【決戦は日曜日】原作ネタバレ!本当にコメディ?涙が出そうになった読者も!

決戦は原作トップ

出典:【決戦は日曜日】公式HP

映画【決戦は日曜日】が2022年1月7日(金)に公開されます。
主演は、ドラマ・映画に引っ張りだこの窪田正孝さんで、議員秘書・谷村を演じます。
そして、ベテラン女優・宮沢りえさんが、谷村を振り回す素人の二世候補・川島有美を演じます。
また、今最も勢いのある若手俳優・赤楚衛二さんや、田中慈さん、小市慢太郎さん、音尾琢真さんら、個性的な俳優陣が脇を固めます。

予告の宮沢りえさんの「カクカクが…」には笑った!

本記事では、【決戦は日曜日】の原作ネタバレ、コメディでありながら、涙が出そうになった読者の感想について書いていきます。

ADVERTISEMENT

映画【決戦は日曜日】の概要

スタッフ

監督・脚本坂下雄一郎
撮影月永雄太

監督・脚本は、コメディ映画の新時代を担う坂下雄一郎さんです。彼が5年かけて書いたこの映画の脚本に、窪田正孝さんが惚れ込んでこの映画が実現しました。
撮影は【泣く子はいねぇが】や【朝が来る】などで数多くの受賞をしている月永雄太さんが担当します。

キャスト

決戦原作キャスト

出典:【決戦は日曜日】公式HP

  • 事なかれ主義の議員秘書・谷村勉:窪田正孝
  • ド素人の熱血二世候補・川島有美:宮沢りえ
  • 若手秘書で父は代議士・岩淵勇気:赤楚衛二
  • 冷静な女性秘書・田中菜々:内田慈
  • 秘書チームのリーダー的存在・濱口祐介:小市慢太郎
  • 有美の父を慕う秘書・向井大地:音尾琢真
  • たかお鷹
  • 高瀬哲朗
  • 今村俊一
  • 小林勝也
  • 原康義
  • 石川武
  • 松井工
  • 久松信美
  • 田村健太郎
  • 駒木根隆介
  • 前野朋哉

【決戦は日曜日】原作ネタバレ!

後継者 ネタバレ

川島昌平は衆議院議員で自身の75誕生日を祝う会の講談中に脳梗塞で倒れた。
昌平の議員秘書・谷村(窪田正孝)はすぐに駆け寄り、昌平は千葉県立総合病院へ運ばれる。
昌平の娘・有美(宮沢りえ)は45歳、独身。東京でネイルサロンを経営していて、政治には全く関わってこなかった。東京から駆け付けた有美は、病院に泊ると言ってそのまま寝てしまった。
病室には秘書の向井(音尾琢真)もいた。向井は50歳の私設秘書だ。バツイチで妻のもとに中学生の娘がいる。昌平には過去に助けてもらった恩があり命をささげるとまで言っている。
谷村が事務所に戻ると、秘書の濱口(小市慢太郎)、田中(内田慈)、岩淵(赤楚衛二)がいた。
濱口は50歳で独身の公設秘書。事務所を仕切っている。
谷村は31歳で私設秘書。妻と7歳になる娘がいる。パワハラもなく穏やかな昌平を尊敬している。
田中は唯一の女性秘書で35歳。スケジュール管理などを担っている。
岩淵は一番若い24歳。いつもタブレットやスマホを離さない今どきの若者だ。父が民自党の参議院議員で、昌平の事務所には修行で来ている。

そして有美が後継者として次の選挙で立候補することになった。
有美は、「日本を良くするため、一緒に当選目指して頑張りましょう!クルーの皆さんも全力を尽くしてください!」とこぶしを胸に当て、意気揚々とみんなの前で挨拶をした。有美は3日後には東京から小脇市の実家に引っ越してきた。
谷村が有美に付くことになり、朝迎えに行くと、ピンクのジャケットを着た有美がいた。谷村から議員関係の人の情報が入ったスマホが有美に渡される。
有美の選挙活動が始まった。いろんな場所へ出向き演説し、戸別訪問もした。
そして有美にとって初めての記者会見。
谷村から受け取った原稿を覚え、堂々と話す有美は、各々と言う字を「カクカクが…」と読んでしまう。さらに記者には挑戦的な態度。少子化の質問にいたっては「結婚しているのに出産しないなんて怠慢だ」と発言し、大炎上してしまう。
濱口は「あのバカを何とかする対策はないのか?」と言うも様子をみることに。

今度は決起集会へ向けての打ち合わせ中、事務所に近隣住民たちが抗議に来て騒いでいた。
谷村が抑えるのを聞かず、有美は外へ出て、全員事務所に入ってもらい、食べ物や飲み物をふるまった。有美が上手く取り持ち、抗議は収まり、収賄にならないよう、1人500円を払って帰ってもらった。

翌日は、朝から濱口が池田ら県議や市議たちとともに会議室に入り「地域振興協議会」の勉強会を行った。それは名前ばかりで、金をどう分けるかの駆け引きがあるのだ。
帰りに濱口が池田に封筒を渡しているのを谷村は見てしまった。

選挙準備 ネタバレ

決起集会当日。谷村と岩淵と有美は会場に向かう。
車の中で、谷村は「今日は県議、市議、後援会の方たちも来るので失礼のないようにお願いします。」と有美に言うが彼女は無視した。
会場には400人ほど集まっている。
有美の講義の番になると、彼女は涙ながらに「絶対に受かる、父のためなどと言われ一生懸命やっているがSNSなどでいじめられている。ひどいです。」と訴える。講義の紙を渡しているのに全く読まない有美に周りのスタッフは動揺する。
しかし有美が黙っていると、聴衆から彼女を応援する声が飛んだ。そして有美は深々とおじぎをして、会場は大きな拍手に包まれた。
終了後、後援会のメンバーが有美に詰め寄る。
しかし有美は「私は一生懸命やっている。私の言葉は父の言葉と思って聞きなさいよ!」と言い返す。そして濱口が間に入り、その隙に有美は谷村と帰った。

翌日、谷村と有美は「辻立ち」と言って、駅前で通勤している人たちに声をかけた。
そこでサングラスに迷彩服の怪しい男を有美が見つける。
事務所に戻ると、みんながパソコンの前に集まっている。ユーチューブで有美が居酒屋で男性に迫っている動画が流れていた。5年前のものだ。悪質ユーチューバーの倉本に目をつけられた有美。谷村は会見を開く段取りをすることになる。
翌日も別の場所で辻立ちをする有美。そこへ倉本が現れ、有美は倉本につかみかかった。谷村が何とか止めたが、事務所に戻ると早速その動画が流れていた。
会見を開くことになり、原稿を覚える有美のところに、後援会の宮本たちがやってきた。邪魔だと追い払う有美に宮本たちは腹を立てて帰ってしまう。かなり焦る谷村。謝罪会見は無事に終えた有美だったが、県議たちや秘書たちは深刻だった。後援会が引き上げてしまったのだ。
夕方、有美が「言いたいことがあるなら言って欲しい」というので、遠慮なく谷村が伝えた。

もっと川島昌平の後継者である自覚を持ってほしい。
やる気があるのはいいがやり方をはき違えている。
相槌が適当で、話を聞いていないのがバレバレ。笑い声が大きすぎてバカに見える。
化粧が濃すぎる。あのネイルなんとかならないのか。
議員の名前を間違って覚えている。7度も名刺を渡された。

など、周りの意見を谷村が伝えた。
最初は笑顔で聞いていた有美の顔がこわばっていった。

翌日の公民館の演説では、人が全然集まらなかった。秘書たちが話していると、屋上で有美が死ぬと言っていると報告が入る。

心変わり ネタバレ

有美は屋上から政治批判をした。
「今は誰も政治に興味がない。政治家は当選が目標になっていて、当選したら維持に必死になる。その間に国民の生活はひっ迫する。大切なのは国民が自分たちも政治に参加しているんだという自覚です。そのためには、まず私たちが変わらなければいけないんです。改善を要求します。変わらないなら私は辞めてやるから。」
その間に谷村が屋上に向かい、下でエアマットが準備できたのを確認し、有美を落とした。
事務所に戻り、谷村は、有美がやめるとスタッフが職を失うこと。父の昌平がなによりも有美が当選することを望んでいることを話し彼女を説得した。
谷村は、後援会が引き上げたため演説の動員が少なくなっているので、有美に謝罪をお願いするも断固拒否される。しかし谷村からの「お父さんのため」という言葉を胸になんと有美は謝罪をした。

11月20日。ついに衆議院が解散した。選挙公示が12月2日。投票日が15日の日曜日に決まった。
有美の事務所も選挙モードに入る。
11月の末、谷村は濱口に連れられ建設会社に来た。濱口が政治資金として社長から20万円受け取った。

選挙開始 ネタバレ

12月3日の選挙公示日。谷村と有美はポスターの場所の抽選に並んでいた。
谷村は「候補者本人が並ぶなんて前代未聞ですよ」と言うが、「私クジ運強いのよ」と言う有美。そして見事一番を引き当てる。
その後出陣式が行われた。有美は勝負服と言って、赤いブレザーに赤いパンツで登場する。
子供からサンタさんだと言われ、その話で盛り上がり、いつも通り演説は予定の30分を超えた。さらに有美が「サンタが街にやってくる」を歌い出し、みんなで大合唱となった。
また、有美は岩淵と一緒に選挙カーを真っ赤に塗り、「サンタが街にやってくる」を流しながら選挙カーを走らせた。法律には引っ掛かっていないため、濱口も谷村も黙認していた。
有美は選挙活動を頑張った。

そんな中、衝撃的なニュースが入る。
昌平が、精密機器会社から現金を受け取り、それを政治資金報告書に記入していなかったというものだ。濱口たちも事務所に集まってきた。有美がみんなに問い詰めると、濱口も知っていて、昌平の指示で行われたと言う。
そして黙っていた向井が、自分が政治資金報告書の記載漏れのミスで謝罪会見に立つと言った。有美は、罪を向井1人に押し付けることが納得いかない。また、娘がいる向井に前科がついてしまうことを心配したが、向井はこういうことは覚悟していました。と納得していた。
会見は無事終了した。有美は昌平の病室に行き、泣きながら父を問い詰めていた。有美が病室を出たあと谷村が入ると、昌平は正座をしてうなだれていた。
翌日、谷村が有美を迎えに行くと黄色の服を着ていた。
谷村は昔の昌平の言葉を思い出した。「有美の服は信号機で、やる気満々時は赤、気持ちが萎えると黄色に変わる。青になれば要注意だ。常識とは別のことをやり始める。」
そして、昌平の容態が急変したと連絡が入り、急いで谷村と有美が病院へ駆けつける。
しかし、昌平は回復し元気に有美と話していた。有美は谷村に「向井さんも大丈夫そう。去年記載漏れに気付いて修正してるんだって。向井さんのミスには違いないけど他の事務所でもよくあることらしい。」と言って安心していた。
事務所では濱口が県議と市議たちと、昌平が亡くなった後、政治資金をどう振り分けるかの話を3時間も会議室にこもってしていた。いわゆる清須会議だ。今まで振り分けていた企業からの政治献金に個人のピンハネが含まれていたのだ。谷村は話を聞きながら耳をふさぎたい気分だった。
そこへ有美が入ってきて、内容は分からないも良くない話をしていたのは分かったらしく「父のいない間に勝手なことしないでよ!」と怒った。しかしそこで、有美が公認されたのは父のおかげではなく、そこにいる県議や市議たちのおかげだということが分かる。そしてそのまま帰らされた。車の中で有美は「父ではなく、あの人たちの言いなりになるならやめる」と言い出すが、もう引き返せないです。と谷村が説得した。

落ちるために ネタバレ

ある日谷村は濱口から呼び出される。新聞記者の平間がいた。有美から、事務所の企業献金の報告書のコピーを渡されたのだ。濱口は谷村に有美をちゃんと教育するよう注意する。
谷村が有美に献金の件は犯罪じゃないと説明するも、彼女は納得できないでいる。
平間がだめなら他の記者にぶちまけると言うが、それも一緒ですと谷村はなだめる。「あなたは味方だと思っていたのに」と言う有美。そして、「だったら私が選挙に落ちればいい」とつぶやいた。

選挙活動は順調に進み終盤に入っていった。
しかし有美の服はライトブルーからブルーに変わっていた。その日は明らかに有美の様子がおかしいと思い注意していると、フラフラと道路に突っ込みそうになり、谷村が助けた。「コンビニに行こうとしただけ」と有美は言うがそうは思えない谷村。
翌日も有美はブルーの服で抜け殻のようだった。谷村は心配になるが、「あなたたちに負けたから操り人形になってるだけよ」と有美は言った。そして、選挙に落ちたいという有美の意思を谷村は再確認した。
事務所に戻ると、有美が運転する谷村に「後援会の集会に遅れるだろ、赤でも行け!」と言って席を蹴っている動画が流されていた。谷村と有美が演技で作った動画だ。外で若者にキレている動画も流され有美はまたも炎上する。
その後の講演会は400人ほど集まった。そこで有美は本音を語り、その熱い想いに共感する人が増え、「暴走サンタ」という呼び名から「ホンネサンタ」と呼ばれるようになる。
それからの演説でも注目を集め、有美は炎上していった。
ある日谷村は岩淵に頼み、濱口の会社のパソコンに侵入して情報を得る。
岩渕は不安がるが、「お前はいざとなったらお父さんのもとへ戻ればいい。責任は俺がとる。」と谷村は言った。パソコンの中には、先日の清須会議の動画と、昌平と濱口が企業から金を受け取っている動画もあった。まずは清須会議を谷村がネットに載せた。

決戦は日曜日 ネタバレ

濱口は昌平の病室にいた。そこへ有美と谷村が向かうと中から声が聞こえてきた。
昌平が党本部に連絡し、詫びを入れておいたので、今後は注意するよう濱口に言っている。有美はそれを聞いて、今度は父と濱口が金を受け取っている動画を流すよう谷村に頼む。有美の目には涙がにじんでいた。
翌日、濱口や宮本は大慌てだ。有美が「私が会見をします」ときっぱり言った。そして昌平の元へ行き、「今回は私が会見を開きます。でもおかしなことがあればすべて話してください」と伝えた。

会見には濱口と有美が出た。
有美は「川島昌平の娘として、マスコミではなく国民の皆様にお詫びにまいりました。父が話せるようになったら真実を話させます。」と語った。それでも食い下がる記者に、「あなた親はいるの?いるなら親が罪を犯したら会社を辞めて日本中の人に謝って歩くの?社会のすみでひっそり生きていくの?あんた方社会正義を振りかざして、弱いものいじめをしてるだけじゃない。恥を知りなさい。恥を」と答えた。有美の目には涙がにじんでいた。

投票日まであと1日。有美は谷村に従い選挙活動を続けた。
そんな時、ライバルの西川の不倫が発覚してしまう。これで西川の票が有美に流れる。
投票日当日。有美はブルーのワンピースを着ていた。谷村は注意しなければと思う。
そして投票を終え、有美は開票までは自由にしたいと言ったので、携帯の電源だけは入れるように谷村がお願いし離れた。20時になっても有美は事務所に戻らず連絡もつかない。谷村が病院に向かうと近所の公園に有美はいた。谷村から渡された、敗戦の弁をまだ覚えていないと彼女は言った。

事務所に戻るとクラッカーが鳴り響いた。有美は当選したのだ。
濱口が赤い服に着替えるように言うも、有美は会議室に入りこもってしまった。「私は政治家になんかなりたくない」と言う有美。「嘘です。この選挙戦の中で政治家になりたいと思ったはずです。私には分かりました。この人は本気で日本を変えようとしているって。国民はそれを感じ取ったんです」と谷村は言った。
有美が「出て行ってよ。あなたがいると着替えられないでしょ」と言うと、谷村は一礼をして部屋を出た。

本当にコメディ?涙が出そうになった読者も!

コメディということで、筆者も面白い部分が多いのを期待していましたが、ピークは映画の予告にあった通り、有美が各々を「カクカクが…」と言ったところでした(笑)
あとは意外とシリアスで、有美という女性が正義感が強く筋の通った女性で素敵だと思いました。
父親が病気で倒れて罪を犯していたにも関わらず、それを世に出そうとする。それを考えたら確かに涙が出そうでした。
【総理の夫】も政治映画でコメディでしたが、その中谷美紀さんと正義感が強いという意味で、キャラが似ているように感じました。
映画は笑って泣けるストーリーになっているのか、楽しみにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました