【ウエディング・ハイ】ネタバレ!岩田剛典の新境地にファン歓喜!その理由とは?

ウエディングハイネタバレトップ

出典:【ウエディング・ハイ】公式HP

【ウエディング・ハイ】が2022年3月12日(土)に公開されました!
主演は、【アンフェア】シリーズなど多数の代表作を持つ、実力派女優の篠原涼子さんです。
また篠原さんとは初共演となる中村倫也さん。関水渚さん、岩田剛典さん、高橋克実さん、向井理さんなど多数の豪華なキャストが出演されます。

メイキング映像も自然に笑っててアドリブも多いのかも?楽しみ!

本記事では、【ウエディング・ハイ】のネタバレ、岩田剛典さんの新境地の演技にファンが歓喜した理由について書いていきます。

ADVERTISEMENT

【ウエディング・ハイ】の概要

スタッフ・主題歌

脚本バカリズム
監督大九明子
主題歌東京スカパラダイスオーケストラ

脚本は、芸人でもあり、多数のドラマの脚本を担当してきたバカリズムさんです。
監督は、日本映画批評家大賞・監督賞を受賞し、放送中のドラマ『シジュウカラ』の監督も務める大九明子さん。
主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラの「君にサチアレ」で、ポップで明るい曲がこの映画にピッタリで華を添えています。

キャスト

ウエディングハイネタバレキャスト

出典:【ウエディング・ハイ】公式HP

  • 絶対に「NO」と言わないウェディングプランナー・中越真帆(篠原涼子)
  • 周りに流されやすい結婚式の新郎・石川彰人(中村倫也)
  • 天真爛漫な新婦・新田遥(関水渚)
  • 花嫁を奪いに式に乱入しようとする元カレ・八代裕也(岩田剛典)
  • スピーチに人生を懸ける彰人の上司・財津俊彦(高橋克実)
  • 披露宴会場に現れる謎の男・澤田紀昭(向井理)
  • バラエティ番組のディレクターとして働く彰人の後輩・相馬慎治(中尾明慶)
  • 裕也の友人・真壁宗介(浅利陽介)
  • 裕也の友人・倉田大輔(前野朋哉)
  • 彰人の高校の同級生・滝本直樹(泉澤祐希)
  • 遥の高校の同級生・山下沙和(佐藤晴美)
  • ひょんなことから披露宴に招待されるバーのマスター・村木武史(宮尾俊太郎)
  • 遥の父・新田大造(六角精児)
  • 彰人の父・石川紀夫(尾美としのり)
  • 彰人の叔父・石川充(池田鉄洋)
  • 中越と共に働く披露宴スタッフ・加藤友梨(臼田あさ美)
  • 遥の高校の恩師・樋口良子(片桐はいり)
  • 遥の上司・井上司朗(皆川猿時)
  • 相馬が担当するバラエティ番組の出演者・空気階段(本人)(鈴木もぐら・水川かたまり)
  • 結婚式場の強面な料理長・料理長(岡野陽一)
  • 財津がお笑いの勉強のために通う劇場で登場・ヒコロヒー(本人)(ヒコロヒー)
  • 彰人の妹・石川麻里(河邑ミク)

【ウエディング・ハイ】ネタバレ!

ウエディングハイネタバレ

出典:【ウエディング・ハイ】公式HP

結婚式まで

絶対に「NO」と言わないウェディングプランナー・中越真帆(篠原涼子)は、石川彰人(中村倫也)と新田遥(関水渚)夫婦の結婚式を担当することになった。

彰人は本当は結婚式はしたくなかった。
いろんなことを決めるのが面倒なのだ。
だが、彰人は喧嘩にならないように遥に上手く受け答えし、準備を進めた。

財津の努力

彰人は会社の上司・財津俊彦(高橋克実)に主賓スピーチをお願いする。
財津はキャバクラ遊びの流れで不倫をしてしまい、妻と娘には愛想をつかされ、さらにその動画が会社にも広まり、社内中から白い目で見られ絶望していた。
そんな自分にスピーチを頼んでくれるなんてと涙を流す財津。
それから爆笑をとるスピーチをするため、お笑いの劇場に足を運んだり、テレビや本で面白い話し方を勉強し、最高のスピーチを完成させる。
財津は、思わず「できたー!」と叫んだ。

余興がたくさん

彰人は高校の同級生・滝本直樹(泉澤祐希)たちに余興で太鼓を依頼する。
その時にいたバーのマスター・村木武史(宮尾俊太郎)からお祝いとしてお酒をもらい、なぜか彼も結婚式に招待することに。また、バラエティ番組のディレクターとして働く後輩・相馬慎治(中尾明慶)に生い立ちのビデオをお願い。
実家に帰り、父・石川紀夫(尾美としのり)がマジックショーをやりたいと言うのでそれもやることに。彰人の叔父・石川充(池田鉄洋)が「縄抜け」ができるよ。とアピールするがそれは断った。

遥も上司・井上司朗(皆川猿時)に乾杯の挨拶をお願い。
高校の恩師・樋口良子(片桐はいり)にスピーチと、同級生・山下沙和(佐藤晴美)たちにダンスの余興をお願いした。また実家の父・新田大造(六角精児)は魚屋なのでマグロの解体ショーをやると言い出した。

元カレ裕也が式場へ

ある日街で偶然、遥が大学時代の友人・倉田大輔(前野朋哉)に会う。
彼に結婚することを伝え、「大学の友達まで呼べなくてごめんね」と謝った。

遥の大学時代の元カレ・八代裕也(岩田剛典)は友人・真壁宗介(浅利陽介)と倉田と3人で温泉旅行に来た。温泉に入り、夕食では、カキが食べられない2人からカキをもらい食べる裕也。その時に、遥が明日、結婚式を挙げると倉田から聞く。
大学時代、付き合っていた遥と裕也。
遥がお見合いすることになり、「どう思う?」と聞かれ「すればいい。」と答えてしまい、そのささいな喧嘩が原因で別れてしまった。
裕也はそのお見合いで知り合った男と遥が、いやいや結婚すると思い、花嫁を奪いに行こうと翌日の朝、3人で式場に向かった。

式場に着くと、タキシードを着た澤田紀昭(向井理)がいて、裕也が式場の場所を聞くと、「スタッフじゃないんで…」と言われる。

披露宴スタート

式は無事に終わり、12時から披露宴が始まった。
まずは彰人の上司・財津の主賓スピーチだ。
人生をかけた彼は緊張しつつも、終始大爆笑でスピーチを終える。

次は相馬による生い立ちVTR。
生い立ちとは言えないもので、2人の役者が彰人と遥を演じ、最後は抱き合うというシュールな映像だったが、会場からは拍手喝采。近くにいた子供からサインを頼まれ喜ぶ相馬。

真帆はスタッフ・加藤友梨(臼田あさ美)と「どっちも長いね…」と話していた。

次は、遥の上司・井上の乾杯の挨拶。
事前にスギちゃんばりの大きなコーラを準備していて爆笑をとるつもりだったが、財津に先を越され焦った。しかし、井上の挨拶も盛り上がった。

緊急事態発生!

財津の挨拶と相馬のVTRが20分ずつで、この時点で披露宴が1時間押しとなる。

真帆がそれを彰人と遥に伝える。
「何とか方法はないですよね…」
「厳しいですよね…」
そう言う2人に「分かりました!」と答えてしまう真帆。

真帆はスタッフ全員を集める。
「緊急事態です!1時間押しています。」
他のスタッフは何を削るか考えるも、新郎新婦がやりたいと思っていることはやめられないと、1時間の遅れを取り戻す作戦を決行する。
各参列者に協力をお願いにいく真帆たち。

時間短縮作戦!

真帆たちが考えた時間短縮作戦を決行する。

  • 遥の高校の恩師・樋口が「幸せになって」と一言のスピーチで終わらせ、遥が涙する。
  • お色直しは歩いている途中から遥にアクセサリーや靴を脱がせ時間を巻く。
  • 相馬の祝福コメントVTRは20分のところ、3分につなぎ合わせてもらい、それも拍手喝采となった。
  • キャンドルサービスは普通なら1卓ずつ回るところを、2人の持っているキャンドルを上げるとすべての会場の炎がついた。
  • 余興は、太鼓・ダンス・マジックショー・マグロの解体ショーを全て同時に行うことにより、時間を短縮。どの余興も好評だった。

時間を元に戻せて大喜びする真帆と加藤。
残るは、新婦の手紙と花束贈呈のみ。
しかし、マジックショーで消えた遥の父が本当にいなくなってしまう。
真帆が探し回り、何とかぎりぎりの時間で父が見つかり、遥が泣きながら手紙を読む。
真帆たちの努力により、無事に披露宴は何も削らずに終わらせることができた。

裕也と澤田

会場の外に出ると何やら騒ぎになっている。
真帆が他のスタッフに何があったかを聞く。

披露宴の間、会場の外で裕也と澤田による攻防が繰り広げられていた。
澤田は実は窃盗の逃亡犯だった。
タキシードは新郎のお色直し用の衣装を盗んで着て、スタッフになりすまし祝儀を持ち逃げしようとしていた。
澤田がトイレに入り祝儀袋をタキシードのポケットに詰め込んでいると、昨日のカキにあたってお腹が痛くなった裕也が入ってきてトイレから出る澤田。
裕也が出てくるとまた隠れてトイレにもどり祝儀袋を詰める。
トイレから出ようとするも、ずっと披露宴会場の前に中に入ろうか悩んでいる裕也がいるため、なかなか出られない。
裕也はまたお腹が痛くなりトイレに行こうとすると、すれ違おうとした澤田が転び祝儀袋が散らばる。
澤田が泥棒だと気づいた裕也。追いかけるが澤田は走って外へ逃げる。
裕也はその場にうずくまり、お腹の痛さに我慢できず、うんちを漏らしてしまう。
そして裕也が「泥棒だ!誰か捕まえて!」と叫ぶと、縄が飛んできて、澤田は捕まり転ぶ。
転んだ澤田の上にジャンプし、顔の上に飛び乗る裕也。
あまりの臭さに気絶する澤田。
縄は彰人の叔父が「縄抜け」のために持ってきたが余興を断られて置いていったもので、ボーイスカウトをやっていたバーのマスターの村木がたまたまそこにいて、投げたのだった。

使える引き出物

何があったかを聞き納得する真帆。
裕也は帰ってしまい、「お礼を言いたかったね」と言う彰人と遥。
裕也はすでに倉田たちと車に乗って移動していた。「なんか臭い」と言う真壁の言葉も無視し、遥が幸せそうでよかったと思う裕也。
そして村木からもらった引き出物にはパンツが入っていて、「これは使える」と言う裕也。

結婚式が終わり、真帆はブランコに乗って休憩していた。
自分の結婚式のプランナーにあこがれて入った会社だが、そのプランナーは上司としては最悪だった。そして自分もすでに離婚している。
それでも新郎新婦には、自分が味わったような幸せな1日にしてほしいという気持ちでこれからも仕事していこうと思う真帆だった。

岩田剛典の新境地にファン歓喜!その理由とは?

筆者も朝イチで観てきました!
岩田剛典さんがインタビューで「今までにやったことない役」と言っていましたが、「そりゃそうだ!」と思いました。あの岩ちゃんが、うんち漏らすなんて…(笑)
Twitterでも岩ちゃんファンからたくさんの感想がありました。

上記のツイートと同じく、筆者も「岩ちゃんでもこういう役するんだなー」と思い、新しい一面に新鮮さを感じ、嬉しくなりました。

個人的には、篠原涼子さんが余興をまとめてやることを各代表者にお願いしているシーンで、彼女が振り返った時、六角精児さんの顔にポニーテールの髪が当たって、ビンタみたいだったのがツボでした(笑)
みなさんも映画館に行ってぜひ笑いましょう!

タイトルとURLをコピーしました