に変装をした。
ベランダにいると隣の文から声をかけられる。
出ていけと言われるかと思ったが、好きな場所にいればいいと言ってくれた。
谷さんのことを話してくれた。

彼女とは心療内科で知り合ったこと。
自分は彼女とはつながれないから昔と変わっていない。
彼女とは別れたほうがいいと思っている。

ある日、職場に亮がやってきたが、安西が対応してくれた。
家に帰ると、マンションのエントランスで亮に腕をつかまれた。
文と住んでいるのか?と責められる。
「今なら許すから戻ってきて欲しい」
「わたしが何を許してもらうことがあるの?」
そして亮はまた暴力を振るった。
パトカーまでやってきたが、更紗の証言で痴話喧嘩だと判断され警察は帰っていった。
「本当に悪かった。こんなこともう絶対にしないから」
そう謝る亮に、「もう3回目だよ」と更紗は疲れて彼に別れを告げ、亮は帰っていった。

翌日、安西さんから沖縄旅行に行くから、今度は1週間梨花を預かって欲しいと頼まれ了承する更紗。
梨花が来て、鉄板焼きをするため、文にホットプレートを借り文が家に来るようになった。
それぞれが好きなことをして好きなものを食べる時間が幸せだった。
翌日、梨花が熱を出したが、文が協力してくれて梨花の面倒を交代でみた。
梨花は数日で元気になったが、今度は安西さんと連絡が取れなくなる。
その日の夕方、あと2、3日お願いと連絡が来た。

仕事の帰りが遅くなり、焦って鍵を開けようとすると、怖い顔をした谷さんに腕をつかまれる。
そしてストーカーとして警察に連れていかれたが、文のフォローでなんとか解放された。

2、3日過ぎても安西さんから連絡はなかった。
さすがに梨花は元気がなく布団から出てこなかった。
更紗が仕事に行くと、本社の人が来ていてスタッフルームに呼ばれる。
週刊誌を渡され、そこには「いまだ終わらない家内更紗ちゃん誘拐事件」という記事があった。
ベランダ越しに話をしている文と更紗の写真が掲載されていた。
その翌週は、梨花と文の写真と元恋人Nさんのインタビューが載っていた。
亮だった。
梨花ちゃんが文といるのが心配だ。という内容だった。

更紗は恐怖を感じながらも、こんなことをやめるよう説得するために亮の家に向かった。
亮は最初は開き直っていたが、いざ更紗が部屋を出ると追いかけてきて、「やっぱり戻ってきて欲しい」と腕を掴まれた。そしてもみ合っているうちに亮が階段から落ちて頭をケガした。
やってきた警察に亮は更紗を指さして「この人に突き落とされました」と言った。

警察に連行された更紗はいろいろ聞かれ、その警察官は過去の事件や、今のマンションで暴力されたこと、谷さんにストーカー扱いされたことも全部知っていた。
熱があった梨花の看病をしていた、文も連行され聴取された。
更紗は解放され、梨花と一緒に帰ろうとすると、梨花が抵抗するも警察官に連れていかれてしまう。
そして「わたしにわいせつ行為をしたのは文ではなく預けられていた伯母の家の息子です」
初めて警察官にその事実を言った。
そこへ文が階段から降りてきた。
疲労で血管の浮き出た文の手を取って一緒に帰る。
家に着くと、すべての事情を知った谷さんが待っていて、別れを告げて去って行った。
文はその後に胃液を吐いた。

「文と一緒にいたい」
「どうしてそんなことが言える。俺のことをなにも知らないのに」
「私は何をしらないの?教えて大丈夫だから。」
「トネリコが…成長しなくて。いつまで成長しなくて。はずれだって言って母さんが言い出して引き抜かれた。新しいトネリコは大きくなって母さんは喜んだ」
「いつまでたっても俺だけ大人になれない」
「自分だけが友人とちがっていく。夏が来るのが怖くて水泳の授業は全部休んだ」

更紗の頭の中は真っ白になった。
「俺ははずれだ。引き抜かれたトネリコは俺だ」
文はうなだれた。

彼のはなしⅠ ネタバレ

中学生のころ、文は自分の体がみんなのように成長しないことに不安を感じた。
図書館やネットで調べると、第二次性徴が来ない病気だと思った。
声変わりもせず、痩せていて高身長、子供のまま未発達な性器。
家族旅行や体育の着替えなどは緊張した。
誰にも相談できず病院にも行けない。
大学生になると、多くの人が乗るレールから外れた自分は、幼い女の子を見てかわいいと思い込んでいる間だけ恐怖から逃れられた。

そして更紗と出会い、2か月を一緒に過ごした。
彼女に性的な欲望が芽生えることはなかった。
自由な更紗は自分を解放してくれた。
動物園で逮捕された後、身体検査で異常が分かった。
第二次性徴が始まる前に治療が必要だが、20歳になっていた文は治療を受けるには遅い年齢だった。
もう隠さなくていいという不安から解放され、性犯罪者であることを取り調べで否定しなかった。

少年院を出た後、実家に戻ると、トネリコがあった場所に離れが作られていて、そこに住み、極力外出を控えた。母は、目を合わせてくれなかったがおいしい食事を作ってくれた。
ある日、母が倒れて右手が不自由になったため、兄の家族と両親は暮らすことになり、文は家を出た。
更紗は幸せでいるのか気になり、ネットで検索し、今はK市で暮らしていることを知り、そこに引っ越し、親から譲り受けた金でカフェを開いた。
店の名前は『calico』。日本語で更紗という意味だった。
店を開いてから4年、更紗がカフェにあらわれた。

彼女のはなしⅡ ネタバレ

週刊誌の記事のせいで、更紗は仕事を辞め、文も『calico』を閉店した。
2人で遠い場所で一緒に暮らすことにした。
更紗は文に恋をしていないし、キスもしない。
だけど今まで身体をつないだ誰よりも文と一緒にいたい。
更紗と文との関係を表す適切な世間が納得する名前は何もない。

彼のはなしⅡ ネタバレ

騒ぎから5年後、更紗と文は、13歳になった梨花とファミレスで会っている。
最初の2年は週刊誌の影響で落ち着かず、あちこち引っ越し、今は長崎で2人でカフェをしている。
年に1度、梨花に会いに長崎から出てくる。
隣に座る高校生が、更紗が警察に泣きながら連れていかれる動画を見ていて、梨花が怒る。
「うっさいなぁ。店の中で動画の音出すなっつの」
「誰もなんも知らないくせに」と涙をこぼした。
そんな梨花を更紗は黙って抱きしめた。
「長崎にいられなくなったら次どこに行こうかなって話してるのよ」更紗は楽しそうに言った。
「更紗のいきたいところにいけばいい。どこにでもついていくよ」文は言った。

梨花が帰った後、更紗は文の肩にもたれてうたたねをしている。
窓の外は夜で月の位置すらあっという間に変わっていく。
口元で微笑み文も目を閉じた。
ねえ文、今度はどこにいく?
どこでもいいよ。
どこへ流れていこうと、ぼくはもう、ひとりではないのだから。

主人公にイライラする読者も!その理由とは?

原作を読み、主人公・更紗に共感できず、イライラするという感想も多かったようです。

例えば…
なぜ、警察で孝弘に暴行されていたことを言わなかったのか?そうすればここまでこじれることはなかった。
性行為が苦手、人に分かってもらえないと言いながらも、男とは付き合って、いざ結婚となったら困惑するなんて、だったら人付き合いしなければいい。

私が読んだ感想は、素直に更紗と文の愛のカタチがあって、幸せになってよかったと思いました。
亮は執着心が強く悪い人と思いましたが、上記の意見を見ると、亮もちょっとかわいそうだったのかなとも思えます。
重い話ではありますが、映画館では登場人物の想いを感じながら見たいと思います!

タイトルとURLをコピーしました