【音楽・ミュージカル映画ランキングTOP21】評価の高いおすすめ傑作選!

グレイテストショーマン

出典元:IMDb

※8/19更新!新たに6作品追加しました。
映画を音楽で観る!
とにかく観ていると踊り出したくなるような、映画でノれる作品をランキングで紹介!
ミュージカルは勿論のこと、圧巻の歌声、DJにダンスなど、音楽映画ばかりを集めました!
音楽な好きな人には必見です!

ADVERTISEMENT

音楽映画ランキングTOP21

音楽を楽しみたくて映画を観る!映画の楽しみ方は、人それぞれ!
本記事では、そんな音楽に着目して、IMDbのレーティングで音楽映画をランキング付けしました!
選出した映画は、アーティストの伝記映画からミュージカル、日本映画と様々なジャンルの中からセレクト!
とにかく細かいことは抜きにして、音楽が素晴らしい作品を、ご堪能ください!

No.21:ロック・スター

ロックスター1
出典元:IMDb

原題:Rock Star
監督:スティーヴン・ヘレク
出演:マーク・ウォールバーグ、ジェニファー・アニストン
公開:2001年10月6日
時間:105分

★IMDb:Ratings 6.3

ジェニファー・アニストンが出演する、数少ないコメディ以外の映画となる『ロック・スター』は、マーク・ウォールバーグ主演の音楽映画。
イギリスのヘヴィ・メタルバンド「ジューダス・プリースト」のボーカリスト、ティム・オーウェンズの伝記映画となる予定で製作する予定でしたが、バンド側が内容に納得がいかなかった事で、独自路線を突き進む結果となり「ジューダス・プリースト」の企画では無くなった本作。
有名なバンドを絡めなくても、音楽というエンターテイメントの裏側を描いた佳作的作品。
ロックスターを夢見て、ロック界の大御所バンド「スティール・ドラゴン」のコピーバンドをしている、クリス・コール。
ある時、「スティール・ドラゴン」のステージで、ボーカルと一緒に客席で熱唱していると、その歌声がバンド側の耳に届き、スカウトを受ける。
「スティール・ドラゴン」のボーカルは、自身の方向性がバンドと違うため脱退する。
クリスはその後釜として、スカウトを受けたのだった。
一夜にして「スチール・ドラゴン」のメンバーになったクリスは、ロック・スターとしての階段を加速的に駆け上がる…!

No.20:天使にラブソングを…

天使にラブソングを
出典元:IMDb

原題:Sister Act
監督:エミール・アルドリーノ
出演:ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス、ハーヴェイ・カイテル
公開:1993年4月17日
時間:100分

★IMDb:Ratings 6.4

今でも好きな映画ランキングにランクインするなど、高い人気を誇るウーピー・ゴールドバーグ主演の音楽コメディ映画。
日本も含めゴスペルブームを世界中に巻き起こした、90年代を代表する名作。
物語は、ラスベガスのホテルで、こじんまりとショーを行う歌手デロリスを主人公に、愛人相手であるヴィンスの殺人現場を目撃したことで、修道院を隠蓑にするというストーリー。
隠蓑にしている修道院で、これまで縁もなかった修道女として、地域を含め大きく盛り立てていくというサクセスストーリー。
往年のリズム&ブルースをゴスペルソングにアレンジして、ナイスグルーヴを展開する様はとても痛快!

No.19:ハートビート


出典元:IMDb

原題:High Strung
監督:マイケル・ダミアン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ
公開:2016年
時間:97分

★IMDb:Ratings 6.4

大ヒットミュージカル『ラ・ラ・ランド』にも出演する日系イギリス人女優、ソノヤ・ミズノの出演作として知られる映画『ハートビート』。
バレエダンサー×バイオリニストのコラボレーションを描いた、ダンサブルな作品。
ダンサーでもあり、ケミカル・ブラザーズの「Wide Open」というMVでは、見事なダンスを披露しているソノヤ・ミズノに注目したいところですが、途中に登場するど迫力なダンスなど見どころがありすぎるダンサブル・ムービーです!
物語は、主人公のルビーが上京して入学した学校で、本格的にダンスを学んでいく。
しかし、うまくいかずに奨学金剥奪の危機にあう中で、ルームメイトのジャジー、地下鉄で出会ったバイオリニスト、ジョニーなどと共に、一発逆転の策に講じていくサクセス・ストーリー。

No.18:バーレスク

バーレスク
出典元:IMDb

原題:Burlesque
監督:スティーヴ・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ
公開:2010年12月18日
時間:119分

★IMDb:Ratings 6.4

言ってしまえば、この映画はアメリカにおけるただのアイドル映画です。
クリスティーナ・アギレラありきの作品。
彼女を可愛く、魅力的に魅せるためだけの映画なのです。
ただのアイドル映画のはずなのに、アメリカではこんなクオリティで作品が作れてしまうという、さすがエンターテイメントの国と言ったところ。
白眉となるのは物語中盤、クリスティーナ・アギレラ演じるアリが、逆境をチャンスに変えるその瞬間。
クリスティーナ・アギレラ特有の”がなる”歌唱方法で、圧倒的なパフォーマンスを見せ付ける。
156cmと小さい女の子とは思えない、パワフルな歌声が響き渡るその姿は、とても大きな存在です。
物語は、歌でのしあがろうとロサンゼルスにやってきたアイオワ出身の田舎娘、アリ。
とりあえず働き口を探すも、見つからず、藁にもすがる思いで最後に入ったのは、セクシーなショーをリップシンク(口パク)で踊るバーレスク・ショー。
しかしそのステージに魅了されたアリは、その劇場で働くために必死に食い下がり、なかば強引にウエイトレスとして居座るのだった。
いつしか訪れるであろう、チャンスをものにするために!

No.17:マンマ・ミーア!

マンマミーア!出典元:IMDb

原題:Mamma Mia!
監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキー、アマンダ・セイフライド、ドミニク・クーパー
公開:2009年1月30日
時間:108分

★IMDb:Ratings 6.4

スウェーデンのポップシンガーグループABBA(アバ)の楽曲に乗せて展開する、コントの様なコメディ展開がお馴染みのストーリーとなるミュージカル映画『マンマ・ミーア!』。
現在ではシリーズ3作目の構想段階であることが発表され、シリーズ2作目も公開している人気作品。
主演はアマンダ・セイフライド。
その他、メリル・ストリープやピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドなどのおじさん3人衆もお馴染みで、見事な歌声を披露している、ミュージカル映画では必ず名前が挙がる、名作のひとつ。

No.16:ブルーに生まれついて

ブルーに生まれついて出典元:IMDb

原題:Born to Be Blue
監督:ロバート・バドロー
出演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ
公開:2016年11月26日
時間:97分

★IMDb:Ratings 6.9

100年以上もある長い歴史があるジャズの世界において、トランペット奏者にして甘い歌声を披露するという唯一無二のプレイヤーがいる、それがチェット・ベイカー。
彼の半生を描いた作品、それがこの『ブルーに生まれついて』。
チェット・ベイカーの苦労を描いた物語で、演じるのはイーサン・ホーク。
1950年代には、チャーリー・パーカーのバンドに所属し黄金期となるものの、1960年代には一気に転落する。
その栄光からの転落にかけて晩年期を描いた、伝記映画です。
ジャズ好きならば、絶対にチェックするべき作品ですが、彼はドラッグに溺れて人生を台無しにしそこに残されたものを描き、もがく苦しむ様はとても映画的で、見応えたっぷりなので、音楽好きならば絶対に観て欲しい映画のひとつ。

No.15:ストックホルムでワルツを


出典元:IMDb

原題:MONICA Z
監督:ペール・フライ
出演:エッダ・マグナソン、スヴェリル・グドナソン、キェル・ベルキビスト
公開:2013年9月13日 (スウェーデン)
時間:111分

★IMDb:Ratings 6.9

スウェーデンの偉大なるジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた伝記映画となる本作、『ストックホルムでワルツを』。
それまで、英語が当たり前だったジャズの名曲を、自身の解釈で母国語であるスウェーデンの言葉で作詞し歌ったことで、世界に名を轟かせた名シンガー、モニカ・ゼタールンド。
その評判はアメリカまで届き、憧れにしていたビル・エヴァンスとの共演も果たす。
そこに至るまでの、彼女の山あり谷ありあった音楽人生を克明に描く。
そんなモニカを演じたエッダ・マグナソンは、ジャズシンガーでは無いものの、見事なコピーぶりが評判になり歌唱力の高さを示していました。
現在でも、ジャズ映画としてはNo.1に近い評価を得ている名作です。

関連記事

[clink url=”https://dolly9.com/stockholm-waltz-edda-magnason/”]

[clink url=”https://dolly9.com/stockholm-waltz-music/”]

[clink url=”https://dolly9.com/stockholm-waltz/”]

No.14:アナと雪の女王2

エルサ
出典元:https://www.disney.co.jp/movie/anayuki2/news/20200207_01.html

原題:FROZEN 2
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
出演:イディナ・メンゼル、クリスティン・ベル
吹き替え:松たか子、神田沙也加
公開:2019年11月22日
時間:103分

★IMDb:Ratings 6.9

2019年度のアカデミー賞では、松たか子が壇上に上がりその歌声を披露した事でも大きな話題になった、『アナと雪の女王』。
Let It Goやイントゥ・ジ・アンノウンなど、名曲を生み出したのは、単純に映画だけの功績にあらず。
作曲を担当した、製作陣の賜物。
ここまで耳残りがいい音楽は、映画史に残る傑作と言っても間違いではないでしょう!
アンとエルサの姉妹、なぜ姉のエルサにだけ特別な力が宿っているのか……
その起源がついに明らかとなる、アナ雪シリーズの集大成ともいえる劇場長編作品第2作目。

”アナ雪”関連記事

[clink url=”https://dolly9.com/anayuki-intotheunknown/”]

[clink url=”https://dolly9.com/forzen2-netabare/”]

[clink url=”https://dolly9.com/frozen-shortmovie/”]

[clink url=”https://dolly9.com/frozen-kaisetsu/”]

[clink url=”https://dolly9.com/anayuki-namauta/”]

No.13:8マイル

8マイル
出典元:IMDb

原題:8 Mile
監督:カーティス・ハンソン
出演:エミネム、ブリタニー・マーフィ
公開:2003年5月24日
時間:110分

★IMDb:Ratings 7.1

世界で、最も成功を手にした白人ラッパー、エミネムはもはやいける伝説と位置付けてもいい人物と言えるでしょう。
そのエミネムの半自伝的永ディーロとされている『8マイル』。
2020年の2月に開催された2019年度のアカデミー賞では、この『8マイル』の主題歌でもあり、当時に歌曲賞も受賞している[ルーズ・ユアセルフ]をサプライズでパフォーマンスし、大きな話題となっていました。
主人公のジミー・スミスJr. をエミネム自身が演じ、メジャーデビュー当時から話題のアーティストでしたが、この映画をきっかけにその人気が飛躍的に上がっていきます。
現在では、エミネムは新しい作品のリリースをノンプロモーションでリリースするなど、宣伝費を一切使わず、ゲリラにリリースするなど、もはや何をしても…いや、何もしなくても話題に上がるという大スターに君臨。
そんな彼を知る、伝記映画として、エンタメ好きならば是非ともチェックしておくべき作品です。
黒人が主となる文化であるヒップホップの大きな流れの中で、白人がのし上がっていく大変さを、自身の経験まじえてリアルに描き出していくストーリー。

No.12:ソラニン

ソラニン 宮崎あおい
出典元:https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/1286

監督: 三木孝浩
出演:宮崎あおい、高良健吾
公開:2010年4月3日
時間:126分

★IMDb:Ratings 7.1

浅野いにおの人気漫画を原作とする、実写映画化作品。
宮崎あおいを主人公の井上芽衣子に据えて、恋人種田の喪失を経験し、彼が残したギターを手にする様を描いた切ないラブストーリー。
クライマックスに登場する、表題にもなっている芽衣子たちが披露する楽曲「ソラニン」は、アジカンが担当し、今でも人気曲として知られる1曲。
宮崎あおいが、ガチで習得したギターも圧巻のパフォーマンスで、ストーリーも相まって涙無くしては見られないバンドサウンドは必見です!

【ネタバレ】映画『ソラニン 』について徹底解明!宮崎あおい主演の人気漫画原作作品!
2010年4月3日に公開した宮崎あおいが主演した日本の音楽映画、『ソラニン 』。 この映画は、漫画原作映画にして高い評価を獲得した作品です。 宮崎あおいが演奏にボーカルも披露している貴重な作品で、原作の漫画もいまだに人気を維持す...

No.11:ピッチ・パーフェクト

ピッチパーフェクト出典元:IMDb

原題:Pitch Perfect
監督:ジェイソン・ムーア
出演:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、アンナ・キャンプ、ブリタニー・スノウ
公開:2015年5月29日
時間:112分

★IMDb:Ratings 7.2

アナ・ケンドリックが見事な歌声を披露し主人公として躍動する傍ら、ふくよかでありながらもイケてる女性っぽい態度で笑いを誘うレベル・ウィルソンの存在感も抜群な音楽コメディ映画『ピッチ・パーフェクト』。
ある意味で現代版『天使にラブソングを』の様な、アカペラソングをベースに「バーデン・ベラーズ」を中心とした青春コメディ。
歌にダンスと、シリーズ3作が製作された、スマッシュヒットを記録した人気作品です。
アナ・ケンドリックのキュートさは、間違いない!と思える良作。

No.10:フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

フランキーワイルドの素晴らしい世界出典元:IMDb

原題:It’s All Gone Pete Tong
監督:マイケル・ドース
出演:ポール・ケイ、ベアトリス・バタルダ
公開:2006年12月23日
時間:92分

★IMDb:Ratings 7.3

聴力を失ったDJ、フランキー・ワイルドのドキュメンタリーを模した、モキュメンタリーという形でおくる映画『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』。
クラブDJにとっては、聖地共されているスペインのイビサ島で活躍するDJ、フランキー・ワイルドは世界でも指折りのトップDJ。
ちなみにここで登場する有名なDJたちは、本人がそのまま演じています。
そんなフランキー・ワイルドが、突如として難聴に陥るのです。
耳が聞こえなくなったDJが味わう、どん底に落ちるまでの絶望と、そこからの再起を図る様を描いた作品。
クラブミュージック好きならば、必見となる映画です。

No.9:はじまりのうた

はじまりのうた1
出典元:IMDb

原題:Begin Again
監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、ジェームズ・コーデン
公開:2015年2月7日
時間:104分

★IMDb:Ratings 7.4

音楽を題材に映画を作らせたら、この人の右に出るものはいないだろうと言われるほどに、素晴らしい映画を世に送り出している名匠ジョン・カーニーの唯一のハリウッド映画となる『はじまりのうた』。
キーラ・ナイトレイとマーク・ラファロ主演の作品で、お洒落な音楽と煌めく街ニューヨークを素敵に切り取ったお洒落な音楽映画の代名詞的作品。
物語は、映画に起用されて、アメリカ・ニューヨークへと恋人と一緒についてきたグレタが主人公。
やさぐれた音楽プロデューサー、ダンと出会ったことで一緒にアルバムを製作しようと言われ、半信半疑ながらも彼を信じることにしたグレタ。
そのアルバム制作の過程から完成までを人間ドラマを交えて描く、ハートフルなドラマ映画。

No.8:スウィングガールズ

スウィング・ガールズ出典元:IMDb

英題:Swing Girls
監督: 矢口史靖
出演:上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、平岡祐太
公開:2004年9月11日
時間:105分

★IMDb:Ratings 7.5

日本映画ながらも、IMDbで高レートを叩き出している日本産ジャズ映画『スウィングガールズ』。
ジャズ好きではなくとも、とても笑えてハッピーになれる作品で大ヒットを記録した作品。
もちろん、配信だけではなく世界でも劇場公開されています。
吹奏楽から派生してビッグバンドジャズとなるため、演奏される楽曲はとても定番どころの親しみやすい選曲がされているというのも特徴です。
そして、この映画で信号機の音楽が実はジャズナンバーだった、という事実を知った人も多いのではないでしょうか?
ど素人から徐々に成長していきステージで披露するまでを描いた、痛快な吹奏楽ジャズを題材にした日本らしいコメディ映画です。

No.7:グレイテスト・ショーマン

グレイテストショーマン出典元:IMDb

原題:The Greatest Showman
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ
公開:2018年2月16日
時間:105分

★IMDb:Ratings 7.6

1200万回以上も再生されている、この動画は配給会社や製作陣と合同で行うワークショップの風景をとらえた映像。
ヒュージャックマン主演で、19世紀に活躍したP・T・バーナムを描いた作品『グレイテスト・ショーマン』は、映画製作開始の時点で、この空気感を纏う作品でした。
これが制作中に何度となく交わされた連携で芽生えた空気ならわかりますが、製作前の段階でこれだけの雰囲気を漂わせることができているチームワーク、一致団結となるみんなの力、それが映像から見ても伝わります。
また今、改めてこの映画を見てみると、違った印象を持つかもしれません。
そして今の時代だからこそ、絶対に観ておくべき作品でもあります。

No.6:アリー/スター誕生

アリースター誕生出典元:IMDb

原題:A Star Is Born
監督:ブラッドリー・クーパー
出演:レディ・ガガ、ブラッドリー・クーパー
公開:2018年12月21日
時間:135分

★IMDb:Ratings 7.7

今まで、カメオ出演や本人役などで演技を披露したことはあっても、ここまでがっつりとした演技は初めてに近いレディ・ガガが主演で、圧倒的な演技、歌唱力を披露し大きな評価を獲得した『アリー/スター誕生』。
監督も務めた、ブラッドリー・クーパー演じるロックスター、ジャクソン・メインがふと立ち寄ったバーで偶然パフォーマンスをしていたアリーと運命的な出会いを果たし、一気にスターダムにのし上がる様を描いた、サクセスストーリー。
ガガのパフォーマンスは当然のことながら、その演技にも注目です。
壁にぶち当たり、日々鬱蒼と過ごしている人に力を与える物語。

No.5:ロシュフォールの恋人たち

ロシュフォールの恋人たち
出典元:IMDb

原題:Les Demoiselles de Rochefort
監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック、ジーン・ケリー
公開:1967年8月8日
時間:123分

★IMDb:Ratings 7.7

1967年に公開した、フランスのミュージカル映画『ロシュフォールの恋人たち』。
監督がジャック・ドゥミ、音楽がミシェル・ルグランの黄金コンビで作られた作品。
このふたりといえば『シェルブールの雨傘』が取り上げられることがほとんどですが、映画としての完成度、オシャレ度、音楽の素晴らしさはこちらに軍配が上がると、個人的には思っています。
『シェルブールの雨傘』は、かなり挑戦的な作品で、セリフも全て歌で構成されている事もあり、映画史では唯一無二の作品として伝説化されています。
かたや、『ロシュフォールの恋人たち』は、音楽のキャッチーさ、衣装の可愛さ、ストーリーのもどかしさなども含めて、フランスらしいエスプリ感がとても心地よい作品です。
『ラ・ラ・ランド』もかなりオマージュを捧げている、ミュージカル映画の最高峰と呼ばれる1作です。

No.4:ONCE ダブリンの街角で


出典元:IMDb

原題:Once
監督:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
公開:2007年11月3日
時間:87分

★IMDb:Ratings 7.8

異例中の異例づくめの名作『ONCE ダブリンの街角で』は、ジョン・カーニー監督の代名詞的作品です。
この映画は、アイルランドの映画製作の支援を担当する責任者が不在だった為、低予算で製作されています。
その結果、町中のシーンなどは望遠レンズで、エキストラもいません。
移り人々は実際に通りかかっただけの一般市民なのです。
予算が間に合えば、主演はキリアン・マーフィーが務めるはずの作品でした。
しかし製作上の相違が生じ、主演となったふたりは演技経験も満足にない素人同然。
でもこのふたりは元々ミュージシャンで、劇中の音楽は実際にふたりが作曲したもの。
この映画がきっかけで、ふたりは付き合ったりもしています。
そしてこの作品は、超低予算で、主演にふたりのギャラもジョン・カーニー監督がポケットマネーから捻出し、撮影場所もゲリラだったり知り合いの家などで、出演者も知り合いばかり。
そんな手作り自主映画に近いこの作品は、アメリカではたった2館と限られた上映館で公開がスタートします。
しかしこの映画の切ないラブストーリーは多くの観客たちの心を掴み、大ヒットを記録します。
しかもそれは各映画館の興行収入は、全てにおいて制作費を上回っていたのです。
全部を合わせてではなく、ひとつひとつの各映画館で、です。
もちろんその評判は瞬く間に広がり、上映館も増やし、あまつさえアカデミー賞にもノミネートを果たすのです。
見事すぎるアメリカン・ドリームをジョン・カーニー監督はこの映画で掴んだのでした。
物語は、アイルランド、ダブリンの路上で歌う男。
通りかかる女。
ふたりは出会い、知り合っていく中で恋心を抱きながらも交流を深めていく様を描いていく…

No.3:ストレイト・アウタ・コンプトン

ストレイトアウタコンプトン出典元:IMDb

原題:Straight Outta Compton
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ジェイソン・ミッチェル、オシェア・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンズ、オルディス・ホッジ、ニール・ブラウン・Jr、ポール・ジアマッティ
公開:2015年12月19日
時間:147分

★IMDb:Ratings 7.9

今でいう炎上を誘発するような危険な発言や行いばかりをしていた、伝説のラップグループN.W.Aを描いた伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』。
N.W.Aの伝説的アルバムのタイトルとなる本作は、将来がチンピラしかない様な奴らが音楽で、HIP HOPでのし上がっていく様を音楽と共に描いた作品。
HIP HOP好きなら必見だし、そうでなくとも人種差別や貧困からくる偏見に立ち向かっていく様、あまりに過激な内容の曲からFBIに目をつけられても屈せずに自分たちを表現し続ける生き様は、とてもカッコイイアメリカ流の漢を垣間見れる重要作。
ドクター・ドレやアイス・キューブ、イージー・Eなど有名なヒップホッパーたちの起源が知れる貴重な作品です。

No.2:ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアンラプソディ
出典元:IMDb

原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョゼフ・マゼロ、エイダン・ギレン、トム・ホランダー、アレン・リーチ、マイク・マイヤーズ
公開:2018年11月9日
時間:134分

★IMDb:Ratings 8.0

100億円を超える国内興行収入を叩き出し、2018年を象徴する音楽映画となった『ボヘミアン・ラプソディ』。
この映画は、伝説的ロックバンド「Queen」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画で、彼らの代表曲のひとつをタイトルにした音楽映画です。
彼がいかにしてフレディ・マーキュリーとなっていったのか…
Queenの空白の数年間までも描いた、大ヒット映画。
白眉となるLIVE AIDを切り取ったラスト20数分間は必見で、主演のラミ・マレックは、フレディの動きを研究に研究を重ねてコピーし見事な再現度を披露。
圧倒的なパフォーマンスは、息を呑む光景に仕上がっています。
歌声は、本人の声を吹き替えているものの、身振り手振りだけでも本当にフレディ・マーキュリーに見えてくるのは、見事!
1秒たりとも目が離せないシーンです。
その他、Queenの音楽作りの秘話なども再現し、彼らがいかにして伝説的ロックバンドになっていくのか、そのサクセスストーリーは必見!

No.1:ラ・ラ・ランド

ララランド出典元:IMDb

原題:La La Land
監督:ダミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ
公開:2017年2月24日
時間:128分

★IMDb:Ratings 8.0

現代映画において、ジャズは受けないという言われ、デミアン・チャゼル監督のデビュー作となるはずだった映画『ラ・ラ・ランド』は、その下馬評を覆しアカデミー賞、6部門受賞という、その年の勝利者となった作品。
主演は、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン。
主人公ふたり、ミアとセブの出会いから恋愛模様をジャズをベースとした楽曲と華やかな衣装を纏って贈る、歌にダンスと華やかな作品。
四季になぞらえて、ふたりの恋愛を段階を経てとても綺麗になぞらえて語られる作品は、ド派手なアクションやCGで魅せる昨今の映画には、逆に新鮮に映る情景で大きなヒットに。
今、この時代にあえて作ったデミアン・チャゼル監督の渾身のミュージカル。
高評価になるのも納得の、名作中の名作!

音楽映画ランキングTOP15まとめ

以上が音楽映画ランキングでした。
皆様の好きな作品はランクインしていましたか?
音楽と一言で言っても、HIPHOPにJAZZにROCKとジャンルで言えば豊富にあるのでまだまだ紹介はしきれません。
また時間がある時に少しづつ作品を増やしていく予定ですので、ここまで読んでくださった方は、定期的にチェックしていただければ幸いです。

あとがき

新たに5作品を追加!
2020/08/19に更新!
今回は、往年の名作を中心にセレクト!これで音楽映画ランキングとして、根幹となる名作が出揃った感じになったかと思います。
次回以降も、マイナーなものから定番まで、様々な作品を追加していく予定ですので、お楽しみに!
こんな世知辛い世の中だからこそ、映画鑑賞ぐらいは楽しみたいですよね!
そんな、思わずノってみたくなっちゃう、音楽ばかりがかかる作品をご覧ください!
とはいえ、中には重たいテーマもあるのはご愛嬌という事で、お察しくださいまし!

その他のランキング記事

ラブコメ以外にもランキング記事がございますので、もし興味があれば、合わせてチェックしてみてください。
ディズニーデラックスや、映画ジャンルなどに絞ったものなど、様々なランキングがあります。

・ディズニーデラックスランキング
ディズニーデラックスの配信作品のランキング記事です。
マーベルからスターウォーズにピクサー、様々なおすすめ作品のランキング。

・青春映画ランキング
青春映画を中心にセレクトしたランキング。
青春といっても若者だけのものではない!全年代対応の青春映画を集めました。

・SF映画ランキング
SF映画を中心にセレクトした、ランキング記事です。
いわゆる定番どころではなく、通が唸る様なSF映画を選出しています。

・MCU映画ランキング
マーベル映画を全作品網羅して、ランキングを作成!
最も評価の高いマーベル・ヒーロー映画とは?

・日本映画ランキング
日本映画を海外の映画サイトの指標でランキング付け!
海外で最も評価の高い作品をズバリ!

・音楽映画ランキング
音楽を題材にした、伝記作品やミュージカルに焦点を当てたランキング。
マニアックなものから、正統派ミュージカルまで、幅広く選出!

タイトルとURLをコピーしました