映画【余命10年】ネタバレ!泣けるポイントと納得できる変更点とは?

余命10年ネタバレ

出典:映画【余命10年】公式HP

2022年3月4日(金)に、映画【余命10年】が公開されました!
W主演で、小松菜奈さんが「余命10年」と知らされる病気の女性・茉莉を演じ、坂口健太郎さんが彼女と同窓会で再会し恋に落ちる恋人・和人を演じます。
また、山田裕貴さん、奈緒さん、黒木華さん、松重豊さん、原日出子さんなど、演技派俳優たちがが脇を固めます。

タイトルだけで絶対泣けそう…テレビの予告でも観た人みんな泣いてた。

本記事では、映画【余命10年】のネタバレ、泣けるポイントと納得できる変更点について書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【余命10年】について

原作・スタッフ

監督藤井道人
脚本岡田惠和・渡邉真子
原作小坂流加
  • 監督はアカデミー賞を受賞した【新聞記者】などのメガホンを取り、先日、『情熱大陸』にも出演されていた注目の人・藤井道人さんです。
  • 脚本は、90年代から多数のドラマの脚本を手掛けた岡田惠和さんと放送中のお仕事とラブストーリー要素のあるドラマ『ムチャブリ』の脚本を書いている渡邉真子さんが担当します。
  • 原作は自身も主人公と同じく難病を患っていた、小坂流加さんによる小説です。小坂さんは小説の発売3か月前に逝去されています。

キャスト

余命10年ネタバレキャスト

出典:映画【余命10年】公式HP

  • 不治の病で余命が10年の主人公・高林茉莉(小松菜奈)
  • 茉莉と恋に落ちる・真部和人(坂口健太郎)
  • 2人の中学の同級生・富田タケル(山田裕貴)
  • 茉莉の大学時代の親友・藤崎沙苗(奈緒)
  • 茉莉と沙苗が大学時代の友人と通う店の店長・三浦アキラ(井口理)
  • 茉莉の姉・桔梗(黒木華)
  • 茉莉が通院する病院の主治医・平田先生(田中哲司)
  • 和人のバイト先の店長・梶原(リリー・フランキー)
  • 茉莉と桔梗の母・百合子(原日出子)
  • 茉莉と桔梗の父・明久(松重豊)
映画【余命10年】キャストと相関図!山田裕貴のアドリブに小松菜奈が爆笑!
出典:映画【余命10年】公式HP 2022年3月4日(金)に、映画【余命10年】が公開されます。 主演は、多数の映画に出演し、切ない演技に定評のある小松菜奈さん。そして朝ドラヒロインの相手役で「菅波沼」という言葉も生み出した、坂口健...

映画【余命10年】ネタバレ!

余命10年ネタバレ

出典:映画【余命10年】公式HP

2011年、桜の季節。
病室で子供の入学式の映像をハンディカムのビデオを見ながら「小学校の入学式に間に合ったの」と言う礼子。
彼女は茉莉(小松菜奈)に「最後まで生きてね」と言ってそのビデオを渡す。
そして彼女は亡くなった。
葬儀の帰り、茉莉は桜の木をビデオで撮影した。

2013年、長い闘病生活を終え茉莉は退院する。
母・百合子(原日出子)、父・明久(松重豊)、姉・桔梗(黒木華)とビデオを回しながら2年ぶりの家に帰る。
茉莉はこれから楽しいことをビデオを撮り続けることにした。
茉莉は肺高血圧症で医師・平田先生(田中哲司)から「余命10年」と言われていた。
しかし平田は「医療も進歩しています。一緒に頑張りましょう。」と言った。

茉莉は、大学時代の友人の美弥や沙苗たちと再会する。
美弥の彼氏・三浦アキラ(井口理)の店で、三浦を紹介される。
病気が治ったと思っている美弥たちは「元気になってよかったね」と喜ぶが複雑な表情の茉莉。
その帰り、沙苗から「小説書かないの?」と聞かれる茉莉だが「もう昔の話だよ」と笑ながら答えた。

三島市へ中学の同窓会に行く茉莉。
入ろうか迷っていると、和人(坂口健太郎)から「入らないんですか?」と声をかけられる。
茉莉は和人のことを覚えていなかった。
東京にいるのはタケル(山田裕貴)と和人と茉莉だと分かり、タケルから「また飲みに行こう」と言われる茉莉。
そして、タイムカプセルを受け取る。14歳の茉莉からの手紙だ。

14歳の茉莉へ
元気ですか?
恋人はいますか?小説は書いていますか?
元気に生きていくてださい。

みんなが二次会へ向かう中、和人は飲みすぎて吐いてしまう。水をあげる茉莉。
和人は、中学の時、茉莉にボタンを付け替えてもらったことを覚えていると話した。

東京に戻り、スーツで仕事の面接に行く茉莉。
一方和人は、ぐちゃぐちゃの部屋で無職で生活していた。
そして、自殺を図って部屋の窓から飛び降りる。
タイムカプセルの手紙が置いてあった。

14歳の和人へ
父さんの会社でバリバリ働いていますか?
元気で生きていてください。

和人は実家の大会社も継がず、東京に出てきて1か月前に会社をクビになり、生きる意味を見失っていたのだ。

タケルから連絡があり病院に行く茉莉。
タケルと病室に入り、和人に話を聞く。「なんでこんな事したんだ?」と言うタケルに、元気そうなみんなを見て、自分は無職で何もしていないことを考え、「これっていつまで続くんだろうと思ったらふぁーっと」と言う和人。
それを聞き、涙をためて席を外す茉莉。
「真部くんのことよく知らないけどそれってずるい」と言った。

和人の退院祝いで、東京組の3人でタケルの行きつけの「げん」という焼き鳥屋に飲みに行く。
その帰り、桜並木の下でビデオカメラを構えた茉莉。
「これからどうするんですか?」
「とりあえずバイトして家賃を払います。」
「私も頑張るからもう死にたいなんて思わないでください」
そう茉莉が言ったその瞬間、強い風が吹き桜の花びらが舞う。
2人はお互いに顔を見合わせ笑った。

茉莉は沙苗の出版社でコラムの仕事をもらうことになる。
和人は「げん」でアルバイトとして働き始める。
ある日、タケルに早苗を紹介し、すぐに意気投合し付き合う。
そして4人で遊ぶようになる。
春はお花見、夏は海や花火、冬はクリスマスパーティーをして楽しく過ごす。
夏祭りでは和人が手をつなごうとすると、さっと手を離す茉莉。
4人で鍋を食べ2人が帰った後、和人は「ぶっちゃけ俺の事どう思ってる?」と聞くも、「分からない…」と答え気まずいまま帰る茉莉。

2016年、桔梗が結婚する。
結婚式で体調が悪くなり、トイレで薬を飲む茉莉。
そこへ親戚のおばさんたちが来て、「桔梗ちゃんは落ち着いたけど茉莉ちゃんはかわいそうよね。あと3、4年くらいらしいわよ。」と話しているのを聞き悲しくなった。

出かけようとする茉莉に、桔梗は肺移植できる病院の紙を渡す。
しかし茉莉は、「私は生きることを諦めたんじゃない。治療法がないって分かってるんだからもう戦えない。」と冷たく言い放つ。

また美弥の店に行った時、美弥の夫から友達を紹介したいと言われる。
「その人が心臓に障害がある人で茉莉なら気持ちわかってあげられると思って…」
そう言われ「いいね!紹介して!」と笑顔で言った。
しかし帰りに体に悪いピザやポテトをやけ食いし、店のトイレで泣きながら吐いた。

その帰り、最寄り駅で職場のTシャツのまま茉莉を探していた和人に会う。
「茉莉ちゃんが好きだ。俺が茉莉ちゃんの事守るから一緒にいてください」
和人の告白で2人は付き合うように。
2017年の年越しを4人で迎え、2人は一緒に買い物に行って料理したり、花火をやったり、お互いどんどん好きになっていく。

ついに自分の経験をもとに、小説を書き始める茉莉。
完成した作品を読みながら沙苗は涙した。

1泊でスノーボードに行く茉莉と和人。
そりで一緒に滑った後、和人は何かを探していた。そこには白い箱が落ちていた。
指輪を出して、茉莉にプロポーズする和人。
「カッコ悪かったからダメー!」と笑ってごまかす茉莉。
その夜2人は結ばれるも、茉莉は和人が起きる前に出ていく。
それに気づき、追いかける和人。
茉莉は、本当は余命10年もない病気だと打ち明け、和人に別れを告げる。
「仕事もできないし、家にいて退屈でボケちゃうかと思った。もうさっさと死なせてくれって。だけどカズくんに出会った。これ以上カズくんといると私死ぬのが怖くなっちゃう。」
「薬とか、入院して治療すれば治るんじゃないの?」
「もう沢山治療したよ。彼女にしてくれてありがとう。カズくんは生きて行ってね。」
抱きあい子供のように泣く和人。
「嫌だ嫌だ嫌だ…!」と連呼するも、最後は「分かった」と言って崩れ落ちた。

家に帰った茉莉は、母の肩に泣きながらもたれかかる。
「もっと生きたいよ。死にたくないよ。親孝行もしてないよ。」
それを聞き、両親も涙していた。

2019年。
茉莉は入院していた。
明らかに痩せ、酸素マスクをし、心電図などの機械が体につながれ、髪も短く切っていた。
小説の編集を沙苗と進める。

桔梗に「小説ではお姉ちゃん子供がいることにしといたよ。」と言う茉莉。
すると「なんで分かるの?今お腹に赤ちゃんがいるの。2か月で生まれるのは来年の夏かな。」と言う桔梗。
「最後まで私の命を諦めないでくれてありがとう。お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかった」
茉莉がそう言うと涙ぐむ桔梗だった。

和人は独立して自分の店をオープンし、店の名前は「まつり」にした。
タケルと沙苗が開店祝いに訪れ、沙苗が袋を和人に渡す。
「店が終わったら開けて。もうすぐ発売予定だから」沙苗はそう言った。

病院のベッドで茉莉はビデオの動画を、新しいものから消していた。
涙を流しながら1つずつ…。
しかし夜桜の下で風が吹いた動画だけはどうしても消せない。
そのまま目を閉じ横になり、夢を見る。
和人と結婚し、子供も産まれ、幸せに暮らしているという自分の未来だった。
そして心電図の警告音が鳴る。
医師たちが駆けつけ心臓マッサージによりなんとか茉莉は息を吹きかえす。

店を閉めた後、沙苗が持ってきた「余命10年」というタイトルの原稿を読む和人。
泣きながら、すべてを読み終わり、自転車に乗って病院へ向かう。
意識がない茉莉のそばに、家族3人が付き添っていた。

和人と茉莉の2人になり、和人は茉莉の手を握り、顔をなでる。
「茉莉ちゃん俺店をオープンしたんだよ。名前はまつりにしたよ。それしか浮かばなかったんだ」
そして茉莉が目を覚まし笑顔を見せる。
「カズくん…」
和人は「茉莉ちゃん、よく頑張ったね。頑張った…」と何度も笑顔で言った。

茉莉が亡くなった後、あの桜並木で茉莉が持っていたカメラでビデオを撮る和人。
茉莉がビデオを回し、笑顔で歩く2人の姿を想像した。
そして和人も笑顔になって歩いて行った。

泣けるポイントと納得できる変更点とは?

泣けるポイント

朝から映画館で見てきました!
主演の2人はもちろん、キャストの皆さんの演技も素晴らしくて、1人1人が泣くたび筆者も一緒に泣きました。
映画館では鼻をすする音がたくさん聞こえました。

  • 礼子が子供の入学式のビデオを茉莉に見せるところ
  • 病院で先生から病気の進行具合を聞き、思わず席を立ちトイレで桔梗が泣くところ
  • 桔梗が肺移植を勧めるが茉莉が断り出て行った後の母の号泣
  • 和人が別れの時、嫌だ嫌だと子供のように泣くところ
  • 旅行から帰った茉莉が母の肩にもたれかかり泣くところ(父も遠くで話を聞き泣いていた)
  • 最後の入院中、茉莉が桔梗にお礼を伝えるところ
  • 茉莉の意識がなくなる直前に見た幸せな未来の夢
  • 茉莉と和人の最後の面会

納得できる変更点

原作を読んでいる方は、上記のツイートを見て同じ意見の方も多いのではないでしょうか?

〈原作〉
茉莉と和人は別れた後、茉莉が死ぬまで会えなかった。
和人は亡くなった茉莉と彼女の葬式で対面し涙を流した。
〈映画〉
茉莉が亡くなる前にちゃんと会って「茉莉ちゃん頑張ったね」と和人は声をかけ、それに茉莉も反応した。しかも笑顔だった…。

筆者も、亡くなる前に2人が会えて本当に良かったと思いました!
スタッフの皆さん、その部分変えてくれてありがとう!と思いました。
原作と違う場合、がっかりすることが多いですが、この映画は「原作もいいけど、映画もすごくいい!」と素直に思えました。
原作を読んで違いを比べてみるのもいいかもしれません。

【余命10年】原作ネタバレ!作者・小坂流加の実話と言われる理由は?
出典:映画【余命10年】公式HP 映画【余命10年】が、2022年3月4日(金)に公開されます。 W主演の2人は、多数の映画に出演してきた、小松菜奈さんと、朝ドラヒロインの相手役で話題になった坂口健太郎さんです。また、山田裕貴さん、...
タイトルとURLをコピーしました