【砕け散るところを見せてあげる】原作ネタバレ!一度読むだけでは理解できない理由は?

砕け散るネタバレトップ

出典:~映画【砕け散るところを見せてあげる】~公式HP

2021年4月9日(金)に公開される、映画【砕け散るところを見せてあげる】。
「愛には終わりがない」をテーマに、竹宮ゆゆこさんの傑作小説映画化されました。
主演は、中川大志さん、ヒロインは石井杏奈さんです。
そのほかに、若手俳優の北村匠海さん、井之脇海さん、清原果耶さん、松井愛莉さん。ベテラン勢からは堤真一さん、原田知世さん、矢田亜希子さん、木野花さんなど豪華な俳優陣が脇を固めます。

清原果耶さんは2021年の朝ドラ【おかえりモネ】にも出演し大注目。

本記事では、映画【砕け散るところを見せてあげる】の原作ネタバレ、一度読むだけでは理解できない理由についても書いていきます。

映画【砕け散るところを見せてあげる】のキャストと相関図!原田知世はなぜ役名がない?
出典:~砕け散るところを見せてあげる公式HP~ 2021年4月9日(金)に映画【砕け散るところを見せてあげる】が公開されます。 竹宮ゆゆこさんの傑作小説が待望の映画化となりました。 主演は、中川大志さん、ヒロインには石井杏奈さんで...
ADVERTISEMENT

映画【砕け散るところを見せてあげる】の概要

出典:~映画【砕け散るところを見せてあげる】~公式HP

ワルシャワ国際映画祭 国際コンペティション部門正式出品となった、この映画の監督は、自らも俳優活動している鬼才のSABUさんです。これまでも、【蟹工船】や【うさぎドロップ】などの多数作品のメガホンを取ってきました。
ストーリーは、平凡な日々を送る主人公・濱田清澄(中川大志)が学年一の嫌われ者と呼ばれる孤独な少女・蔵本玻璃(石井杏奈)に出会います。二人はお互い惹かれあいますが、彼女には誰にも言えない秘密がありました。その秘密に気づき始めた清澄に<恐るべき危険>が迫り、物語は予測できない衝撃の展開になります。
ラストは「愛には終わりがない」というテーマの通り、世代を超えた壮大な愛に包まれます。

映画【砕け散るところを見せてあげる】のキャストは?

砕け散るネタバレ

出典:~映画【砕け散るところを見せてあげる】~公式HP

  • 主人公で玻璃を助けるヒーロー・濱田清澄:中川大志
  • いじめを受け清澄に助けられる・蔵本玻璃:石井杏奈
  • 清澄の親友・田丸玄悟:井之脇海
  • 玻璃をいじめから守る同級生・尾崎・妹:清原果耶
  • 清澄の同級生で味方的存在・尾崎・姉:松井愛莉
  • 清澄と原田知世の息子・真っ赤な嵐:北村匠海
  • 清澄の母:矢田亜希子
  • 清澄と玻璃を応援するクリーニング屋のおばちゃん:木野花
  • 清澄と結婚し真っ赤な嵐の母・???:原田知世
  • 玻璃の父:堤真一

清原果耶さんや北村匠さんなど、他の映画でも主演を務め、今をときめく若手俳優に加え、豪華なベテラン勢のキャスティングも楽しみです。
特に堤真一さんがどんな狂気を見せてくれるのか、今までの筆者のイメージとのギャップがあるので注目しています。
このあと原作のネタバレを書いていきます。

【砕け散るところを見せてあげる】原作ネタバレ!

俺と母さんの話

「つまり、UFOが撃ち落されたせいで死んだのは二人」
と玻璃が言った。この二人とはは誰のことなのか俺にはわからなかった。

高校三年生になった俺は、センター試験を控えていた。合格をイメージし、合格したと思うようにしていた。俺は自分の部屋で、「変身!」「正義のヒーロー見参!」とポーズを決めていた。それを夜食のおにぎりをもってきた母さんに見られた。母さんは大爆笑していた。

父さん、母さん、俺の話

ここからは父さんと母さん、そして俺の話。

俺がヒーローになりたいのは、父さんがヒーローだったからだ。
俺の父さんは、俺が産まれる数日前に、川が増水し車が流れてしまい、その中にいた人を助けて、自分は死んだ。母さんは父さんのことを「あの人は正真正銘のヒーローだった。あの人と出会えて、今はあんたもいる。私はあの人と出会ってから今も最高に幸せでたまらない」と言った。俺は今「お父さんそっくりになってきたね」と言われるのがうれしかった。いつか絶対に父さんみたいにヒーローになってみせると思っていた。
幼い俺に母さんが父さんから聞いたヒーローの3つの掟を教えてくれた。

その1、ヒーローは、決して悪の敵を見逃してはならない。
その2、ヒーローは、決して自分のために戦ってはならない。
その3、ヒーローは、決して負けてはならない。

父さんは死んでしまったが、残された命が勝利の証だと俺は思っている。

玻璃と清澄の出会い

ここからが本当の俺、濱田清澄(中川大志)と蔵本玻璃(石井杏奈)の話。

月曜の全校集会に遅刻した清澄は、高校3年ながら、1番後ろの1年の後ろに並んで話を聞いていた。
すると一人の女生徒に、他の男女生徒が、ゴミや、紙くず、上履きを投げつけていた。みんながクスクス笑っていた。いじめ?と思った清澄は、放っておけず、その女生徒・玻璃を助けた。集会が終わりゴミを集めていた玻璃に声をかけてポンと優しく背中に触れた。すると玻璃が「ああああああああ!」と叫んで清澄をにらんだ。玻璃の髪はボサボサべたついていて
、タイツも毛玉だらけで、スカートのプリーツも死んでいるという奇妙な身なりだった。長い前髪をおろした隙間から見えた顔は青白かった。ほかの生徒は「またあいつかよ」「やっべえ」などと言いながら通り過ぎていった。玻璃は清澄にゴミを投げつけてきた。そこに親友の田丸玄悟(井之脇海)が来て一緒に教室に戻った。昼休み、1年に妹がいるクラスメイトの尾崎(松井愛莉)から「玻璃はやばい。学年一の嫌われ者だから」と忠告された。しかし誰も彼女に味方がいないと思うと、清澄は放っておけなかった。

玻璃を助けるヒマセン

それから昼休みに1年A組に見に行くことにした。玻璃をいじめから助けたが、その時も玻璃は清澄をにらんでいた。清澄は帰りに玻璃の上履きが落ちているのを見て、下駄箱に戻した。それから毎日昼休みは玻璃の教室に行き、いつもなくなっている上履きを探して玻璃の下駄箱に戻した。早く帰れるはずの半ドンの土曜にも探した。ある日、尾崎から1年の間で「ヒマセン」と呼ばれていることを聞いた。受験生だから暇じゃないと思ったが、玻璃を助けずにはいられなかった。

閉じ込められた玻璃とおばちゃんのやさしさ

田丸と勉強してからの帰り、トイレに行きたくなった清澄は学校近くの市営運動場のトイレを思い出しそこに行った。その時女子たちが、「1年がトイレを占領している」と文句を言っていたことを思い出した。女子トイレをのぞくと、一番奥に清掃中の札が立っていた。掃除道具入れの中に玻璃が水をかけられて閉じ込められていた。土曜のこんな夕方まで、かなり寒かったはずだった。玻璃を助けた清澄は初めて玻璃と話した。玻璃は初めて助けられた時、ゴミを投げたことや、上履きを探してくれていることについても謝った。「先輩のこと信じます。」と玻璃は言った。
親が心配するから濡れたままで帰りたくないと言う彼女のため、いつも行っているクリーニング屋に二人で行った。おばちゃんは(木野花)は温かく迎えてくれた。服を乾かしてもらい、待っている間におばちゃんが出してくれたおしるこを二人で食べた。清澄は、おしるこに喜ぶ玻璃のために、内緒で自分のもちを入れてあげた。清澄は玻璃に前髪を上げたほうがかわいいと伝えた。また玻璃が清澄を「ヒーローみたい。私も強くなりたい。」と言った。「いじめたやつらを戦うためか?」と聞くと、玻璃は「UFOを撃ち落します!」と言った。
なぜそんなことをいうのか、帰り道に話を聞くと、玻璃の母が四年前に家を出て行ったとき、父から「お母さんはUFOにさらわれたから、諦めなさい」と言われたと話した。父が母に暴力など、ひどいことをしたのは確かだから仕方ないとも思っていたが、独りぼっちの父がかわいそうで、それから悪いことは全てUFOのせいだと思うようになった。母方のおばあちゃんは一緒に住んでいるがとても静かだとも言った。玻璃は、清澄が初めて助けてくれた日に、「先輩がUFOを見つけてくれたと思った。」と言った。清澄は玻璃にヒーローの3つ掟を教えてあげた。帰り際、玻璃を笑わせてあげたくて「変身!とう!」とポーズを見せた。清澄は彼女が笑ってくれたことが嬉しかった。

おはぎ事件と尾崎妹

次の月曜に、玻璃を学校へ行く道の途中で待ち伏せし、前日におばちゃんからもらったおはぎを渡すした。おばちゃんは玻璃の体にあざがついていたのを心配していた。玻璃は清澄のアドバイス通り髪を上げて、制服もきれい、タイツの毛玉もなく明るい雰囲気になっていた。行く途中、尾崎の妹(清原果耶)が玻璃のなくした眼鏡を探して渡してくれた。清澄の助けもあり、玻璃は「ありがとう、いつもごめんね。」と言うことができた。
その日の昼休み、清澄は今日は玻璃を見に行かないつもりだったが、様子がおかしいので見に行くと、玻璃の机は蹴られ、おはぎは食べられない状態で下に落ちていた。尾崎の妹が助けに入った。ふざけた男子が落ちたおはぎを尾崎に投げようとした瞬間「見てろ、私は変わるから。」と言った玻璃が尾崎をかばい、きれいになった制服におはぎが当たった。今度は、ほかのおはぎを男子が玻璃めがけて投げると、到着した清澄がそれを顔面で受け、鼻血が出た。
保健室のベッドにいた清澄を心配して玻璃が来た。「これもUFOのせいだ」と清澄は言った。おはぎを食べられなかったことで落ち込んでいた玻璃と、好きな甘いものの話をした。いじめのことを父に話すことを勧めると、「自分は何もケガとかさせられたわけではない。今は先輩も尾崎さんもいるから大丈夫です。」と言った。清澄はおばちゃんの言っていたあざは、いじめでできたものではないのか?と違和感を覚えた。

玻璃と父の秘密

「おはぎ事件」はクラス会議となり、その日以来、玻璃へのいじめはなくなった。清澄は玻璃を待ち伏せして毎日一緒に登校していた。二人にとって楽しい時間だった。
ある日、清澄は玻璃の手首に内出血の跡があるのを見つけた。それをやったのは父しかいないと疑った清澄は、計画を立てた。数学の過去問を渡すからと帰りに玻璃を家に呼んだ。そのまえに二人でおばちゃんに会いに行き、玻璃がおはぎを食べられなかったことを話した。おばちゃんは赤福を出してくれて玻璃は嬉しそうに食べた。その後、17時ごろ、二人で清澄の家に行き、私立病院のナースの母(矢田亜希子が帰ってくると、玻璃を気に入り、楽しく話した。気づくと時間が18時45分だったため父が帰る19時までには帰らないといけない玻璃は焦った。そこで母と清澄が車で送っていくことにした。玻璃は困っていたが、清澄は父の顔を見ておきたかった。
車で走ると前に玻璃の父(堤真一の車がいた。パッシングするとすごい勢いでバックしてきて、三人はびっくりした。降りてきた父は普通の眼鏡をかけた男性だった。玻璃に対する圧力を感じた。母が、玻璃の父に挨拶をすると、笑顔で「お世話になりました。」と言ったがそのあと真顔にすぐ戻った。母が「おばあ様がいると介護大変ですよね?」と話すと、父は「介護とかではないんですよ。お気遣いなく」と言った。父が「うちにはいないんです。」と言うので、「病院ですか介護施設ですか?」と聞くと「市立です。」と父は言った。そのまま別れたが、母は、10年以上務める「市立病院で、あんな人見たことないし、あの人嘘ついてる。」と言った。清澄は玻璃がなぜ嘘をついたのかわからなかった。清澄は、玻璃のUFOを見てしまった。と思った。

玻璃からの拒絶

次の日から玻璃は待ち合わせ場所に来なくなった。
避けられ続けたが、終業式の日、おばちゃんのおはぎを玻璃の下駄箱に朝一で入れておいた。しかし、玻璃は清澄の下駄箱に返そうとしていた。清澄は「それはおばちゃんからだから俺は関係ないからもらってくれ」と言ったが、「もう関わらないでください。毎日待ってて気持ち悪かった。先輩が嫌いです。先輩といると死にたくなるんです。」と言った。それでもおはぎを渡そうとすると、玻璃は、また「ああああああああ!」と叫んで走り去っていった。その場にいた尾崎の妹が追いかけて、「あんたなんか勝手に死んでろ!あんたのことちょっとは分かったと思ったのに…」と泣きながら言った。
その後、田丸とシェイクで打ち上げをし、別れた後一人で玻璃の家に行った。呼びかけたが玻璃は出てこなかった。清澄は「見てろ…」と言い二人の上のUFOを撃ち落すことを誓った。

父は危険です!

翌日の終業式も玻璃は現れず、学校自体を休んでいた。
家に帰ってもずっと玻璃のことを考えていた。母は夜勤で出かけたが、寒気がして窓の外を見ると、フードをかぶった玻璃がいた。急いで家に入るように言うと、電気を消してほしいと玻璃が言った。家に入ると玻璃は、「危険が迫っています。お母さんも一緒に逃げてください。」と言った。「何が?」と言うと「UFOです。攻撃を開始しようとしています。」「父は危険です!」よく見ると玻璃は顔は半分腫れあがり、ボコボコにされていた。これを見て玻璃の言葉を信じた清澄。玻璃は、実は昨日閉じ込められていて、清澄が家に来た時父と家の中にいたことを話した。父は清澄たちにおばあちゃんが病院にいるというウソがばれて、混乱している。玻璃が清澄の住所を言わないので会社まで休んでいた。違う番地を教えて今日も父は仕事に行ったが、必ず殺しにくると思って、窓から飛び降りて清澄に危険を知らせにきたのだった。清澄は自分が玻璃を守れなかったのに、彼女は自分を守ろうとしてくれてることを知って泣いた。「玻璃は綺麗、花束みたいだ。」と言った。そして今から二人でUFOを撃ち落しに行くと決めた。「俺たちはヒーローだ。」と清澄は言った。崩れ落ちて泣く玻璃を清澄は優しく抱きしめた。

田丸との友情

清澄は田丸に頼んで、彼の家に置きっぱなしだった、ボート型のフロートを持ってきてもらった。田丸は心配して「蔵本がらみじゃないよな?俺にウソつくわけないよな?」と釘を刺した。清澄は違うと嘘をついた。そして田丸に「友達でいてくれてうれしいよ。今までずっと言いたかった。ありがとう。」と言った。「田丸は酒でも飲んだか?」と言ったが、「また明日電話するよ。」と言って別れた。

玻璃のおばあちゃんの真実

玻璃が中学生のころ、家に帰るとおばあちゃんは「静か」になってスーツケースに入れられていた。父は「年金もほしいし、葬式も出したくないから沼に捨てよう。」と言ってそれを玻璃に手伝わせた。父は「これで完全に共犯だな」と言った。玻璃は警察に言ったら、一人になってしまうのが不安で、今まで言えなかった。清澄は、警察に行ったところで刑に服した父がまた玻璃を狙いにくるのが怖かったため、『玻璃に振られたがしつこかった自分が、偶然沼で死体を発見した』ことにするつもりだった。

母の真実とUFOを撃ち落した玻璃

二人で沼に向かい、玻璃は岸部で見ていた。
清澄はフロートで沼に入り、スーツケースを探したが見つからない。スーツケースが下向いたものを見つけたが、沼にハマり苦しくなった。その時青く光るものが見えてそれを手に取った瞬間、スーツケースに足がつき、やっと水から顔を出し、スーツケースの蓋だけを持って岸に戻った。玻璃はそれをみて、「違う違う違う違う!」と連呼した。それは父のものではなく、4年前に出て行ったと思っていた母のスーツケースだった。清澄が手に持っていた青く光ったものは母のピアスだった。玻璃の母は父に殺され沼に埋められていたのだった
。二人は警察に電話するため玻璃がピアスだけを握りしめ、玻璃の自宅に戻ったが鍵を忘れて入れなかった、近所の家に行こうとした瞬間、玻璃の父にゴルフクラブで二人とも殴られた。二人とも玄関の中に引きずり込まれた。父はタンクに入った液体を清澄や家全体にかけた。父は二人と家をまるごと燃やそうとしていた。倒れたままの清澄は指を上げて変身!と言いたかったが、できなかった。そのかわり、倒れている玻璃が人差し指を上に向けた。玻璃は持っていた青いピアスを投げ、カツンと音がした。父はそれを探そうとゴルフクラブを離した瞬間、玻璃が跳ね起きて、ゴルフクラブで父を殴った。何度も何度もゴルフクラブ叩き落しUFOを撃ち落した。木端微塵になるまで。赤い雨が降りそそいだ。

玻璃との決別

清澄は病院のベットの上で目が覚めた。激痛にうめいた。母が「清澄がんばれ!みんないるからね。」と言っていた。思わず玻璃!と言いそうになったが、それはやめた。玻璃にはこの事件が終わったら、名前を変えて、新しい人間として生まれ変わってほしい。と思ったからだ。母が「清澄!お父さんももう来るからね!新幹線乗ったからね!」と言った。清澄の父と母は離婚していて、父には別の家族がいた。父は「心配した。ずっと会いたかった。」と泣いて清澄を抱きしめた。母がそれを見て泣いていた。警察にはすべてを正直に話した。どうして彼女と関わることになったか聞かれ「好きだったからです」と話した。沼からは二体の白骨が上がり、玻璃に殺された父もただの被害者ではないことが世間に明るみになった。退院は卒業式に間に合い、玻璃の下駄箱には何もなく、玻璃がいた形跡もなかった。孤独が宙に浮いてそれがUFOになっていることに気付いた。

彼女との再会と結婚

それから季節が巡り、三度目の春に名前を変えた、彼女と再会した。
二人は離れることをあきらめ、別の場所に住むことにした。母にも病院を辞めてもらい三人で暮らし始めた。その町で清澄は大学に通い、卒業し、就職もした。結婚する直前に自分のUFOを紹介するとそれは彼女にも見えていた。結婚し、幸せになり、子供ができて、孤独じゃなくても二人のUFOは消えなかった。奥さんが夕方外を見ているとそのまま空と同化するのではないかという不安にもかられた。
清澄はもうすぐ息子が産まれてくるというのに、濁流に飲まれた車の中にいる女の子を助けるため、水の中にいた。その子は「蔵本玻璃」に似ていた。久しぶりのその名前を呼んだ。清澄は玻璃を赤い雨の中に置き去りにしてきた。過去にも沼で同じことがあったことを思い出し、その時は自分で救えなかったものを今度こそは救いたかった。清澄はその女の子を救うことにより、自分の上のUFOを撃ち落した。水に流されながらその瞬間を見た。そうして清澄は玻璃のことを永遠に愛しつづけると思った。

ここまでは蔵本玻璃と濱田清澄の話。

真っ赤な嵐の誕生と20年後

生きなきゃ。
新しい命は真っ赤な血に濡れ、嵐のように泣いていた。
彼女(原田知世は「真っ赤な嵐」(北村匠海を産み、そこからは生きることだけを考えた。夢中で気づけば20年以上も経っていた。
彼女は自分の本当の名前を言う時が来たと思った。真っ赤な嵐は「警察官になり、父のようにヒーローになる!」と言っていた。しかし身上調査で自分や父がしたことで警察官には採用されないと思った。彼女は「本当は私玻璃っていうの」と今までのことを真っ赤な嵐に話した。
「つまりUFOが撃ち落されて死んだのは二人」
彼は泣きながら話を聞いていた。死んだのは二人じゃない。人差し指はおばあちゃん、中指はお母さん、親指はお父さんで一つのUFOで私が撃ち落した。薬指はあなたの父親の濱田清澄。彼がもう一つのUFOを撃ち落してくれた。だからUFOが撃ち落されて死んだのは二人。」
玻璃の話を理解したかはわからなかったが、真っ赤な嵐は警察官をやめてジャーナリストになって、こだわっていた地元ではなく別の都市で就職した。玻璃のさみしさを察知した清澄の母が一緒に住んでくれた。玻璃は楽しくて毎日笑っていた。そんなある日真っ赤な嵐からテレビに出ると連絡があり、急いでつけると、台風中継をしていた、波にのまれたと思われたが、スタジオから「大丈夫ですか?」と声がかかると「大丈夫です!頑丈ですから。ヒーローの子ですから!」と彼は答えた。玻璃は「行かなきゃ!」と言ってスマホを持って走りだした。

父さんと母さんと俺の愛

母さんは「変身!」と言っていた俺を見て、まだ爆笑していた。二人は窓辺で立ち、俺は母さんとの間を少しあけた。父さんがいつでもここにきていいからという意味で。
うちは互いを呼ぶ声が絶えることはない。母さんがいて、俺がいて、父さんがいる。そしてみんな、愛には終わりがないことを信じている。

一度読むだけでは理解できない理由は?

砕け散る二人

出典:~映画【砕け散るところを見せてあげる】~公式HP

ここまでネタバレを書いてきましたが、初めて読んだときは、特に清澄が目覚めてから最後のほうが、まったく理解できませんでした。
誰の話なのか?いつの話なのか?UFOって何?など…
分からなさすぎて、ネットで解説を読んでしまいました(笑)それくらい、一度読んだだけでは理解するのが難しい話でした。

大まかに解説すると……
①最初とラストに出てくる、「父さん、母さん、俺」というのは、「清澄、玻璃、二人の息子の真っ赤な嵐」です。最初は完全にミスリードされました。清澄の父がヒーローだと思っていたら、実は、清澄自身がヒーローだったのです。
②「UFO」についても最初は気にせず読んでいましたが、これについても意識しないとついていけません。最初に玻璃が言った、UFOが撃ち落されて死んだ二人は、玻璃が自ら殺した父と、清澄自身でした。これによりUFOが二人から消え、永遠の愛が手に入ったという解釈をしました。
難しい話ではありましたが、何度読んでも楽しめるという意味では面白い話でした。
これが映画ではどう表現されるのか、ますます映画を見たくなりました!
みなさんも、ぜひ映画館でそれを確認しましょう!

タイトルとURLをコピーしました